映画「Girl/ガール」× WOUTERS&HENDRIX JEWELRY スペシャルアイテム

2019.06.25 5 months ago

バレリーナを目指すトランスジェンダーの少女の複雑な感情、その成長と葛藤を美しく描写した7/5(金)公開の映画「Girl/ガール」を記念してWOUTERS&HENDRIXがスペシャルアイテムをデザイン。公開日に合わせて7/5(金)よりH.P.FRANCE各店にて展開スタート。※6/28よりオンラインストアにて先行予約開始。

 

【取り扱い店舗】
・記憶 H.P.FRANCE(丸の内)
・H.P.FRANCE Boutique(銀座、京都、梅田、大阪、西宮、神戸、広島)
・goldie H.P.FRANCE(新宿、有楽町、札幌、博多)
・Theatre H.P.FRANCE(六本木)

 

70% INDIA!2019 @青参道

2019.07.03 4 months ago

7月13日(土)・14(日)、東京・青山通りと表参道をつなぐ‘青参道’の11店舗にて、古きよきディープなインドから、ネクストジェネレーションやインターナショナルな‘今のインド’カルチャーを発信するお祭りイベント「70%INDIA!」を開催。特設会場 Galeria Mではスパイスマーケット、ヴィーガン弁当の販売、ヨガレッスンを開催、インド刺繍のワークショップなど、様々なスペシャルをご用意。インドのファッション、食、カルチャーを、見て触って体験して学べる熱い2日間となる。

 

■開催店舗
WALL / Lamp harajuku / H.P.FRANCE BIJOUX表参道 / SERGE THORAVAL / JAMIN PUECH / H.P.DECO / Bazar et Garde-Manger / 水金地火木土天冥海 / Juana de Arco表参道 / D-due H.P.FRANCE / Galeria M

Ricardo Gonzalez個展 “Writing is Painting” 開催

2019.06.20 5 months ago

6/28(金)より、hpgrp GALLERY TOKYOにて“Itʼs a living” を自身のシグネチャーとし、世界中で壁画を描いているリカルド・ゴンザレスの個展「Writing is Painting」がスタート。メキシコ出身、ブルックリン在住のリカルドは、シンプルなフレーズで多くの人の心を動かす作品が人気。初日のレセプションパーティーにはリカルド本人も登場。さらに、7月6日(土)より大阪で開催されるホテル型アートフェア「ART OSAKA 2019」にもリカルド作品が出品決定。

 

【Ricardo Gonzalez個展「Writing is Painting」】
■会場: hpgrp GALLERY TOKYO
■会期: 2019年6月28日(金)〜8月3日(土)

【リカルド・ゴンザレス出品「ART OSAKA 2019」】
■会場: HOTEL GRANVIA OSAKA 26F room No.6304
■会期: 2019年7月6日(土)・7日(日)

Jack Gomme ソフィー&ポール来日

2019.05.29 6 months ago

モダン、アクティブ、スポーティ、そしてコンテンポラリーな独自のスタイルを作り上げ、機能性だけでなくファッション性にも優れたバッグとして圧倒的な人気を誇っているフランスのブランド「jack gomme(ジャック ゴム)」。デビューから30年、デザイナーのソフィ・レニエとポール・ドレースが来日する。

■5月31日(金) 17:30〜19:30 記憶H.P.FRANCE
■6月2日(日) 14:00〜16:00 H.P.FRANCE Boutique西宮店

ラ・スフルリー来日イベント

2019.05.21 6 months ago

5月30日(木)〜6月2日(日)の期間、パリに工房を構える手吹きグラス・ブランドのラ・スフルリーのセバスチャンとヴァレンティナが来日。開催各店ではクリエイターと交流できるイベントやワークショップを行う。

アペリティフを手吹きグラスで味わう
[東京]5月30日(木)18時〜19時半 H.P.DECO 表参道店
[福岡]6月1日 (土)14時〜16時半 H.P.DECO好奇心の小部屋 福岡店
[神戸]6月2日(日)14時半〜17時半 アッシュペーブチック
石膏形成ワークショップ
[東京]5月30日(木)11時〜 H.P.DECO 表参道店
[福岡]6月1日(土)10時〜 H.P.DECO好奇心の小部屋 福岡店
[神戸]6月2日(日)10時〜 アッシュペーブチック

VINTAGE BRIDAL STYLE@H.P.FRANCE BIJOUX表参道店

2019.05.20 6 months ago

5月24日(金)はH.P.FRANCE BIJOUX表参道店にて、ヴィンテージブライダルスタイルを体験できるイベントを開催。新しく展開するVintage Bridal Style-Decades Collection-では1920年代・50年代・70年代の5つの女性像を提案し、ロンドンやNYで買い付けしたヴィンテージのウエディングドレスに合わせて、ジュエリーのコーディネートを体験できる。

 

5月24日(金) 17:00-21:00(最終入場20:30)
H.P.FRANCE BIJOUX 表参道ヒルズB1F
TEL:03-5410-0361
MAIL:info_bijoux@hpgrp.com

 

 

JOHN DERIAN COLLECTOR展

2019.05.14 6 months ago

4月26日(金)〜 7月11日(木)の期間、NYのアーティストJOHN DERIAN(ジョン・デリアン)のコレクター展をH.P.DECO系列店にて順次開催。新作デコパージュコレクションからもご予約受付中。

 

■4/26(金)-5/16(木)
H.P.DECO
H.P.DECO 好奇心の小部屋 No.2
H.P.DECO好奇心の小部屋 福岡

■5/24(金)-6/13(木)
H.P.DECO 好奇心の小部屋 横浜
destination Tokyo

■6/21(金)-7/11(木)
H.P.DECO丸の内
H.P.DECO 好奇心の小部屋 二子玉川
アッシュペーブチック

 

「GO AROUND NEW YORK」 H.P.FRANCE BIJOUX

2019.05.07 6 months ago

5月8日(水)~6月11日(火)の期間、H.P.FRANCE BIJOUX各店とPOP UP STOREにてNYにスポットを当てたイベントを開催。NYを代表するエリアをピックアップしながら、その特性や気質をクリエイターの作風に繋げてジュエリーを紹介する。NYデザイナー、NYを愛するクリエイター7ブランドにヴィンテージを加え展開予定。

 

クリエイターラインアップ
ALISON LOU
JESSICA BIALES
FOUNDRAE
LOQUET LONDON
JENNIFER BEHR
REDLINE
BELLOCQ TEA ATELIER
H.P.FRANCE BIJOUX VINTAGE

 

5月18日(土)17:00-19:00はH.P.FRANCE NY incのキュレーター、山谷周平が提案するNYのアーティスト Peter Opheimを囲んでH.P.FRANCE BIJOUX丸の内店にてレセプションパーティを開催。

■5月8日(水)-5月14日(火)
阪急うめだ本店 1Fプロモーションスペース11 POP UP
■5月18日(土)-5月31日(金)
H.P.FRANCE BIJOUX丸の内・表参道・銀座・大阪・梅田・福岡
■5月29日(水)-6月4日(火)
大阪高島屋2F中央エスカレーター横特設コーナー POP UP
■6月5日(水)-6月11日(火)
新宿高島屋 2Fスウィングスクエア POP UP

神戸にもう一つの「H.P.FRANCE」が誕生

2019.04.26 7 months ago

4月26日(金)より大丸神戸店に新業態「H.P.FRANCE」がGRAND OPEN。「クリエイションが人を豊かにする」というアッシュ・ペー・フランスの思いを形にした「H.P.FRANCE装飾美術館」が神戸で始動。店内はパリをはじめヨーロッパを代表する新進クリエイターの作品の数々が並び、内装は本物の「古さ」に手を加えて再構築するフランスのブランド Côté Pierre(コテ・ピエール)のデザイナーMathilde Labrouche(マチルド・ラブルシュ)が手掛ける。

展開ブランド: JAMIN PUECH、JACQUES LE CORRE、SERGE THORAVAL、jack gomme、Faliero Sarti、Côté Pierre、Valerie Casado、APROSIO&CO、Claudine Vitry、Daniela de Marchi、Rosa Maria、MARIA CALDERARA

H.P.FRANCE

兵庫県神戸市中央区明石町40 大丸神戸店 本館1F 

TEL 078-599-5188

松村咲希個展 ―地と図―@WINDOW GALLERY Marunouchi

2019.04.20 7 months ago

5月17日(金)までの期間、H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIにて松村咲希個展「地と図」を開催。
ステンシルやシルクスクリーンなど様々な技法を用い、多層的に画面を構築する松村咲希(Saki Matsumura)。
アクリルペインティング、シルクスクリーン、ステンシルなどを組み合わせ、入り組んだレイヤーによる複雑な構造を持つ作品は、観る人の認識と実在のズレや歪みに気づかされる。

マルト・デムラン来日イベント「色に挑む、だってそれが人生だもの!」

2019.04.12 7 months ago

バザー・エ・ガルド-モンジェのバイヤー、マルト・デムランがたくさんのアイデアや新作アートと共に来日。
来日に合わせ、インテリアカウンセリングやテーブルコーディネイトライブなど特別なイベントを多数開催する。

Solo Millo デザイナー来日

2019.04.13 7 months ago

4月14日(日)より、唯一無二の帽子 Solo Milloのデザイナー、フランシーヌ・ミロが初めて来日する。
見たことのないアーカイブの帽子コレクションの他に、特別なアートピースも持ってイベントを開催。

4月14日(日)14:00 ~ 18:00 記憶H.P.FRANCE
4月19日(金)17:00 ~ 20:00 H.P.FRANCE Boutique梅田店
4月21日(日)14:00 ~ 17:00 H.P.FRANCE Boutique銀座店

「CONCENTO and ANTIPAST × JURASSIC WORLD」

2019.04.10 7 months ago

412日(金)~512日(日)までの期間、CONCENTOとANTIPASTとユニバーサルのジュラシックワールドがコラボレーションした、ここだけの楽しく美しい靴下がバリエーション豊かに登場。ベビーブルーのTシャツや恐竜たちの可愛いグッズも合わせて入荷。

D-due SPRING SUMMER 2019 「Festival Day -Verbena-」Start

2019.04.01 8 months ago

D-due(デ・ドゥエ)が拠点とするスペイン/ガリシア地方で毎年7月に行われる海の守り神、聖母カルメンを祀った祝祭の日をテーマにした春夏コレクションより、最後のシーンを描いた”Verbena(ベルベーナ)”シリーズが入荷。
伝統的な踊り子の衣装をイメージした華やかなロングドレスや花火を思わせるネオンカラーのプリント、お祭りでよく食べられるドーナツ”Rosquilla(ロスキージャ)”のモチーフなど祝祭の1日のラストシーンを飾るハッピームード溢れるアイテムが揃う。

ファッションとアートのエキシビション「New York New Work」開催

2019.03.20 8 months ago

2019年3⽉21⽇(⽊・祝)~24⽇(⽇)新宿「LUMINE 0(ルミネゼロ)」にて、株式会社ルミネ主催、hpf CHRISTOPHER Inc. (アッシュ・ペー・フランス)がディレクションを⼿掛ける、「New York New Work(ニューヨークニューワーク / NYNW)」が開催される。

NYNW は、世界のエマージングデザイナーによるクリエイションを結集した、対話的ファッション&アートイベント。2017年に開催した第1回⽬では、新進気鋭のクリエイター9名が来⽇、先鋭的なクリエイションを展開し、強烈な世界観で来場者を圧倒した。第2回⽬の今回は、ダイバーシティ(多様性)やインクルージョン(多様性の受容)を意味する「SPECTRUM(スペクトル)」をテーマに、8名のデザイナーがニューヨークのトレンドを先駆ける作品と共に、新宿ルミネゼロに来⽇。このNYNWによって、ニューヨークを中⼼に世界で起こっているムーブメントを“スペクトル”のメッセージとして東京で発信する。

 

 

BIJOUX-TOKYO 2019  FLY ME TO THE MOON

2019.03.15 8 months ago

IOSSELLIANI ROSE PINK DROP

2019.03.08 8 months ago

IOSSELLIANIより待望のニューコレクションが誕生。液体の中で自然に形成される「drop」コレクションがローズピンクの可憐さをまとい少しガーリッシュな表情を手に入れた。

Lamp harajuku「桃色祭り」

2019.02.26 9 months ago

Lamp harajukuにて3月「桃色祭り」を開催。

3月3日はひなまつりで桃の節句、3月11日は国際女性デーなど、女性脳で人々がこの時期に考え行動に移すと今起きている色々な問題が解決していくことも多々あるという様な想いを馳せる。

 

rooms EXPERIENCE38開催!

2019.02.19 9 months ago

最先端のファッション、暮らし、ARTを東京からグローバルに発信する場、rooms EXPERIENCE38が、2019年2月20日(水)~22日(金)の三日間、五反田TOCビルにて開催される。
会場内は、約350ブランドが一挙に集結する圧倒的なスケール感となり、また、アート展示やインスタレーション、ワークショップ、カフェなどが点在する。多くのクリエイターやアーティストの作品を、見て、触れて、その場で買うこともできる、体験型のイベントとなる。

blend-lab PERFUME WORKSHOP@Lamp harajuku

2019.02.18 9 months ago

自然の摂理に従うをコンセプトに、一人一人の「わたし」が健康で美しく幸せであることを願いエステティシャンの姉とコスメティシャンである弟の2人のスペシャリストによって立ち上げられた「blend-lab」。Lamp harajukuにて効果効能に合わせてオリジナル香水を調合するワークショップを開催。

2月24日(日)
第1部12:oo~/第2部15:00~
料金:¥5,000+tax

Lamp harajuku店頭またはお電話にて予約受付

JACK GOMME POP UP SHOP

2019.02.12 9 months ago

 

2月13日(水)~19日(火)の期間、大丸梅田店 3階西南イベントスペースにてJACK GOMME POP UP SHOPを開催。
フランス人デザイナーのポール・ドルレスとソフィ・レニエによって生み出されたバックブランド「jack gomme(ジャック・ゴム)」の春夏の新作モデルやカラーも豊富に展開。

JOHN DERIAN ルミネ各店ディスプレイをデザイン

2019.02.12 9 months ago

2月7日(木)よりJOHN DERIANが ルミネ各店ウィンドウディスプレイをデザイン。

ルミネ各店舗2019春夏シーズンのアイテムがJOHN DERIANのデザインにより一層華やかさを増し、クリエイティブにも発信され多くの目に留まるウィンドウディスプレイとなっている。

 

オカベマキコ ガラス展@H.P.DECO

2019.02.06 9 months ago

岡山のガラス作家・オカベマキコが手掛ける「しゃぼんランプ」、そしてオリジナルのアクセサリーが表参道H.P.DECOに登場。
しゃぼん玉の様な浮遊感が楽しい照明と手元・耳元で、ガラス玉が踊るように揺れるアクセサリーは一点ものとなっている。

スケジュール:
2月8日(金) 展示販売会
2月9日(土) カスタムオーダー会

 

FELIZ ANIVERSARIO D-dueアニバーサリーマンス

2019.02.01 9 months ago

スペイン ガリシア地方の老舗ドレスメーカーを拠点とするブランドD-due旗艦店の3周年とブランドがビジュアルディレクションを手がけたExclusive By H.P.Franceの1周年を記念しアニバーサリーマンスとして毎週スペシャルなイベントを開催。また、デザイナーのロサリオ・フロハンがこのお祝いに駆けつけ、2月8日(金)に旗艦店にてWELCOMEパーティを行う。

SPRAYGROUND@CONCENTO PARIS H.P.FRANCE

2019.01.31 10 months ago

2月1日(金)よりCONCENTO PARIS H.P.FRANCE銀座店プロモーションスペースにてコンセプチュアルかつエッジーなバッグを提案し続けているニューヨーク生まれのバッグブランドSPRAYGROUNDを展開。

SPRAYGROUNDは“QUALITY+FUNCTION+DESIGN”をメインテーマに、創立以来カルト的な人気を集め、世界中のファッションアイコンやセレブリティに愛され今では熱狂的なコレクターも存在する唯一無二のブランド。

Alex Monroe “The Beekeeper”@H.P.F, CHRISTOPHER

2019.01.30 10 months ago

ロンドンを拠点とするジュエリーデザイナーAlex Monroe(アレックス・モンロー)が新作コレクション “The Beekeeper”と共にNewYork H.P.F, CHRISTOPHER に来店。来店日程は、2019年1月31日(木)、2月2日(土)、Alexによるウィンドウディスプレイは2月18日(月)間で展開。

CONCENTO PARIS H.P.FRANCEバイヤー来日

2019.01.29 10 months ago

CONCENTO PARIS H.P.FRANCEバイヤー湯沢由貴子がPARISより来日。
期間:銀座店 1月30日(水)~2月4日(月)

Tramando 19SS “Liquid” Collection START!!

2019.01.24 10 months ago

1月25日(金)よりアルゼンチンのブランドTramandoの19SSCollectionがスタート。

”LIQUID”テーマとし、デザイナーMartin Churba(マルティン・チュルバ)が日々の創作活動を通じ湧き上がってきた「インクが意思を持ち自由に動き出す」という世界観を投影させたテキスタイルアイテムが並ぶ。

CORAL&TUSK〜ぬくもりのある刺繍の世界〜

2019.01.23 10 months ago

CORAL&TUSKのデザイナー、ステファニー・ハウズリーが来日し、1月27日(日)H.PDECOで1日限りの特別なウェルカム・パーティーを開催。当日は、CORAL&TUSKのコレクションを豊富に展開し、2019年春夏最新コレクションのお披露目&オーダー会も開催。

Jaipur Jwelry オーダー会

2019.01.22 10 months ago

1月19日(土)〜2月11日(月)の期間、水金地火木土天冥海がオリジナルで展開するJaipur Jewelryコーディネートの紹介と共に、石からの制作、サイズオーダーなどのオーダー会を開催。
水金地火木土天冥海(スイキンチカモクドテンメイカイ)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-2-11 H.P.DECO 3F
TEL:03-3406-0888

Nowhereman×keisuke kanda バレンタインBOX

2019.01.21 10 months ago

独自の詩を元に洋菓子を製作するNowheremanと手縫いのステッチで女の子のための服作りをしているkeisuke kanda がLamp harajukuの2月のテーマ「心と身体の処方箋」に合わせてバレンタインスペシャルコラボレーションが実現。Lamp harajukuにて予約販売を行う。

詳細はこちら

aterier grasshopper 刺繍ブローチ新作フェア・オーダー会

2019.01.20 10 months ago

水金地火木土天冥海にて1月26日(土)〜2月7日(木)までの期間、繊細でコミカルなタッチの刺繍で生き物の姿を表現するaterier grasshopper、’Family’をテーマにしたファニーな新作ブローチの展示を行う。持参の画像を使ってのオーダー会も開催。

chasochimi オーダー会

2019.01.17 10 months ago

CINEMA H.P.FRANCE大阪店にて2月2日(土)・3日(日) chasochimiオーダー会を開催。
イベント当日はデザイナーも来店し、デザイナーと相談しながらオリジナルのアイテムを作ることができる。

詳細はこちら

SINA SUIEN Window Installation 「サバイバル」

2019.01.16 10 months ago

Lamp harajukuでは、SINA SUIEN 2019春夏コレクション「サバイバル」の展開に合わせ、デザイナー 有本 ゆみこがウィンドウにてイ ンスタレーションを行う。さらに1月18日(金) 〜20日(日)は店内1階 をジャックし、アーカイヴ商品から、新作のサバイバルシリーズまで一挙に揃う。

D-due SPRING SUMMER 2019 「Festival Day -Misa-」

2019.01.15 10 months ago

D-dueが拠点とするスペイン/ガリシアで毎年7月に行われる祝祭の日をテーマにした2019年春夏コレクションより、祝祭の1日の始まり、朝、教会でお祈りをする「Misa」のシーンを表現したアイテムが表参道 D-due H.P.FRANCEに揃う。
ガリシアでは祝祭の日に代々受け継がれたドレスを着る風習があり、長い年月、丁寧に修復されながら、愛され続けた服のイメージを、麻紐を繕ったハンドステッチや日焼けしたようなムラ感のある製品染めでヴィンテージのような風合いで演出し、その服の持つストーリーをデザインに込めて制作された。ガリシアの伝統的な文化にD-dueの想いを乗せた気品とユーモア溢れる洋服を展開する。

Juana de Arco Mi negra / Classic New arrival

2019.01.14 10 months ago

1月18日(金)よりJuana de Arco展開店舗にてMi negra / Classic新作商品が入荷。

詳細はこちら

H.P.F, CHRISTOPHER Artist Pick Up – Kenjiro Kitade

2019.01.13 10 months ago

NY H.P.F, CHRISTOPHERでは、北出健二郎の作品を展示。

His whimsical sculpture teems with contradiction; presenting a bleak picture of humanity with sarcasm and humor.

MAINTENANCE WEEK @SERGE THORAVAL

2019.01.12 10 months ago

1/12(土)~20(日)の期間、SERGE THORAVAL にてMAINTENANCE WEEK を行う。
メンテナンスや店頭修理を期間中は当日仕上げてお渡しする。

詳細はこちら

Bridal Fair -Partnership H.P.FRANCE BIJOUX

2019.01.11 10 months ago

1月11日(金)~27日(日)の期間、H.P.FRANCE BIJOUX各店にブライダルフェアを開催。

期間中にご成約いただいた方には「CORAL & TUSK(コーラルアンドタスク)」のファブリックポストカードをプレゼント。

詳細はこちら

EXPO LISBON 20th

2019.01.10 10 months ago

1月11日(金)より、Jacques Le Correの2019年春夏コレクションが登場。フランスの熟練した職人たちの手作業で表現されるクオリティーにこだわりを持ち、何シーズンにもわたりフォルムを変えずに登場する名品バッグ“LISBON(リスボン)”。1998年の誕生から20年を経てなお進化を続けるリスボンコレクションを、一堂に取り揃えてご紹介するキャンペーンを開催。

詳細はこちら

白田一馬展「Mashup」を開催

2019.01.09 10 months ago

1月11日(金)~2月16日(土)の期間、hpgrp GALLERY TOKYOにて白田一馬展「Mashup」を開催。現代社会の歪みをテーマに作品を発表、イメージや色彩を重ね、支持体となるパネルの側面をフェルトで包むなど、独自の手法で世界観を表現する。インターネット上の匿名掲示板に書き込まれる、誰に宛てるでもない社会への鬱屈した憤りや罵詈雑言、破壊願望など、それらは日々大量に溢れかえり、光に触れる事なく蓄積され続けている。今回発表する作品では、そうしたメッセージやイメージを汲み取り、切り取り、繋ぎ合わせることで絵画という新たな集合体として形を変貌させる。

■ トークイベント:1月11日(金) 18 : 00 – 19 : 00

BAR BELLOCQ ~新しい一年をアッシュペーブチックで~

2019.01.08 10 months ago

アッシュべーブチックにて2019年のご挨拶をかねてBAR BELLOCQがオープン。バーテンダーをゲストに迎え、心温まるカクテルを4種類用意。

日時:1月13日(日)15:00~18:00
場所:アッシュペーブチック
入場料:¥2,000
※ドリンク2杯付
※おかわりは¥500

DANIELA DE MARCHI ダイヤモンドコレクション受注会

2019.01.07 10 months ago

goldie H.P.FRANCE 店舗にて、DANIELA DE MARCHI ダイヤモンドコレクション受注会を開催。ブランドのアイコンとなる朝露をイメージしたテクスチャー「ドロパージュ」に、ダイヤモンドを散りばめたスペシャルコレクションを紹介する。

詳しくはこちら

CONCENTO PARIS H.P.FRANCE 銀座店 2019年春夏新作展開

2019.01.06 10 months ago

CONCENTO PARIS H.P.FRANCE銀座店プロモーションスペースにて、1月5日(土)より2019年春夏CONCENTO PRE COLLECTIONが先行展開される。

CONCENTO PARIS H.P.FRANCE銀座店

稲葉まり 「鶴と孔雀の初夢園」

2019.01.05 10 months ago

1月3日(木)よりLamp harajuku(ランプ ハラジュク)にて、稲葉まり「鶴と孔雀の初夢園」切り絵を用いた半立体作品の展示を行う。切り絵で作られたお正月飾りの販売も行う。

■展示期間: 1月3日(木)~1月17日(木)

CAROLINA BUCCI – Forte Beads – 予約会開催

2019.01.04 10 months ago

H.P.FRANCE BIJOUX各店にて、多彩なカラーバリエーションを美しくハッピーに表現するCarolina Bucci の最新コレクション”Forte Beads”予約会を開催。1月4日 (金)より丸の内店を皮切りに、各店を巡回予定。

H.P.FRANCE BIJOUX

Lamp harajukuに古伊万里あつまる

2019.01.03 10 months ago

1月3日(木)〜31(木)の期間、南青山のギャラリー 利庵が集めた”古伊万里”がLamp harajukuの2階、茶室にあつまる。

佐賀 有田で作られた初めての磁器は伊万里港から全国に広まり”伊万里焼”と称され、江戸時代の生活空間で愛用されたお猪口やお皿、鉢などは今も尚現代の人々に”古伊万里”として受継がれている。
並べて、使って、楽しめる、絵柄も大きさも個性豊かなうつわを楽しむ機会に。

H.P.FRANCE 代表取締役社長 村松孝尚 CARATO71PROJECT 講演決定

2019.01.02 10 months ago

CARATO71PROJECT WORKSHOP 運営委員会が主催する講演に、来たる2019年1月8日(火) H.P.FRANCE 代表取締役社長・村松孝尚がゲストスピーカーに決定。ファッションを中心にインテリア、アートなどに関わる小売、卸売、企画生産から、業界全体を盛り上げるための取り組みなど、様々な活動と今後について。講演のナビゲーターはファッションディレクターの荻原輝美氏。

詳細はこちら

2019 NEW YEAR CREATOR’S HOLIDAY

2019.01.01 11 months ago

アッシュ・ペー・フランスとゆかりのある4ブランドのクリエイターたちに、ホリデーシーズンの過ごし方をインタビュー。2019年の抱負と合わせて、個性溢れるそれぞれのホリデーのかたちを紹介している。

H.P.FRANCE CREATOR’S HOLIDAY

CORAL&TUSK NEW YEAR プレゼント

2018.12.30 11 months ago

ストーリー性のあるデザインとハンドメイドのような風合いの刺繍が特徴のNY・ブルックリンで立ち上げたインテリア・プロダクトブランドCORAL&TUSK より新年のプレゼントのお知らせ。

POCKET DOLLたちから新年のご挨拶。お年玉プレゼント!

 

2019年干支の起きあがり小法師

2018.12.29 11 months ago

十二支の縁起物。誰しもが笑顔になれる小さな幸せの使者「起きあがり小法師」。H.P.FRANCE WEBサイトにて紹介している。

2019年干支の起きあがり小法師

 

「アトリエから、ナタリー展」Le monde de Nathalieにて開催

2018.12.28 11 months ago

2019年1月3日(木)~1月27日(日) Le monde de Nathalieで開催にてナタリー・レテの原画展を開催。
パリのアトリエから届く独特な色彩で描かれた作品たちは、ハッピーでユーモラスでありながらどことなくシニカルさも感じられる。

庄島歩音個展「The Giving 」を開催

2018.11.29 12 months ago

12月1日(土)~12月28日(金)の期間、hpgrp GALLERY TOKYOにて庄島歩音個展「The Giving」の開催をする。 動植物たちの日常の一コマを重ね、画面に溢れんばかりに描く庄島歩音。今回は”贈りもの”を テーマに、庄島歩音による新作の平面や机などの立体作品が並ぶとともに、ドライフラワー ブランド cloaks.の協力のもと、色とりどりの花々が空間を彩る。

会期中は庄島歩音×cloaks.の限定コラボハーバリウムの販売と、好きな絵と花を合わせられるワーク ショップも開催予定。

 

【限定ハーバリウムワークショップ】

12月8日(土)/12月15日(土) 14:00-17:00

 

 

Lamp harajukuにてノルウェー発テキスタイルデザイナーの展示を実施

2018.11.27 12 months ago

12月14日(金)よりLamp harajuku(ランプ ハラジュク)にて、ノルウェーとニューヨークを拠点に活動するテキスタイルデザイナー Janelle Storesund(ジャネル・ストレスンド)が、「羊の神社」と題した展示を行う。ジャネルが手掛けるプロジェクト「sorg ond slæp」(古英語で“悲哀と睡眠”を意味する)では、伝統的な暮らしにおけるテキスタイルの役割に関心を寄せ、自動化されていく新しい世界の中で昔ながらの技術の居場所を探し、問い続けている。羊たちが単に資源としてでなく、農業や織物に従事する人々を手伝い、友人のように存在する世界。

「sorg ond slæp」は、そんな架空の世界に存在する日々の物語へと私たちを誘う。

 

■展示期間: 12月14日(金)~12月30日(日)
■オープニングレセプション: 12月14日(金) 18:00-19:30

 

NHK総合 「世界はほしいモノにあふれてる」~フランス!遊び心あふれるインテリア雑貨

2018.11.20 12 months ago

11月29日(木)夜22:45放送のNHK総合番組「世界はほしいモノにあふれてる」にて、Bazar et Garde-Mangerのバイヤー マルト・デムラン、ディレクター 村松もも世のパリから南フランスまで買い付けの旅を密着取材。マルトは行く先々、クリエイション光る作家たちのアトリエや展示会などで様々な作品に出会う。それは、暮らしを心地よくしてくれる、大切にしたくなる作品たち。普段では決して見られない買い付けの舞台裏が紹介される。

 

エディ・ドゥビアン「僕は自分にラブレターを書いた」

2018.11.14 12 months ago

11月1日(木)~30日(金)の期間、丸の内 WINDOW GALLERYにて Edi Dubien「エディ・ドゥ・ビアン」の原画展を開催。

ASTIER de VILLATTEと H.P.DECOのクリスマス、そして新作披露

2018.10.28 1 year ago

11月8日(木)~12月27日(木) の期間、H.P.DECOにて、ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)の新作コレクションと世界中から選りすぐったクリスマスオーナメントを展開。オープニングパーティーにはデザイナーの、ブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットとイヴァン・ぺリコリが来日する。新作は今秋パリにて発表され、画家のバルテュスが10歳の頃に猫との日々を絵で綴った物語『MITSOU』は、1921年詩人リルケの支援によって出版されたものを復刻。グラン・シャレに今も残るバルテュスのアトリエを彷彿させる香り『ATELIER DE BALTHUS』にはキャンドルと線香が登場。アーティストであるセレナ・キャロンヌとの共作は、彼女が娘のために創作した作品をもとに作られた指輪のカップ。さらに、連なるチェーンモチーフの白い陶器など、豊富なバリエーションが揃う。さらに、世界初披露となる、アッシュ・ペー・フランスとのコラボレーション『COLLECTION BANSHAKU』も合わせて登場する。

「アトリエからナタリー展」ナタリー・レテが原画展を開催

2018.10.10 1 year ago

10⽉19⽇(⾦)〜10⽉28⽇(⽇)の期間H.P.DECOにて、フランス⼈アーティスト ナタリー・レテの原画展を、新たなラインナップで開催。初⽇の19⽇(⾦)はナタリー・レテ本⼈も来⽇し、原画を購⼊する特典として直筆サインをプレゼントされる。

 

H.P.DECO

「⻘参道アートフェア2018」開催!

2018.10.09 1 year ago

アッシュ・ペー・フランス株式会社が、企画・運営する「⻘参道アートフェア」が、今年も10⽉19⽇(⾦)〜10⽉28⽇(⽇)に開催される。今年で12回⽬の開催を迎えるこのフェアは、昨年からアッシュ・ぺー・フランスが掲げる新しい思想「SHEROS (シーローズ)」をテーマに掲げ、⼥性的な発想や思考、繊細でクリエイティブな感性によって新しいアートの在り⽅を提案している。
今年は、この「SHEROS」のテーマのもと、フランス⼈アーティスト ナタリー・レテの来⽇を記念する原画展をはじめ、⼈気現代アーティスト 久保⽥珠美・伊藤桂司の⼆⼈展、ベルリンを拠点に活動する写真家 四⽅花林など、個性あふれる参加者が集う。

 

 

【⻘参道アートフェア2018 開催概要】

■⽇程:2018年10⽉19⽇(⾦)〜10⽉28⽇(⽇)

※オープニングパーティー: 10⽉19⽇(⾦)18:00-21:00(会場: hpgrp GALLERY TOKYO 他)

■開催場所:⻘⼭、表参道、原宿の対象エリアのショップ21店舗

ミュールバウアーがコラボレーションアイテム発売を記念して来日!

2018.10.05 1 year ago

10月12日(金)、Theatre H.P.FRANCE 六本木店にて、オーストリア・ウィーン発の老舗ハットブランド Mühlbauer(ミュールバウアー)4代目デザイナー Klaus MUHLBAUER(クラウス・ミュールバウアー)と、同じくウィーンを代表するミュージシャン The Big Howardが来日しイベントを開催いたします。 当日は、The Big Howardの新作アルバム発売に合わせ、特別にデザインしたハットを発売するほか、店内にてミニライブを開催する。

 

JAMIN PUECHでワークショップを開催

2018.09.25 1 year ago

10月13日(土)、JAMIN PUECH 表参道店にて刺繍ワークショップを開催される。ウール素材のバッグにJAMIN PUECHオリジナルのパーツを使用し、特別講師によるレクチャーで刺繍を行う。

JAMIN PUECH 表参道店

JAMIN PUECHのアイコンバッグ、カスタムオーダー会を開催

2018.09.19 1 year ago

JAMIN PUECH 表参道店をはじめとする全国のアッシュ・ペー・フランス系列店にて、JAMIN PUECHのロングセラー、人気定番モデルのトートバッグ『HONU(オヌ)』のカスタマイズイベントを開催。JAMIN PUECH 表参道店限定モデルも登場する。

odddotの新作ブローチが登場

2018.09.17 1 year ago

Bazar et Garde-Mangerに、神戸発ブランド odddot(オットドット)の新作コレクション「半永久」が入荷。80年代に始まった 9つのパリ大改造計画「グラン・プロジェ」に携わった 建築家をモチーフとする9つのブローチが登場する。 なかには、フランス建築を代表するコルビジェや、 ポンピドゥセンターを設計した2名の姿も揃う。

 

Bazar et Garde-Manger

VOGUE FASHION’S NIGHT OUTに 青参道が参加 

2018.09.14 1 year ago

9月15日(土) 、10回目を迎える「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT (FNO)」が開催され、今年も表参道・青山の各店が参加する。H.P.DECOでは、パリのブランドASTIER de VILLATTEのオー・デ・コロンが待望の再入荷。水金地火木土天冥海では、JOLiLi(ジョリリ)ピンキーリングオーダー会を開催し、デザイナー 川瀬靖子が在店する。さらに、両店ではNYのティーブランド BELLOCQ(ベロック)の茶葉を使ったオリジナルカクテルと香り豊かなジャムを添えたクラッカーを提供する。

 

杉本克哉個展「Idolization」開催

2018.09.13 1 year ago

9月15日(土)~10月13日(土)の期間、hpgrp GALLERY TOKYOにて杉本克哉個展「Idolization」を開催する。丁寧に重ねられたコンセプトを軸に、独特な色相と緻密な写実性から絵画を探求する杉本克哉。本展では、空間に一定のリズムでパレットが飾られる。対で並べられたそれは、一見すると何の変哲もないパレットだが、近くで見ることで一方が実物であり、片方が描かれたパレットであることに気付く。

 

今回モチーフとなっているパレットは、いわゆる絵画制作に用いられる調色板であり、それは制作の際に出る副産物、絵画の痕跡としても考えられる。その痕跡の変化を繰り返し描き連ねていく本シリーズは、存在しない「虚像」を精製し続ける試みとして、絵画を新たな次元へと転換させていく。

hpgrp GALLERY TOKYO

国内最大級のデザインの合同展示会「rooms EXPERIENCE」が、ついに全フロアを開放し一般公開!

2018.08.28 1 year ago

9月5日(水)~7日(金)の3日間、五反田TOC にて、アッシュ・ペー・フランスが主催する国内最大規模のファッションとデザインの合同展示会「rooms EXPERIENCE (ルームス・エクスペリエンス)」を開催する。37回目となる本会期は、五感をふんだんに使ってクリエイションを体感する新時代のキュレーションイベントとして、より進化する。前回まで、バイヤーやメディアなど一部の業界関係者のみが来場可能だったが、今回よりすべてのエリアを一般公開し、老若男女一人ひとりに新しい発見を届ける。

 

デザイナーとして躍進する篠原ともえ、モデルのマリエ、スタイリスト/モデルの清水文太、お笑い芸人のネゴシックスなど、著名人が手掛けるクリエイションをはじめとし、DMM.makeが持つ最新技術と伝統工芸のコラボレーション、特定の街にフォーカスした物販イベントなど、ここでしか見ることのできないクリエイションが一堂に会する。

 

田村久美子個展「東京 green line」を開催

2018.08.30 1 year ago

8月31日(金)~9月27日(木)の期間、MARUNOUCHI WINDOW GALLERYにて田村久美子個展「東京 green line」を開催する。ロンドンで幅広くアートを学び、帰国後も油絵・平面の可能性を広げながら、大胆な構図によって風景絵画をキャンバスに描き出す田村久美子。多くの人と時間を繋ぐ街の風景を切り取り、絵画として表現することで、新たな景色を立ち上がらせる。
今回テーマに選んだ「東京」は、国際化し経済発展を遂げつつも豊かな自然が人々と共存する稀な都市として、自らが生まれ育った長野の自然を重ねながら、都市の中で脈々と生きる緑を描いている。さらに、新たな試みとして、平面作品のシリーズを繋ぐことで融合させ、空間全体を構成し表現する。

水金地火木土天冥海にてemi takazawaの耳飾りを展示販売

2018.08.27 1 year ago

東京・表参道の水金地火木土天冥海にて、群馬の絹糸を使用して刺繍花を制作する刺繍作家 emi takazawa(エミ・タキザワ)の作品を展示販売する。今回は、日常の中で愛でる「耳飾り」をテーマに、豊富にアイテムを取り揃える。

 

Lamp harajuku 2018秋冬コレクションのテーマは「フェミニン フェミニスト」

2018.08.24 1 year ago

フェミニストのアーティストやデザイナーを取り上げ、女性にファッションやライフスタイルのアイデアを提供しているセレクトショップ「Lamp harajuku」にて、2018秋冬コレクションの展開をスタートする。今シーズンは「フェミニン フェミニスト」をテーマに掲げ、フェミニンとスポーティをミックスしたコーディネートを提案する。

 

drama H.P.FRANCE 映画『タリーと私の秘密の時間』より限定品が登場

2018.08.23 1 year ago

8月17日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国ロードショーとなる映画『タリーと私の秘密の時間』の公開を記念し、drama H.P.FRANCEで人気のブ ランド、hirondelle et pépin(イロンデール エ ペパン)から限定品が登場。 8月15日(水)より、drama H.P.FRANCE 新宿店・梅田店にて限定販売する。

 

イオッセリアーニとシシド・カフカのコラボレーションによる限定コレクションが登場

2018.08.21 1 year ago

イタリア・ローマ発ジュエリーブランド IOSSELLIANI(イオッセリアーニ)とシシド・カフカがコラボレーションし、完成までに約一年あまりを要した渾身のカプセルコレクションが登場する。 万物流転を意味する「パンタ・レイ(PANTA RHEI)」をテーマに、ネックレス、ピアス、イヤリング、リングの4つのジュエリーを展開。9月1日(土)より先行予約の受付を開始、9月21日(金)より全国のアッシュ・ペー・フランス限定店舗にて販売を開始する。

 

 

atelier grasshopper Exhibition

2018.08.17 1 year ago

8月18日(土)~9月2日(日) の期間、水金地火木土天冥海にて、刺繍作家 grasshopper(グラスホッパー)による、生き物の動きをテーマにしたブローチの数々が並ぶ。さらに、持参いただいたペットや好きな動物の写真をモチーフに刺繍によるブローチやピアスをカスタムオーダーすることも可能となる。

JAMIN PUECHの2018年秋冬コレクションは、ヒマラヤを巡る夢の旅

2018.08.16 1 year ago

JAMIN PUECH(ジャマン・ピュエッシュ) 2018年秋冬コレクションを、JAMIN PUECH 表参道店および全国のアッシュ・ペー・フランス系列店にて展開する。1991年にパリのバッグブランドとして設立され、卓越した職人の技術を用いて、毎シーズン60〜70型ものオリジナリティー溢れるコレクションを発表しているJAMIN PUECH。今回のコレクションはカシミール地方、ネパール、チベットを結ぶテーマ「SHANGRI-LA DREAM(シャングリ‐ラ・ドリーム)」をもとに、ヒマラヤの地から受けたインスピレーションをエレガントに表現する。

 

ジャパンイマジネーションが新ブランドを展開、2018-19年秋冬シーズンから「Jamie エーエヌケー」

2018.08.17 1 year ago

ジャパンイマジネーションは、ウィメンズブランド「Jamie エーエヌケー」の販売を2018-19年秋冬シーズンから開始する。リアルとバーチャルの間をイメージし、「いい意味の違和感」をジャパニーズカルチャーに載せて表現するという。コンセプトは「Street Dark Fantasy」。主にストリートとバッドガーリーのミックスウエアを提案する。写真や動画を撮った時を意識して製作したアイテムは、SNSに強い世代に向けたラインナップになる。

池平徹兵個展「今を灯して」開催

2018.08.13 1 year ago

8月17日(金)~9月8日(土)の期間、hpgrp GALLERY TOKYOにて池平徹兵個展「今を灯して」を開催。下書きはせずに他のモチーフとの関係性やストーリーなどを極力排除した上で、描く対象物を生活の中から一つ一つ丹念に探し出し、描きたい場所に一心不乱に描いていくという独自の画面構成で表現する池平徹兵。「見える景色の隅々までが全力で生きている、まるで自然界の景色のように描く」と語るように、大きな画面の前に立つと、その迫力から自らもその景色の一部となり包まれるような感覚となる。

hpgrp GALLERY TOKYO

「リリーブラウン」が「チュッパ チャプス」とコラボ、ロゴアイテムを販売

2018.08.14 1 year ago

マッシュスタイルラボが運営するウィメンズブランド「リリー ブラウン」(Lily Brown)は23日、スペイン発の人気キャンディ「チュッパ チャプス」(Chupa Chaps)とのコラボアイテムを販売する。ポップな色合いが特徴的のヴィンテージロゴを使い、Tシャツやニット、バッグなどを展開する。価格はTシャツ6800円、ニット8800円、バッグ8800円など。「チュッパ チャプス」のロゴは、1969年にサルバドール・ダリの独創的なひらめきにより、デージー(ヒナギク)をモチーフにして制作された。その後は少しずつ変化を重ね、88年にデザインは今の形になっている。

SERGE THORAVALに限定コレクションが登場

2018.08.09 1 year ago

8月10日(金)より、パリ発ジュエリーブランド SERGE THORAVAL(セルジュ・トラヴァル)より、夏の限定コレクションが登場する。デザイナー ロック・トラヴァルがデザインを手掛け、天然石サンストーンとムーンストーンを「太陽」と「月」に例えた、ネックレス、リング、ブレスレットのラインナップ。なお本コレクションは直営店となるSERGE THORAVAL 表参道店および公式オンラインショップ H.P.F,MALLにて、数量限定での展開となる。

 

SERGE THORAVAL 

150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-1-14

Halo H.P.FRANCE BIJOUXに2018年秋冬コレクションが登場

2018.08.07 1 year ago

8月7日(火)より、東京ミッドタウン日比谷1階のHalo H.P.FRANCE BIJOUXにて、2018年秋冬の新作コレクションの展開を開始する。アンティークマーケットで出会った世界でひとつしかないヴィンテージジュリーやヴィクトリア時代のチャームをリメイクしたANNINA VOGEL(アニーナ・ヴォーゲル)のコレクションが取り揃う。

Halo H.P.FRANCE BIJOUX

100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 1F

デザイナーズ・ギルド社とジョン・デリアン・カンパニーのコラボレーションが実現

2018.07.31 1 year ago

H.P.DECO系列店にて「JOHN DERIAN for DESIGNERS GUILD」の受注販売会を開催する。素晴らしいデザインの数々を擁するイギリス発デザイナーズ・ギルド社のファブリック。2018年、独特の美学で世界中を魅了する、ジョン・デリアン・カンパニーとのコレクションが新たに加わった。9種のクッションカバー、そして14種の生地サンプルからカーテンやベッドスローなど、空間が華やぐ美しいファブリックをオーダーできる。

 

【開催日程】

■8月3日(金)~8月14日(火) H.P.DECO

■8月17日(金)~8月29日(水) H.P.DECO 好奇心の小部屋 二子玉川店

 

「nana-nana」と「ミスター・ジェントルマン」のコラボPVCバッグ第二弾を販売

2018.07.31 1 year ago

世界各国のアーティストとコラボを実施してきた服飾雑貨ブランド「nana-nana」(ナナナナ)と、メンズブランド「ミスター・ジェントルマン」(MISTERGENTLEMAN)のコラボPVCバッグ第二弾の販売がスタートした。ミスター・ジェントルルマン直営店、両ブランドのオンラインストアに商品が並ぶ。春夏コレクションでリリースした第一弾の反響を受け、今回はnana-nanaのペーパーサイズバッグシリーズからミニマルサイズのA6サイズを用意。MISTERGENTLEMANのシーズンテーマ「NO TALK IN THE TEST HOUSE」から影響を受けたグラフィックを反映した。

 

チャオパニックと「チャンピオン」が協業、ストリートテイストのアイテムが登場

2018.07.30 1 year ago

パルグループは、設立30周年を迎える「チャオパニック」(CIAOPANIC)と、老舗スポーツウエアブランド「チャンピオン」(Champion)の最新コラボコレクションを販売する。 “tokyo street”をテーマに都内での撮影を敢行したほか、コラボコレクションの特設ページを製作した。渋谷・原宿エリアの賑やかで独特な雰囲気とストリートテイストなコラボアイテムをマッチさせた。ユニセックスで着用できるウエアもあり、今回のコラボでしか手に入らないアイテムも用意した。8月中旬からの販売を予定。
特設ページ http://ciaopanic.com/pr/champion_tokyostreet_18aw/

 

フランス生まれの繊細な陶器、ヴァレリー・カサドが入荷

2018.07.27 1 year ago

H.P.DECOに、フランスの女性作家 Valerie Casado(ヴァレリー・カサド)による陶器作品の新作が入荷する。土を花びらのように薄く伸ばし、作家自身が蚤の市などで探してきたアンティークレースやボタン、野菜などの模様を型押ししている。南フランスのアトリエで一切機械を使用せず手作業で作られているため、ひとつとして同じものは存在しない。内側や裏側にまでレースの繊細な模様が入った美しい陶器はまさにアートと言える。

 

H.P.DECO

150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-2-11

TEL 03-3406-0313

OPEN 11:00 - 19:30

トラマンド 2018年秋冬コレクションが登場

2018.07.26 1 year ago

7月27日(金)~8月5日(日) の期間、destination Tokyoにて、Tramando(トラマンド) 2018秋冬コレクションがスタートし、スペシャルディスプレイが展開される。今季のテーマは”0″(ゼロ)。原点回帰しクリエイションを見直しより創造性に溢れたアート性の高い作品群が揃う。染め、ブラシストローク、手作業によるグラフィック、多数の実験的な試みにより、新しいテキスタイルの価値を生み出した。また、生地の重なりや貼り付けで表現した新しいレイヤードのスタイルを提案。ブラックを基調としたモードでシックな世界観が都会で力強く生きる女性像を表現している。

 

destination Tokyo

160-0022 東京都新宿区新宿 3-38-1 ルミネエスト B2F 

東京・銀座で、丸山敬太デザイナーが監修する「おしゃれ盆踊り」

2018.07.27 1 year ago

東急プラザ銀座は8月4日、屋上の「WHITE & SKY -POOLSIDE BEER GARDEN-」で、丸山敬太デザイナーが監修する「おしゃれ盆踊り」を開催する。ドレスコードは「ゆかた」で、オリジナルのお盆踊りに充実したフード&ドリンクを用意。ゲストとしてアーティストの野宮真貴が来場するほか、MCにMEGUMI、DJは沖野修也が担当する。入場料は4000円(事前予約は3500円)。

阪急うめだ本店で「アジアフェア」開催、フード系が充実

2018.07.25 1 year ago

阪急うめだ本店は7月31日までの期間、9階の祝祭広場で「アジアフェア」を開催している。4回目となる今回はベトナムにフォーカスし、フードや雑貨を揃えるだけでなく中部・世界遺産の街ホイアンの情景も表現。また、プレミアムフライデー連動企画も実施する。会場では、ベトナム風サンドイッチのバインミーやサイゴンビール、ピリ辛牛スジスープ麺などを用意している。

 

タムラサトル個展「Point of Contact for 50 incadescent lamps」を開催

2018.07.20 1 year ago

7月19日(木)~8月30日(木) の期間、MARUNOUCHI WINDOW GALLERYにてタムラサトル個展「Point of Contact for 50 incadescent lamps」を開催する。文字の形で組まれた鉄製のキャタピラパーツが回り続けるシリーズや、ウレタン製のワニの模型が回転する「スピンクロコダイル」など、パーツを組合せ仕掛けを入れることで動作を生み出す「キネティック・アート」の分野で活躍するタムラサトル。極限までモチーフや作り出す形の実用性を排除し、それがもつ本来の意味性をズラすことで、機械作品としての新しい価値を生み出している。本展では、摩擦熱によって白熱灯が点灯するシリーズを展示する。

協力:テヅカヤマギャラリー

hpgrp GALLERY TOKYOにて3年ぶりに彫刻家三人展を開催。

2018.07.18 1 year ago

7月13日(金)~8月11日(土)の期間、hpgrp GALLERY TOKYOにて彫刻家、淺野健一・伊藤一洋・鵜飼康平による三人展「Three Sculptors」を開催する。2015年1月に開催し好評を博した「Five Sculptors」。素材を限らず5名の彫刻家に焦点を当て、想像やイメージだけではなく、重力と素材という物理的な事実と向き合わなければならない「彫刻の領域」を改めて認識する、というテーマのもとに開催した。

 

3年を経た今、3名の彫刻家の最新作と共に彫刻の今を切り取り展示を行う。 伝統的な木彫技法をベースにからくり構造やLED素材を用いるなど、木彫の可能性を広げている淺野健一。 日々ブロンズに触れ、彫刻とは何か?という永遠の問いに挑戦し続ける伊藤一洋。漆と木を掛け合わせ、その内側から見えてくる新たな形を取り出す鵜飼康平。 常に新たな表現領域に挑む、3名の彫刻家によるグループ展となっている。

hpgrp GALLERY TOKYO

ビーミング by ビームスで異色のカレーフェア

2018.07.19 1 year ago

ビーミング by ビームスは7月13~8月2日の期間、カレーにフィーチャーしたフェア「SO GOOD,CURRY」を開催する。カレーに精通する水野仁輔氏と共同開発したスパイスやオリジナルグッズを販売。オリジナルデザインのキャップやサコッシュ、カレーにおすすめの食器やカトラリーなどを販売するほか、化学調味料、香料、着色料不使用のレトルト商品専門店「にしきや」がセレクトした名店の味を気軽に楽しめる「LOVE INDIA」シリーズも店頭に並ぶ。

「テキーラの日」を記念したイベントを東京・代々木VILLAGEで開催

2018.07.18 1 year ago

7月24日の「テキーラの日」を記念したイベントが東京・代々木VILLAGE by kurkkuで開催される。テキーラの日は24日だが、同イベントの開催日は21日。200種類以上のテキーラ&メスカル、ウェルカムカクテルが4000円のチケットで飲み放題になる。さらに豪華ゲストによるカクテルバーの設営や、無料で参加できるブランドセミナー、オリジナルグッズ&メキシカン雑貨の販売、輸入ビール&フードの販売など盛りだくさんのコンテンツを用意。また今年は、日本・メキシコ外交樹立130周年の記念イヤーになる。

URL https://www.tequiladay.jp/tequiladay-2018

2018・2019年秋冬コレクション「こしょろがみた夢」 Lamp harajukuにて展示・販売

2018.07.10 1 year ago

刺繍アーティストの有本ゆみこが、今年5月12日に浅草橋・CPK GALLERYで発表した秋冬の新作をLamp harajuku2階にて展示、販売する。会期は7月20日(金)~7月31日(木)まで。浅草橋で行った展示を再構築し、ショーを記録した映像を流す。また、新作の販売を行うほか、Lamp harajukuのために特別に制作された別注のウェア、バッグ、キーホルダーも合わせて限定販売する。

 

ドミニクアンセルベーカリーが関西初出店、サマースウィーツフェスタに参加

2018.07.10 1 year ago

NYで人気のニュージェネレーョンベーカリー「DOMINIQUE ANSEL BAKERY JAPAN」(ドミニクアンセルベーカリージャパン)は、京都高島屋で2018年8月1~6日に開催される「サマースウィーツフェスタ」「パンフェスタ」に出店する。

 

サマースウィーツフェスタでは、NYでも人気の「What-a-Melon Soft Serve」(ウォーターメロン ソフトサーブ)、バニラアイスとハチミツ風味のマシュマロを使用したシグネチャーアイテムの「Frozen S’more」(フローズン スモア)を展開する。「ウォーターメロン ソフトサーブ」は、スイカを贅沢に使用し、フレイバーソフトサーブをスイカの果肉で挟み、シャリシャリとした食感と甘さの奥から旨みが湧き出てくる美味しさが特徴。スイカの種に見立てたチョコレートや、塩をかけて味の変化を楽しむなどユニークなひんやりスイーツになる。

「プーマ」のキービジュアルにセレーナ・ゴメスが登場

2018.07.09 1 year ago

スポーツブランドの「プーマ」は、2018-19年秋冬シーズンのキービジュアルに女優、シンガー、プロデューサーとさまざまな顔を持つセレーナ・ゴメスを起用した。回りの意見に流されず、個性を大切にし、自分らしくある女性たちを称える「DO YOU」キャンペーンを同時に実施し、全ての女性にパワフルなメッセージを発信していく。日本ではモデル、タレントして活躍するローラがビジュアルに登場する。

OSKLENとブラジル国民酒がコラボレーションし、トロピカルカクテルを提案

2018.07.06 1 year ago

赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京のMIXX(ミックス)バー&ラウンジにて、『ブラジリアン・サマーナイト・ブリーズ』と冠した夏のスペシャルメニューを提供する。ブラジルのファッションブランド OSKLEN(オスクレン)と、ブラジルの国民酒と言われるカシャッサのトップブランド「セレッタ」とのコラボレーションのもと、”ブラジルの夏の夜風”をテーマにファッショナブルなトロピカルカクテル 3 種を提案。このオリジナルカクテルは、OSKLENの 2018 年春夏コレクションからインスパイアされ、コレクションテーマであるトロピカルフルーツとビーチを連想させるような、色鮮やかで楽しげな見た目に仕上がりました。また、店内にはOSKLENのサーフボードやピラルクーの模型、OSKLENのシーズンルックブックなども展示される。

【ブラジリアン・サマーナイト・ブリーズ】

■期間: 2018年7月1日(日)~8月31日(金)

■会場: MIXXミックス バー&ラウンジ (ANAインターコンチネンタルホテル東京 36 階)

■カクテル提供時間:  17:00~25:00 / 金曜日 17:00~26:00 / 日曜・祝日 17:00~24:00

 

Juana de Arcoが4日間限定の20%OFFキャンペーンを開催

2018.07.04 1 year ago

7月13日(金)~7月16日(月)の期間、Juana de Arco 表参道店をはじめとする、同ブランド取扱い店舗にて、キャンペーンイベントを開催。7月20日のアルゼンチンの祝日「Dia del Amigo(友達の日)」を記念し、Juana de Arcoの商品を20%OFFで購入が可能となる割引きキャンペーンを実施する。

青参道にて、インドのニュージェネレーションに触れるイベントを開催

2018.07.03 1 year ago

青山通りと表参道をつなぐ裏通り”青参道”。7月14日(土)・7月15日(日)の2日間、この通りの9つのショップで、インドのネクストジェネレーションを発信するお祭りイベント「70% INDIA !」を開催する。”70% INDIA!”には、インド土着の文化が根強く残る、ディープな空気感と、流入する様々な文化やインターナショナルな感度を持った作り手たちが生み出すクリエーションとの融合を表す意味が込められている。期間中は、食、ファッション、カルチャーなど、様々な面からインドを体感できるイベントを開催するほか、現地のライフスタイルや職人たちのモノづくりについて語るトークショーも予定している。

【”AOSANDO” Presents 70% INDIA!】

■会期: 2018年7月14日(土)・7月15日(日) 11:00~19:30

■スペシャルイベント会場: 東京都渋谷区神宮前5-1-14 Galeria M 2F

■参加店舗: Bazar et Garde-Manger / D-due H.P.FRANCE / H.P.DECO / H.P.FRANCE BIJOUX 表参道店 / JAMIN PUECH 表参道店 / Juana de Arco 表参道店 / Lamp harajuku / SERGE THORAVAL / WALL 原宿店 / 水金地火木土天冥海

 

 

CAROLINA BUCCI 新作コレクションの予約会を開催

2018.07.02 1 year ago

7月6日(金)より、H.P.FRANCE BIJOUX各店にて、イタリア・フィレンツェ発ジュエリーブランド CAROLINA BUCCI(キャロリーナブッチ)の予約会「Rainbow mood 」を開催する。今季は新たに、”多様性を受け入れる”、”自分らしく生きる”というメッセージを持つレインボーカラーのコレクションが登場。シルクを使用したネオンカラーや、マルチカラーのプレシャスストーンをセッティングしたリングやネックレストップなど、レインボーがラグジュアリーに表現される。

H.P.FRANCE BIJOUX

パルコのセレクトショップ「ミツカルストア」青山店で人気ブランドのセール

2018.07.03 1 year ago

パルコの直営セレクトショップ「ミツカルストア」青山店は、7月6~18日の期間、東京で活躍する人気ブランドのセール「DESIGNERS’ SALE」を開催する。参加ブランドは hisui hiroko ito / MIDDLA / JUN OKAMOTO / in process / keisuke yoshida / ryota murakami / tashiroなど。

URL http://meetscal-news.parco.jp/monthly_event/2441/

韓国の通販ブランド「girlsRule」がSPINNSに登場

2018.07.02 1 year ago

スピンズ(SPINNS)は7月2日、プチプラ価格でトレンドを抑えたアイテムが豊富で人気の韓国通販ブランド「girlsRule」の展開を一部店舗でスタートする。また6月30日には、原宿にオープンするショップ「Chucla by SPINNS」で先行販売。また「girlsRule」のアイテムを購入の消費者には、先着でノベルティのトートバックを進呈する。国内のアパレルショップで「girlsRule」のアイテムを取扱うのは今回が初となる。

夏の風物詩「NACH」のフェア、今年の夏は「動物園」がテーマ

2018.06.28 1 year ago

フランス発、カラフルな色彩と豊かな表現でつくられた陶器のアクセサリーブランド・NACH(ナッシュ)。今年は「ZOO NACH」と題し、7月13日(金)より「goldie H.P.FRANCE(ゴールディ アッシュ・ペー・フランス)」各店でフェアを開催する。唯一無二のユニークなアニマルモチーフのデザインが注目を集め、今や夏の風物詩イベントとなっているNACHフェア。今年は、デザイナーの2人が4年ぶりに来日し、東京・名古屋・大阪でショップイベントも開催する。毎回人気の高い色とりどりの美しい鳥たちや、野生美あふれるサファリの獣たちなど、夏にぴったりなたくさんの愛らしい動物は必見。そのほか新作となるカプセルコレクションも発売する。

 

goldie H.P.FRANCE

「工房Minakusi(ミナクシ)」のアクセサリー展を開催

2018.06.26 1 year ago

6月30日(土)~7月16日(月)の期間、水金地火木土天冥海にて、「工房Minakusi(ミナクシ)」のアクセサリー展を開催する。「工房Minakusi」は旅をライフワークとする作家 永井健一と英里が手掛けるブランドで、アジア各国の職人による一つ一つの小さな手仕事から、美意識の詰まった民族の古い手仕事まで、国境のない物語を紡ぎ合わせた展示となっている。期間中は、新作が並び展示販売を行うほか、秘蔵のコレクションより好きなパーツを選びアクセサリーをカスタムオーダーすることも可能となる。

水金地火木土天冥海

人気のタイレストラン「ロングレイン」で、スパイシーなメニュー3種を投入

2018.06.27 1 year ago

恵比寿ガーデンプレイスタワー39階に店を構えるオーストラリア発のタイレストラン「Longrain」(ロングレイン)は7月1~9月30日までの期間、辛さがクセになるスパイシーな料理3種を投入する。フォトジェニックな「チリポークリブ パイナップル ライム」では、食べ応えのある骨つき肉を約12時間オリジナルタイ風BBQソースでマリネし、丁寧にグリル。香ばしい焙煎唐辛子を仕上げにふりかけた。

 

また「シュリンプサテ ホット&スパイスソース」は、プリプリのエビと酸味の中にも辛さを効かせたオリジナルトムヤムソースを付けて焼き上げ、食べやすい串焼きスタイルで提供する。今回の3種の中で最も辛さを感じられる「ジャングルカレー スナッパー」は、タイ山岳地帯で食べられていたことが名前の由来とされ、ココナッツミルクを使用せず、ストレートな辛さが特徴。本来、鶏肉や豚肉を使って食べられる「ジャングルカレー」をロングレインではあえて白身魚を使用することで爽やかさのある味わいに仕上げた。

不動産賃貸仲介のエイブルがカフェ事業に参入、原宿に回転スイーツカフェ

2018.06.26 1 year ago

不動産賃貸仲介サービスのエイブルは7月16日、同社初となるカフェ業態「MAISON ABLE Cafe Ron Ron」(メゾンエイブル カフェ ロンロン)を東京・原宿にオープンする。エイブルは、衣食住すべてにおいて、ひとり暮らしの女性を応援するプロジェクト「MAISON ABLE」を2016年に発足。様々な企画・サービスを展開している。

 

近年、若者に再ブームを起こしている「食べ放題」をベースに「回転スイーツカフェ」という新たな価値を提案。同店では、マカロンコットンキャンディやクレープ、パンケーキ、アイスなどのカラフルでかわいい定番スイーツなど約25種を用意する。全長38メートルのレーンに並んだスイーツを好きなだけチョイスできる。そのほかにも、たまごサンドやミニバーガーなどのフードも楽しむことができ、ドリンクはフォトジェニックなオリジナルボトルで提供する。

CONCENTO PARIS H.P. FRANCEのバイヤー・湯沢由貴子が、展示会「MIPEL」より新鋭のバッグブランドをセレクト

2018.06.25 1 year ago

「CONCENTO PARIS H.P. FRANCE」のバイヤー・湯沢由貴子が、ミラノで開催される世界最大の皮革製品の展示会「MIPEL」出展者の中より新鋭デザイナーのバッグブランドをセレクト。7月2日(月)~7月9日(月)の期間中、「CONCENTO PARIS H.P.FRANCE 銀座店」のプロモーションスペースにて、7つのブランドを展示し人気投票イベントを開催する。人気投票で一位に選出されたブランドは、湯沢が2019年春夏シーズン、同店にて若手ブランド支援の一環として買い付けを行う。「CONCENTO PARIS H.P. FRANCE」は2001年に一号店を大阪にオープン。湯沢は、J.W. アンダーソン、MSGMなどの有名ブランドもデビュー当初からいち早く買い付け、展示会を細かく回りながら、現在もまだ大々的に知られていないようなブランドを発掘し、唯一無二のバイヤーズショップを作り上げている。

 

今回のコラボレーションは、かねてより「CONCENTO PARIS H.P.FRANCE」のディレクションに魅力を感じていた、「MIPEL」オーガナイザーであるオリエッタ・ペリツァーリからのアプローチで実現したもの。伝統的な職人の手仕事を継承するコンサバティブな「メイド・イン・イタリー」のイメージを大きく覆す新鋭のデザイナーたちのバッグブランドを紹介し、業界関係者だけでなく、一般消費者にも向けて広くイタリア皮革製品の魅力を訴求する。

■参加ブランド: Annalisa Caricato / Arnoldo][Battois / Benedetta Bruzziches / Boldrini / Falor / Maria Lamanna / Michele Chiocciolini

■会期: 7月2日(月)~7月9日(月)

■レセプションパーティ: 7月2日(月) 17:00~21:00

■会場: CONCENTO PARIS H.P.FRANCE 銀座店

Juana de Arco 表参道店にて国際ヨガデー2018に合わせたキャンペーンを実施

2018.06.21 1 year ago

6月21日は「国際ヨガデー2018」。Juana de Arco(ホォアナ デ アルコ) 表参道店では、6月21日(木)~6月30日(日)の期間限定で、ヨガキャンペーン「Juana de YOGA 10 days」を実施。期間中、対象商品を税抜2万円以上購入すると、プレゼントとして人気のヘアターバンを進呈する。

ホテル雅叙園東京が、宿泊者限定の「雅叙園アートツアー」をスタート

2018.06.21 1 year ago

今年創業90周年を迎える「ホテル雅叙園東京」(目黒雅叙園運営)は、宿泊者限定の「雅叙園アートツアー」を開始した。同サービスは、普段は見ることができない絢爛豪華な美術品をガイドが案内する宿泊者限定のツアーになる。

 

雅叙園の歴史を長い間見守ってきた本社(ほんやしろ)造りの神殿「大巳殿」では、神の使いとされる「鹿」や「鶴」、おめでたい花の「梅」が描かれた彩色木彫板、末広がりの縁起をかつぐ扇画などの美術品を見学することができる。そのほか、艶やかな色彩感覚に目を奪われる和室宴会場、美しい螺鈿細工が施された日本料理「渡風亭」の個室、現存する最古の回転テーブルがある中国料理「旬遊紀」では、美人画の大家・益田玉城による「美人花笠踊の図」を解説付きで紹介する。

 

「X-girl」が、著名スタイリストのヴァナ・ヤングステインとコラボ

2018.06.20 1 year ago

ビーズインターナショナルが展開するウィメンズブランド「X-girl」は、NYを拠点にスタイリストとして活動するヴァナ・ヤングステイン(Vanna Youngstein)のTシャツブランドと協業した商品を6月29日から販売する。同氏は、クロエ・セヴィニーやセレーナ・ゴメスを始めとしたモデル、女優、アーティストを担当したことでも知られている。

 

今回の協業では、90年代のエッセンスを込めたガーリーな世界観が特徴のTシャツの中でも、代名詞となるシリーズ「チェリー ベイビー」(CHERRY BABY)をフィーチャーした。商品は「CHERRY X-GIRL」のブランドのロゴを配置。ラメでプリントしたダブルネームTシャツやトートバッグ、テントウ虫のプリントがユニークなTシャツなどを用意する。同ブランドの全店舗とECサイトで販売する。

新感覚のカルチャーマーケット「Laforet Market」の第4弾を開催

2018.06.20 1 year ago

6月23日(土)、24日(日)の2日間、ラフォーレミュージアム原宿にて、場と間(アッシュ・ぺー・フランス )の企画制作による新たなカルチャーマーケット「Laforet Market」の第4弾を開催する。「Laforet Market」では、あらゆるジャンルのクリエイター、メーカー、ショップが集まり、お客様がクリエイションに出会える CtoC (Creator to Customer)のマーケットとして、カルチャーを発信してきた。第4弾の今回は”PEOPLE”をテーマに約40ものブースが登場。ファッション、アート、ライフスタイル、フードと、あらゆるジャンルから多彩な出店者が集合するほか、ワークショップやイベントを開催する。

【Laforet Market vol.4 ” PEOPLE” 開催概要】
■日程: 2018年6月23日(土)~6月24日(日)
■時間: 11:00~19:00 (入場は18:30まで)
■入場料: 無料
■会場: 150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレミュージアム原宿 (ラフォーレ原宿 6F

 

D-dueの2018秋冬コレクションがいち早く登場

2018.06.19 1 year ago

6月21日(木)より全国の取扱い店舗にて、スペイン発ブランド デ・ドゥエ(D-due) のベーシックライン「イン・ブルー(In Blue)」ラインの新作を展開する。コレクションをオールネイビーで表現し、コンセプチュアルに仕上げた同ライン。2018年秋冬コレクションでは、ドイツの伝説的な美術学校「バウハウス」をテーマに、芸術家たちが制作時に着用するワークウエアをイメージし、丈夫でストレッチのあるテキスタイルを使用。「バウハウス」のデザインに代表される、幾何学的でミニマルなデザインのワークスタイルと、D-dueらしいエレガントな印象で仕上げたコレクションとなっている。

スイムウェアブランド・ガカモレの新作コレクションが登場

2018.06.18 1 year ago

6月18日(月)より、ルミネ新宿2の特設スペースにて、スイムウェアブランド「ガカモレ( GUACAMOLE)」の2018年春夏コレクションのフルラインナップと、CANNABIS LADIESセレクトのサマーアイテムを販売する。さらに同期間中、GUACAMOLEとSIIILON(シーロン)のコラボレーションスイムウェアも数量限定で展開する。

 

【MIX JUICE by GUACAMOLE & CANNABIS LADIES】
■期間: 2018年6月18日(月)~7月1日(日)
■場所: LUMINE 新宿2 2階 STUDIOUS前催事スペース

 

でんぱ組.inc 藤咲彩音が監修するブランド「Pzzz」が新作を発表

2018.06.19 1 year ago

でんぱ組.incのピンキー!こと藤咲彩音がプロデュースするブランド「Pzzz」(ピーゼット)のサマーコレクションが6月29日、スピンズ一部店舗と公式オンラインサイトで販売がスタートする。今季は、定番アイテムのTシャツなどでベーシックなユニセックス商品が軸になっている。グリーンをポイントカラーとして採用。価格はラインポロシャツ4000円、切り替えメッシュワンピース5500円、ボックスTシャツ4000円、スウェットTシャツ4500円など。

伊勢丹新宿店でユニークなゆかたスタイルを発信

2018.06.18 1 year ago

伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージで、サマーシーズンに向けたユニークなゆかたスタイルが並ぶ。6月27~7月3日の期間、強烈な個性を放つ3人のキュレーターが提案。次世代クリエイターによるゆかたを、独創的なセンスでコーディネートする。テーマは「ゆかたで新宿」。花園神社やゴールデン街など、ディープでありながらも心を強く引かれる新宿の街に映えるゆかたファッションを訴求する。参加ブランドは「ルミロック」「トリエ」「tutaee」「キサブロー」など。

バリー銀座店が、ひまわりいっぱいのディスプレイに

2018.06.17 1 year ago

バリー・ジャパンは、「バリー銀座店」にひまわり500本とアーティフィシャルフラワーを用いたアレンジメントをディスプレイしている。父の日を記念したディスプレイで、ひまわりは、画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホにちなんで名づけられたビンセントという品種を採用。「いつまでもアクティブで素敵なお父さんにいて欲しい」という思いを込め、父の日のプレゼントに「バリー」のバッグや財布などの小物類を提案している。

伊ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」が、LINE公式アカウントを開設

2018.06.15 1 year ago

伊ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」は5日、LINE公式アカウントを開設した。同アカウントでは、ドルチェ&ガッバーナの製品情報をはじめ、イベントやLINE限定のスペシャルキャンペーンなどの最新ニュースを配信。また開設を記念し、新作バッグのプレゼントキャンペーンをLINE限定で実施。友だち登録時に届いたメッセージからアンケートに回答すると、抽選で計3名に、7月上旬以降に販売する新作バッグを進呈するキャンペーンを行う。

 

ファニーでシュール、感情溢れるデザインで、暮らしにくすっと笑えるスパイスを!

2018.06.15 1 year ago

6月16日(土)〜7月1日(日)の期間、表参道のH.P.DECOにて、ドイツのブランド「クーン・ケラミック(Kuhn Keramik)」とH.P.DECOのコラボレーションデザインによるカップのオーダー会を開催する。さらに、同期間にパリのスタンプブランド「ル・タンポグラフィ・サルドン(LE TAMPOGRAPHE SARDON)」のアートスタンプ展を開催。アート性の高いスタンプは、子供から大人まで魅了する楽しいデザインが多数取り揃う。

 

H.P.DECO

「drama H.P.FRANCE creator’s HOME」第三弾はGICLATが登場

2018.06.13 1 year ago

表参道・青山通りを繋ぐ小道「青参道」で開催中の、日本のクリエイターを週替わりで紹介するポップアップショップ「drama H.P.FRANCE creator’s HOME」。第五弾となる 6月13日(水)~6月19日(火)は、ジュエリーブランド「ギクラ(GICLAT)」のマリッジリングを含むフルコレクションを展開する。さらに期間中は予約制にて、デザイナーと相談しながらマリッジリングのフルオーダー、セミオーダーも可能となる。

 

drama H.P.FRANCE creator’s HOME

東京都渋谷区神宮前5-1-15 CHビル 1階

TEL 03-3797-1505

Lamp harajukuのウィンドウインスタレーション、6月は金谷裕子が登場

2018.06.12 1 year ago

月替わりでアーティストを紹介しているLamp harajukuのウィンドウにて、6月は金谷裕子によるインスタレーション「I’m a Dye Dreamer」を展示する。今回は、インクで折り染めをした和紙を切り貼りしてアートワークやランタンを制作。色鮮やかに染まったポップでサイケデリックなアートワークに、手染が生む素朴さと光による発色のナチュラルな魔法性を加えたインスタレーションを披露する。

【金谷裕子「I’m a Dye Dreamer」】

■期間: 6月17日(日)~6月30日(土)

■場所: Lamp harajuku

 

Bazar et Garde-Mangerで南フランス蚤の市を開催

2018.06.11 1 year ago

6月16日(土)より、Bazar et Garde-Mangerにて同店のバイヤー マルト・デムランが南フランスの小さな街を渡り歩いて集めたヴィンテージ小物たちが届き、蚤の市を開催する。ヴィンテージならではのデザインや素材感。他にはないユニークなアイテムを取り揃える。

東京ブランド「テンダーパーソン」が限定シリーズの販売をスタート

2018.06.13 1 year ago

東京ブランド「テンダーパーソン」(TENDER PERSON)は6月3日、ビアンカサユリ=デザイナーの誕生日を記念した限定シリーズの販売をスタートした。リンガーTシャツや半袖Tシャツなどにオリジナルロゴを配置。現代的なシルエットだが、ノスタルジックな雰囲気を併せ持つアイテムに仕上げた。同ブランドはヤシゲユウト、ビアンカサユリのデザイナーデュオで展開している。

 

ライトオンが「リー」の新作アイテムを投入、親子でコーディネートが可能に

2018.06.12 1 year ago

ライトオンは、デニムカジュアル「リー」の新作アイテムを投入した。サマーシーズンは、親子でリンクコーディネートが楽しめるTシャツやバッグを揃えている。「Lee」のロゴを採用したTシャツやデニム地のポケットがポイントのTシャツ、レジャーの季節に活躍するショルダーバッグやサコッシュなどを展開。同商品は全てライトオン別注アイテムになる。また、新作アイテムの投入に伴い、店頭で「Lee」のアイテムを2点以上購入すると、先着順でオリジナルの親子ペアマグカップを進呈(各店舗、数量限定)。

「プラダ」が六本木ヒルズにポップアップストアを開設

2018.06.11 1 year ago

プラダジャパンは、伊ブランド「プラダ」(PRADA)のポップアップストアを6月2~6月19日の期間、東京・六本木ヒルズに開設する。世界の限られた都市を巡回する「プラダ シルバーライン」と題したポップアップストアで、1930年代や50年代に台頭したアメリカの流線型車両を思わせる架空の列車をモチーフに、店装でトラベルやモダニティといったブランドイメージを表現。インスタレーション内では、レム・コールハース率いる建築事務所「OMA」がデザインした新たなブランドロゴを付けたバッグやアクセサリーのほか、ファッションショーに登場した新作バッグなど、豊富なラインアップが揃う。

 

全国のミニストップで「NIKEギフトカード」 の取り扱いを開始

2018.06.10 1 year ago

ミニストップは、ナイキジャパンが発行するPOSAカード「NIKEギフトカード」の販売を6月1日から開始する。全国の「ミニストップ」2247店舗(2018年4月末現在)で取り扱う。「NIKEギフトカード」は、Nike.com、NIKE SNKRSアプリおよび、全国のナイキ直営店で支払いができるプリペイドカード。1000~5万円の範囲で自由に金額を指定できる。プレゼントにも最適なカードで、6月1日時点のコンビニエンスストアにおける取り扱いは、ミニストップのみとなる。NIKE.comで購入した商品は「コンビニ受け取りサービス」を利用し、全国のミニストップにて受け取りが可能。

久保嘉男「ヨシオクボ」デザイナーが、パリメンズコレクションで作品を披露

2018.06.09 1 year ago

久保嘉男「ヨシオクボ」(yoshiokubo)デザイナーは6月22日、パリメンズファッションウィークで2019年春夏コレクションを披露する。久保デザイナーがパリメンズに参加するのは今回が初。これまで「ジョルジオ アルマーニ」による新進デザイナー支援プログラムを通じてミラノでファッションショーを行うなど、イタリアで計3回ショーを実施してきた。今回はプレゼンテーション形式でアイテムを発表する予定。

14人のアーティストが製作、柴又の宿泊施設にアートを取り入れた客室が登場

2018.06.08 1 year ago

葛飾区柴又にある宿泊施設「Shibamata FU-TEN Bed and Local」(株式会社R.project)にて、 hpgrp GALLERY TOKYOディレクションのもと、国内外14名のアーティストによるアートルームを制作した。 「柴又」をテーマに表現技法の異なる作家たちがプロジェクトに参加し、アートを切り口により 多くの方に『まだ知られていない柴又の魅力』を発信する。6月8日(金)~6月10日(日)の3日間は営業開始に先駆け、すべての部屋を見ることができる内覧会を開催。6月12日(水)よりアートルームへの宿泊受付を開始する。

 

【アーティスト一覧】(敬称略・順不同) 池平 徹兵 / 庄島 歩音 / 平山 昌尚 / 加藤 美紀 / 松岡 マサタカ / 伊藤 桂司 / 大川 友希 / Keeenue / 尾花 賢一 / リカルド・ゴンザレス / 田中 健太郎 / 中島 麦 / キム テボン / 福井 伸実

 

DORETTEのトランクショーを全国で開催

2018.06.06 1 year ago

6月8日(金)より、H.P.DECOの系列店に、カラフルで遊び心溢れる “ドレット(DORETTE)” の新作ジュエリー約50点が入荷し、全国で巡回のトランクショーを開催する。ドレットは、パリ発の人気ブランド ツェツェ・アソシエ(Tsé &Tsé associées)のデザイナーカトリーヌ・レヴィが手掛けるジュエリーライン。女性ならではの感性、そしてインドの技術とフランスの伝統を織り交ぜたジュエリーは、どれもが1点ものの特別な輝きを放つ。

LIA DI GREGORIO が来日しトランクショーを開催

2018.06.05 1 year ago

6月8日(金)・6月9日(土)の2日間、イタリア・ミラノ発のジュエリーデザイナー リア・ディ・グレゴリオ( LIA DI GREGORIO)が来日し、H.P.FRANCE BIJOUX 丸の内店・大阪店にてトランクショーを開催する。イベント当日のみ限定公開となる、特別なトランクショーピースが多数揃う。また、同日6月8日(金)より、全国のH.P.FRANCE BIJOUX全店にてブライダルフェアを開催し、デザイナー来日に合わせて同ブランドのブライダルコレクションを展開する。

 

銀座三越が20ブランド以上のレイングッズを集めたイベントを開催

2018.06.07 1 year ago

銀座三越は、雨の日が楽しくなるような個性豊かなレイングッズを集めたイベント「GINZA RAIN GOODS STREET」を5月30~6月11日の期間、同館7階で開催する。傘やレインコートをはじめ、レインブーツ、傘袋など20ブランド以上が登場。ファッション性の高い商品や機能系グッズも充実させる。英ブランド「フルトン」が日本限定デザインの雨傘を並べるほか、人気の「ハンター」からレインコート&ブーツが並ぶ予定。また「モンブランヤマグチ」は、オーダー会を実施(6月6~11日)。熟練した職人が作る「福井洋傘」は、地場産業の得意分野を生かした洋傘を販売する。

「東京ファッションアワード」受賞ブランドがパリで出展、伊ピッティでもアピール

2018.06.06 1 year ago

国内デザイナーの海外進出支援「東京ファッションアワード」(TOKYO FASHION AWARD)は、6月にパリで開催されるファッション・ウィーク期間中に単独のショールーム「showroom.tokyo」を開設する。6月22~27日の期間、昨年10月に発表された第4回受賞デザイナーによる6ブランドと第3回受賞デザイナーの中から2ブランドが2019年春夏コレクションを展示する。

 

ショールームには、第4回受賞デザイナーの「BODYSONG.」「KUON」「soe」「DIGAWEL」「Children of the discordance」「F/CE.」に加え、第3回受賞デザイナーの「doublet」「TAAKK」が出展する。また昨年に続き、伊・フィレンツェで行われる合同展示会「ピッティ・イマージネ・ウオモ」(PITTI IMMAGINE UOMO)への参加も決定した(期間は6月12~15日)。ピッティには、上記の第4回受賞デザイナーが出展する予定。

「ZARA」と文化学園大学が協業、世界中の教育機関にもアプローチ

2018.06.05 1 year ago

「ザラ」(ZARA)と文化学園大学が協業したコレクションを5月30~6月6日までの期間、東京・六本木ヒルズ ノースタワーにオープンした「ZARA ROPPONGI POP-UP SHOP ONLINE」で販売する。その後、6月7日から新宿店、名古屋店、心斎橋筋店の3店舗に加え、世界中のZARA公式オンラインストアに商品が並ぶ。アウターやシャツ、パンツ、Tシャツなど計15型を提案し、価格は3590~1万4990円になる。

 

同ブランドでは、美術・デザインの教育機関と協業するプロジェクト「VIEW.S」を立ち上げ、才能溢れる若者たちが創作するユニークなコレクションを販売。その第1弾として、文化学園大学と「ZARA MAN」が協業。東京・新宿にある同大学は、ファッションやライフスタイル、クリエイティブにおける日本の教育機関としてユニークな教育哲学を実践している。今回、インターナショナル志向のファッション教育プログラムを探求している同大学の理念に賛同し、協業が実現した。日本でのスタートを皮切りに、世界的に同プロジェクトを実行するという。

なぜ浴衣を着るのか?水金地火木土天冥海の浴衣フェアが動画配信を通じ新しい提案

2018.06.01 1 year ago

水金地火木土天冥海では、浴衣フェア「にじみゆく頃」を6月1日(金)より開催する。同店では毎年の恒例の企画だが、今回は初の試みとして動画を公開し、浴衣を着ることによってにじみ出る女性の色気、そして勇気を表現している。なお、フェアには老舗竺仙より発売された新色の‘青紫’と‘赤紫’による別注浴衣のほか、帯やバッグなどの小物類も多数取り揃える。

 

IOSSELLIANIがインスタグラムキャンペーンを開催

2018.05.31 1 year ago

6月1日(金)~6月30日(土)の期間、イタリアのジュエリーブランド イオッセリアーニ(IOSSELLIANI)がインスタグラムキャンペーンを開催。ハッシュタグ #STACKMYRINGS をつけて自身のリングコーディネートを投稿すると、当選者には、同ブランドよりそのコーディネートにリングがプレゼントされる仕組み。期間中は何度でも応募することができる。

「drama H.P.FRANCE creator’s HOME」第三弾はnicodesignが登場

2018.05.30 1 year ago

表参道・青山通りを繋ぐ小道「青参道」で開催中の、日本のクリエイターを週替わりで紹介するポップアップショップ「drama H.P.FRANCE creator’s HOME」。第三弾となる 5月30日(水)~6月5日(火)は、デザイナー 奥村仁幸が手掛けるジュエリーブランド「ニコデザイン(nicodesign)」が登場する。同ブランドは、樹脂やダイアモンド、カラフルな天然石など、感性豊かにデザインされたコレクションを展開。期間中は、カジュアルな樹脂のアクセサリーやジュエリーラインのほか、限定のシルバーコレクションも登場する。

 

伊藤忠ファッションシステム、ユニチカガーメンテックが都内に協業ラボを開設

2018.06.04 1 year ago

伊藤忠ファッションシステム(ifs)とユニチカガーメンテック(UGT)は、両社協業による検査機関「Human Centric Laboratory」(HC Lab)を東京・青海のテレコムセンタービルに開設した。HC Labは、人と人、人と製品、人とサービス、人と社会の間に生じるさまざまな課題や隠れた要求を可視化していく検査機関。同施設において製品・サービスの開発や改良プロセスを検証するという。

 

また、最終製品の物性や機能性の検証だけではなく、早い段階で設計・実装の有効性をユーザー視点から検証することができる。具体的には、温熱特性試験(保温性、接触温冷感)や温熱的着用試験(温湿度センサー、サーモグラフィー装置)、物理性能(引張、引裂、滑脱、ピリング、スナッグ、破裂、摩耗強さ、パイル保持)などに対応する。ユーザー目線で製品やサービスを実証する「ヒューマン セントリック」の考え方を共有。これまで両社は、大阪で主に繊維製品の検査機関としてそれぞれが独自の価値を提供していた。今後はマーケット規模が大きい東京でビジネス環境の変化に対応し、幅広い分野に「ヒューマン セントリック」のマインドを浸透させる。

バルセロナ発の人気シーフードレストラン「チリンギート エスクリバ」が日本上陸

2018.06.03 1 year ago

トランジットジェネラルオフィスは、ESCRIBA JAPAN(東京、垂水謙児社長)を設立し、バルセロナ発のパエリアを提供するシーフードレストラン「XIRINGUITO Escriba」(チリンギート エスクリバ)を9月13日にオープンする。東京・渋谷に誕生する複合施設「渋谷ストリーム」の3階に出店。店舗面積は160平方メートルで、約90席を用意する。

 

同レストランは、1992年スペイン・バルセロナにオープン。25年以上地元の顧客に愛され、バルセロナで一番美味しいパエリアを提供するシーフードレストランと言われている。パエリアは、直火で焼き上げた後にオーブンで炊く一般的なパエリアではなく、魚介やチキン、野菜などの旨味が凝縮したスープを使用し17分間直火で炊き上げることで米一粒一粒にスープの旨味を閉じ込めたもの。このパエリアを求め、ハリウッドスターやサッカー選手からも支持される人気店になっている。「XIRINGUITO」はスペイン語で“海の家”を意味し、その意味の通り開放感のある店内にてパエリアを始め、アルコールに合うアペタイザーも充実。アルコールは、フルーツやハーブをふんだんに使用した赤ワイン、白ワイン、スパークリングワインのサングリアを提供するほか、日本の店舗限定で味わえる日本酒を使用したサングリアも登場する。

東京ミッドタウンで、サマーイベント「MIDTOWN LOVES SUMMER 2018」開催

2018.06.02 1 year ago

東京ミッドタウンは、7月13~8月26日の期間、サマーイベント「MIDTOWN LOVES SUMMER 2018」(ミッドタウン ラブズ サマー)を開催する。“日本の夏の涼”をテーマに、花火、足水、風鈴といった夏の風物詩を都心ならではのスタイルで体感できるイベントを実施。芝生広場には、メインイベントとなる「光と霧のデジタルアート庭園」が登場する。

 

芝生広場に点在する岩を中心に、花火をイメージした色とりどりの光を当てる。演出は今年20周年を迎えたヴィジュアルデザインスタジオ「WOW」が手掛ける。また、人気のウォッカブランド「スミノフ」とコラボし、スミノフを使った限定のスペシャルカクテルを提案。さらに、スモークBBQローストビーフやスモークサーモンの杉板焼きなど、こだわりのフードも販売する。

 

ミッドタウン・ガーデンを流れる小川では、都心にいながら「日本の夕涼み」を体験できる「ASHIMIZU」を実施。今年で9回目の開催となる「ASHIMIZU」は、涼しげにライトアップされた幻想的な空間で夏の涼を楽しむことができる。7月23日には、庭や道路に水を撒いて涼をとる「打ち水」を行う。2007年から「大暑の日」に、六本木の地元町会や商店街振興組合と連携して開催し、毎回多くの関係者が参加している。今年もヒートアイランド対策に取り組み、打ち水に使用する水は、東京ミッドタウンに貯水している地下貯水(雨水、井戸水)を使用する。

アーバンリサーチが阪神タイガースとコラボ、関西コミュニティをアピール

2018.06.01 1 year ago

アーバンリサーチの基幹ショップ「アーバンリサーチ」(URBAN RESEARCH)と、雨具ブランド「アメメ アーバンリサーチ」(ameme URBAN RESEARCH)は6月1日、阪神タイガースとコラボした商品を販売する。観戦時を始め、タウンにも合うクリーンなデザインを展開。Tシャツや半袖スウェット、ワンピース、キャップ、サコッシュなど幅広いアイテムを製作した。

 

テーマは「SUKI YANEN HANSHIN」(好きやねん阪神)とし、ファンのタイガース愛をストレートに表現。アーバンリサーチ系店舗で購入すると、限定で金本監督、福留選手、糸井選手、ロサリオ選手、トラッキーのサイン入りオリジナルステッカーを進呈する。販売店舗は、アーバンリサーチ ルミネ新宿店、同ららぽーと EXPO CITY店、同ルクア イーレ店、アメメ アーバンリサーチ NU 茶屋町プラス店、アーバンリサーチストア心斎橋店、ケービーエフ くずはモール店など。

イッセイ ミヤケ パルファムが、サマーフレグランスの販売を記念したトークショーを開催

2018.05.31 1 year ago

イッセイ ミヤケ パルファムは6月2日、限定サマーフレグランスの販売を記念し、同商品をデザインしたコラボアーティストによるトークショーを、東京銀座資生堂ビル・ワード資生堂ホールで開催する。2018年度は「タイポグラフィー」「自然」をテーマに、それぞれ独自のセンスを持つ2人のフランス人アーティストTyrsa(ティルサ)、Alice Auboiron(アリス・オーボワロン)を起用。トークショーでは創作にかける想いを語るほか、特別なディスプレイを展開する。

 

サマーフレグランスのパッケージは、ティルサが手掛けた曲線的でエレガントな文字が「窓」となり、その「窓」の向こう側に、アリス・オーボワロンの指先によって描かれた緑豊かな夏の風景が広がっている。その創作の背景を、気鋭アーティストの2人が対談する。聴き手はジャーリストの川上典李子。またイベントの一環として、両氏が都内のイッセイ ミヤケ直営店(銀座・青山)および、資生堂銀座ビルで、ウインドウディスプレイを期間限定で実施する。2人が担当したパッケージという2次元の世界を、ウインドウディスプレイという3次元空間で表現する。
イベント参加の申し込み isseymiyakeparfums-event.com

日本橋三越本店で、ルーヴル美術館展の連動イベントを開催

2018.05.30 1 year ago

日本橋三越本店は5月30~6月19日の期間、国立新美術館のルーヴル美術館展(5月30日~9月3日)を記念したイベント「ルーヴル美術館がやってきた!」を開催する。ルーヴル美術館が所蔵する彫刻のレプリカを展示したカフェスペースや、ARでルーヴル美術館展の代表的な作品が楽しめるワークショップなど、美術館の作品鑑賞とは異なる新しいアートの楽しみ方を提案する。また、新館のウインドーでは本格的なコスチュームを着て絵画の人物になりきれるフォトスポットを用意。本館2階「カフェウィーン」では、マリー・アントワネットの好物であったクグロフを、彼女が愛した離宮「プチトリアノン」にちなんだ薔薇色の美しいケーキを販売する。

Juana de Arcoがアルゼンチンの発展に貢献する企業として「Excelencia Exportadora」を受賞

2018.05.29 1 year ago

アルゼンチンのライフスタイルブランド「ホォアナ デ アルコ(Juana de Arco)」が、輸出を通してアルゼンチンの発展に貢献する企業に贈られる「Excelencia Exportadora」を受賞した。アルゼンチンを代表するラ・ナシオン新聞社とガリシア銀行が主催するこの賞は、年1回テクノロジーやデザインなど様々な分野でファイナリストが選出され、Juana de Arcoは家族経営部門での受賞となった。2018年5月初旬にブエノスアイレスにて開催された授賞式では、マリアナは受賞スピーチで、「このような素晴らしい賞を受賞することができとても嬉しいです。Juana de Arcoは1998年、パレルモにお店をオープンし、今年5月21日に20周年を迎えます。2004年から、(12時間の時差がある)日本にも進出し、今では24時間お店が開いているのでJuana de Arcoは眠りません(笑)カラフルな私の頭の中を整理し、今ではJuana de ArcoのCEOとして私を支えてくれている、アーティストであり夫のホォアンにも感謝します。」と、喜びの気持ちを述べた。

 

エシカルキャンペーン「hug & ethical」が東急百貨店各店で開催

2018.05.28 1 year ago

アッシュ・ペー・フランスのエシカル事業部部長、坂口真生がディレクションを務めるエシカルキャンペーン、「hug & ethical」が5月31日(木)~6月13日(水)に東急百貨店本店・東横店・吉祥寺店・たまプラーザ店にて開催される。自然、環境、人権などの配慮し調和・共生を目指す「エシカル」という価値観を軸にセレクトされ、アパレルや、ストール、バッグなどのファッション小物、ジュエリー、ベビー用品、お皿やファブリックなどの生活雑貨、食品など、約50のブランドから様々なアイテムが揃う。

 

人気インスタグラマー bonpon × 三越伊勢丹 × セレクトブランドのトリプルコラボレーションが実現

2018.05.25 1 year ago

人気インスタグラマー「bonpon(ボンポン)」と、三越伊勢丹が手掛ける「クロージング イセタンミツコシ(Clothing ISETAN MITSUKOSHI)」とセレクトブランドのトリプルコラボレーション「Link~bonpon × Clothing ISETAN MITSUKOSHI~」が実現する。bonponは、グレイヘアがトレードマークの60代の夫婦で、お洒落なふたりの暮らしやファッションコーディネートが幅広い世代から支持を得ており、インスタグラムは70万人を越えるフォロワーを獲得している。「家族」や「絆」をコンセプトに、リンクコーデを楽しめるアイテムのほか、ファブリコ(FABRICO)やフィルダレニエ(Fil D’araignee)などのブランドとのコラボレーション商品として、セーター、トートバッグ、ピンバッヂなども展開する。

 

「Link〜bonpon × Clothing ISETAN MITSUKOSHI〜」
オンライン先行販売開始 5月23日予定
6月6日~19日 恵比寿三越 1階 ガーデン(プロモーションスペース)
6月13日~19日 仙台三越 定禅寺通り館 1階 光の広場
6月20日~28日 日本橋三越本店 本館4階 リ・スタイル レディ

 

ジーユーが韓国に進出、ロッテワールドモールに大型店

2018.05.29 1 year ago

ジーユー(GU)は2018年秋、韓国に進出する。1号店は、ソウルの南東部にある蚕室(チャムシル)地区に位置するショッピングモール「ロッテワールドモール」に出店。店舗面積は1380平方メートルの大型店で、ウィメンズ&メンズウエア、キッズのアイテムを幅広く取り揃える。

 

ファーストリテイリング・グループのユニクロは、2005年9月に韓国1号店をオープン。18年4月末現在、183店舗まで拡大。柚木治ジーユー社長は「ファッション感度の非常に高い韓国に、ジーユーをオープンさせることができ、大変うれしく思う。韓国進出は、ジーユーのビジネスにとって大切な一歩」とコメントしている。

英王室御用達ブランド「アスプレイ展」をサンモトヤマ銀座本店で開催

2018.05.28 1 year ago

1781年創業の英国王室御用達ブランド「アスプレイ」(Asprey)は、サンモトヤマ(東京・銀座)での取り扱い10周年を記念し、5月26~6月3日の期間、貴重なアーカイブなどを披露する「Asprey展」を開催する。併せて、2018年春夏シーズンの新作として、同ブランドのブティックがあるビバリーヒルズホテルの華やかな佇まいから影響を受けたハンドバック「ビバリーヒルズ」と、宇宙の発見と神秘からインスパイアされたジュエリーコレクション「コズミック」を並べる。アスプレイ インターナショナル リミテッド会長のジョン・リーガス氏は、「Aspreyは何世代にもわたって、育まれてきた独自の価値を持つ製品を作り続けている。昨年11月に新しくオープンしたサンモトヤマ銀座本店の1階で、Aspreyの世界をお楽しみください」とコメント。

バーニーズ ニューヨーク六本木店に、アンリアレイジがポップアップストアを開設

2018.05.27 1 year ago

アンリアレイジ(ANREALAGE)は5月25~27日の期間、バーニーズ ニューヨーク六本木店にポップアップストアを開設する。同ストアでは、メディコムトイとのコラボ商品「FLOWER BE@RBRICK」を販売するほか、バーニーズ × アンリアレイジの限定アイテムを展開。5月26日には、同ブランドのパリコレクションで音楽を監修したサカナクション・山口一郎を招き、森永邦彦デザイナーとトークセッションを開催する。

 

「FLOWER BE@RBRICK」は、クリアボディに花柄をウォータープリントであしらった一つひとつ表情が異なるデザインが特徴(1万5000円、5万円)。さらに、バーニーズ × アンリアレイジの限定パッチワークTシャツを販売する。また、KAMARQによるスピーカー内蔵型IoT家具「SOUND TABLE」のアンリアレイジモデルも販売する予定(26万円)。アンリアレイジのAZを重ねたロゴが脚となり、山口一郎がアンリアレイジ青山店のために手掛けた12曲を季節に合わせて奏でる仕様になっている。「SOUND TABLE」は、テーブルとスピーカーを組み合わせた独自のスピーカー内蔵型テーブル。スマートフォンから自分の好きな音楽を流すことも可能で、デザインは「amadana」(アマダナ)を手掛けたインテンショナリーズが監修している。26日夜のトークセッションは、専用の応募フォームから申し込み可能。抽選で100人を招待する。
トークセッション応募フォーム https://ws.formzu.net/fgen/S42506198/

プロ野球パ・リーグ6球団が資生堂「インテグレート」とコラボ

2018.05.26 1 year ago

プロ野球パ・リーグ6球団と資生堂「インテグレート」とのコラボレーション企画が今季もスタートした。昨年も同様の企画を実施し、好評を博したという。今季のテーマは「勝利のハート」。各球団の本拠地球場でファンがメイクを体験できるメイクブースの設置やキャンペーンを実施する。「インテグレート」メルティモードチークを使って「勝利のハート」を描き、簡単にできるメイクでチームを応援することができる。

 

「勝利のハート」メイクルームは、札幌ドーム(2F65通路ゲート)、楽天生命パーク宮城(バイバースタンド下コンコース)、メットライフドーム(ライオンズストア フラッグス前)、ZOZOマリンスタジアム(Cゲート フロア2 207通路横 ロッテブース内)、京セラドーム大阪(3階 31通路)、福岡 ヤフオク!ドーム(3階コンコース10通路前)に設置。また、6球団のチアリーダーが出演する「勝利のハート」メイク動画や、展開するキャンペーン情報を紹介する特設サイトをオープンしている。
特設サイトURL https://www.shourinoheart.com/

「セルフォード」初のポップアップストアが銀座三越にオープン

2018.05.25 1 year ago

マッシュスタイルラボは、 ウィメンズブランド「セルフォード」(CELFORD)で初となるポップアップストアを5月23~6月12日の期間、銀座三越に開設する。同ブランドは2018年春夏シーズンにデビューし、1号店は東京・新宿ルミネ1にオープン。続けて名古屋タカシマヤ、阪急うめだ本店、表参道ヒルズにインショップを開設している。商品は素材やシルエットにこだわったもので、女性を美しくみせるフィット&フレアのドレスを提案。30~40代女性に向け、手に取りやすい価格帯とオケージョンシーンに新しい風を吹かせるブランドとして注目を集めている。18年春夏シーズンは、品性と自由を兼ね備えた英プリンセス、キャサリン妃などに着想を得ている。

アートの祭典「道後オンセナート2018」に銀座三越が特別参加、コラボ浴衣を販売

2018.05.24 1 year ago

愛媛県松山市の道後温泉で開催するアートの祭典「道後オンセナート2018」は、特別参加として銀座三越を迎え、「道後温泉 × 銀座三越 × 鹿児島睦(まこと)のゆかた」の3者がコラボした浴衣を販売している。陶芸家・アーティストの鹿児島睦が、道後温泉と銀座の街、ふたつの場所から着想を得た新作図案を描きおろし、伝統的な染色技法でオリジナル浴衣を制作。既に道後温泉の旅館、ホテルでレンタルを開始、銀座三越では9階「銀座ゆかたガーデン2018」において販売をスタートした。なお、松山三越でも6月19日から販売する。

 

浴衣は、タヌキにまつわる伝説が多い松山のタヌキと銀座のシンボルの柳を合わせた「柳おどり」、正岡子規の短歌にちなんだ「くれなゐの」、菱形の中に色々な花を描いた「銀座菱」の3柄、計6色を展開。「くれなゐの」以外は、男性も着用できるキングサイズを用意した。価格は浴衣3万8000円、ふろしき3000円、てぬぐい1500円など。レンタルに対応する宿泊施設は、オールドイングランド道後山の手ホテル、道後グランドホテル、道後プリンスホテル、ホテル椿舘、ホテルルナパーク、ホテルルナパーク別邸やすらぎ、ふなや、大和屋本店。

スタートトゥデイが社名を「ゾゾ」に変更、プライベートブランドと名称を統一

2018.05.23 1 year ago

ファッション通販サイト「ゾゾタウン」(ZOZOTOWN)を運営するスタートトゥデイは、6月26日に開催する株主総会において社名変更を付議する。株主総会の承認をもって、10月1日に社名を「ゾゾ」(ZOZO)に変更する予定。同社は設立20周年を迎え、体型計測データを活用したプライベートブランド「ZOZO」のサービスを開始し、ファッションテック企業として転換期に入っていた。社名とPBの名称を統一することで、消費者への浸透を加速させる。また、スタートトゥデイの社名変更に合わせ、子会社3社を統合して4月に設立したスタートトゥデイテクノロジーズも「ZOZOテクノロジーズ」に変更する。

hpgrp GALLERY TOKYOにて、尾花賢一個展の後編がスタート

2018.05.24 1 year ago

5月25日(金)~6月30日(土)の期間、hpgrp GALLERY TOKYOにて、尾花賢一個展『森の奥、そして -後編-』を開催する。当ギャラリーでは、自らの体験と重ね合わせて物語を紡ぎ出し、力強いタッチで一コマ一コマを描いていく尾花賢一氏の作品を、前編と後編の2部にわけて展示を行う。前編(2018年4月27日-5月18日)では、主人公である覆面の男があるきっかけにより日々の仕事から離れ、電車や車を乗り継ぎ、様々な人々と出会いながら深い森の奥へと惹かれていく様子が描かれた。後編の展示では、森が作り出す闇の中で、歩を進める覆面の男が何と出会い何を想うのかを、空間に大小40前後の作品数で表現する。

オープニングレセプション: 5月25日(金) 19:00 – 21:00

hpgrp GALLERY TOKYO

「drama H.P.FRANCE creator’s HOME」第二弾はニットジュエリーブランド Shingo Matsushitaが登場

2018.05.23 1 year ago

表参道・青山通りを繋ぐ小道「青参道」で開催中の、日本のクリエイターを週替わりで紹介するポップアップショップ「drama H.P.FRANCE creator’s HOME」。第二弾となる 5月24日(水)~5月29日(火)は、ニットジュエリーブランド Shingo Matsushita(シンゴマツシタ)が登場する。複雑な手編みによるデザインと独特な感性による配色は唯一無二のクリエイション。鉤針編みのジュエリーやアートワークの展示・販売に加え一部アーカイブ品も展開する。

 

手島紋によるアパレルブランド Tabrik のイベントを開催

2018.05.22 1 year ago

水金地火木土天冥海にて、手島紋によるアパレルブランド タブリク(Tabrik)のイベントを開催する。今シーズンは、「水辺の洗濯」というイメージのもと制作。古くから様々な風景画に登場してきた小さな川、泉、運河で、光の反射が眩しい水面に浮かべた洗濯物、木陰や家々の間に干された風にたなびく光景を連想させるコレクションとなっている。今回初めて制作された墨染のロングシャツやワンピース、泥藍染のアイテムなど、丁寧な手仕事の詰まったワードローブを豊富なラインナップで展開する。

 

メルカリが東証マザーズに上場へ 直近の売上高は220億円

2018.05.23 1 year ago

東京証券取引所は14日、フリマアプリ大手のメルカリの新規上場を承認した。6月19日に東証マザーズに上場する予定。約500億円を市場から調達する計画で、強化する米国事業に充てる。主力のメルカリ事業は創業以来、累計ダウンロード数が1億800万、月間アクティブユーザーが平均約1030万人(2018年3月時点)と急速に拡大。また有価証券報告書によると、メルカリの2017年6月期の連結業績は、売上高220億円、経常利益が27億円の赤字、純利益が42億円の赤字だった。

「トミー ジーンズ」がダイバーシティに焦点を当てたコレクションを販売

2018.05.22 1 year ago

「トミー ジーンズ」は、2018年春夏シーズンのカプセルコレクションを発表した。同コレクションは個性やダイバーシティ(多様性)にフォーカスし、アーティストであるジェラニ・ブラックマンやIAMDDB、シンガーであるパロマ・フォードやサルマ・スリムス、モデルでありインフルエンサーのT-Bone、Reiをキャンペーンモデルに起用。日本では、6月1日から一部取り扱い店舗、公式オンラインストアで販売する。

商品はデニムの本質にフィーチャーし、ブランドのヘリテージに大胆なネオンカラーを加味。ロゴはモダンな海洋旗デザインに生まれ変わった。また、1997年に販売されたトミー ヒルフィガーのスニーカー”FLY”(日本未発売)をデザインに採用したほか、ウィメンズでは白のセーリングパーカジャケットや赤いデニムジャケット、ブルーのクロップドジーンズを提案。メンズでは、ルーズフィットデニムジャケット、トミー ジーンズのグラフィックを袖部分にデザインしたホワイトパーカなどを投入する。

「スターブリンク」が、レトロフューチャーなポップアップストアを開設

2018.05.21 1 year ago

オフィス・スターブリンクは、ウィメンズブランド「スターブリンク」(starblinc)のポップアップストアを6月1~14日の期間、東京・ラフォーレ原宿に開設する。同ブランドは1960年代のフューチャリスティックな世界観を表現したワンピースが特徴で、素材感やシルエットをモダンに仕上げている。

 

2015年の創業当初はウェブサイトのみで販売していたが、合同展への参加を機にセレクトショップやファッションビルに営業アプローチを強めていた。2017年11月には東京・中目黒に初の路面店をオープン。今回のポップアップストアもブランド初の試みになる。日本製の生地を軸とし、自社のアトリエスタッフが縫製しているのも特徴。3万円台のワンピースが主力で、アクセサリー類も用意する。

皮革関連のトレードショー「第98回 東京レザーフェア」開催、「ネイプ」とのコラボ企画も

2018.05.19 1 year ago

皮革関連企業57社で構成する協同組合資材連は、皮革関連資材のトレードショー「第98回 東京レザーフェア」(TLF)を5月24、25日に開催する。都立産業貿易センター台東館(東京都台東区花川戸2-6-5)を会場に、皮革素材の展示やトレンドセクションの設置、山下達磨「ネイプ」デザイナーによるトークショーなど、バラエティに富んだ内容になる。

 

同展はレザーの需要拡大を目的に、日本最大のトレードショーとして毎年150社以上の企業が参加し、年2回開催している。また、TLFを協賛する「リネアペッレ」(LINEAPELLE)は、革の先進国であるミラノで毎年開催されている世界最大のマテリアル見本市で、世界各国から1100社を超える企業が参加。TLFでは国内皮革産業の発展に向け、リネアペッレの協力を得て日伊両国の最新マテリアルの提案やイベントで、様々な情報発信を行っている。

 

今回は、出展社と「Tokyo新人デザイナーファッション大賞」プロ部門受賞ブランド「ネイプ」(NAPE_)とのコラボ企画を実施。レザー素材のファッションショーに向けて製作するオリジナル商品のパートナー企業を山下デザイナー自ら選定。その後、TFLの12月展でレザーファッションショーを開催する。参加企業は、相川商事、カナメ、吉比産業東京支店、久保柳商店、墨田革漉工業、ストック小島、フジトウ商事、神戸レザークロス、モリトなど。

imago セミオーダー会を開催

2018.05.21 1 year ago

5月25日(金)~5月27日(日)の3日間、 Bazar et Garde-Mangerにて、日本人アーティスト 山下真理子が作り出すジュエリー イマゴ(imago)のセミオーダー会を開催する。 石がもつ色の美しさ、アートのようなデザイン、そして身に着けた時の不思議なフォルムとつけ心地の良さが魅力のジュエリー。 繊細で大胆なデザインは、全て一つ一つ丁寧に作られる1点物となる。

 

Bazar et Garde-Manger

ナタリー・レテによる本のフェアを開催

2018.05.18 1 year ago

http://www.hpfrance.com/Shop/Brand/Le_monde_de_Nathalie.html

5月25日(金)~6月10日(日)の期間、Le monde de NathalieとUsagi pour toi H.P.FRANCE各店にて、フランス生まれのアーティスト、ナタリー・レテがこれまでに制作してきた「本」を集めたフェアを開催する。同時に、『赤ずきん』や『不思議の国のアリス』のようなおとぎ話をモチーフに、ナタリーが描いたイラストをプリントしたシルクスカーフも入荷する。

 

H.P.DECOにてラ・スフルリーのガラス展を開催

2018.05.17 1 year ago

5月26日(土)よりH.P.DECOにて、パリに工房を構える手吹きガラス・ブランド、ラ・スフルリー(La Soufflerie)のガラス展を開催し、約400点のアイテムが店頭に並ぶ。吹きガラスならではの1点1点異なる波打つような表情が、日常のささいなシーンを豊かに彩ってくれる。

ユニクロがフィリピンにグローバル旗艦店、東南アジアでの販売を強化

2018.05.18 1 year ago

ユニクロは2018年秋、フィリピンにグローバル旗艦店をオープンする。店舗面積は3960平方メートルで、東南アジア最大級の店舗となる予定。マニラ・マカティ市の中心地であるアヤラ通りにある最新のショッピングモール「グロリエッタ5」内に出店する。

 

同社は、東南アジアのビジネスを強化するため「マニラをグローバル旗艦店の新しい出店場所として選んだ」という。同店舗は、11の国と地域にある15番目のグローバル旗艦店になる。広い店内では、地元の消費者や世界中からマニラを訪れるユーザーに、大型ディスプレイを始め、最新鋭のデザインコンセプトを生かした購買体験を提供。また、他のグローバル旗艦店と同じく、メンズ&ウィメンズウエア、キッズ&ベビーの全ラインを取り揃える。今回の出店は、ニューヨークの5番街、ロンドンのオックスフォードストリート、パリのオペラ地区、東京の銀座中央通り、シンガポールのオーチャードロードなど世界の主要都市にあるグローバル旗艦店に加え、国際戦略におけるマニラでの重要性を示しているようだ。

仏ブランド「ランコム」が、NYブランド「プロエンザ・スクーラー」とコラボ

2018.05.17 1 year ago

仏ブランド「ランコム」は今秋、NY発のファッションブランド「プロエンザ・スクーラー」のジャック・マッコロー、ラザロ・ヘルナンデスと協業したメイクアップコレクションを販売する。同コレクションは、2人のクリエイターを突き動かす大胆さ、モダニティを強く反映したという。近年の「プロエンザ・スクーラー」は、エルズワース・ケリーやカルメン・ヘレラといった色彩へのユニークなアプローチをする画家からインスピレーションを得ており、こうした色彩感覚を反映させる。「アイコニックで歴史的なブランドとコラボできるなんてまるで夢のようです」とジャック・マッコロー、ラザロ・ヘルナンデスはコメント。同コレクションは8月17日から全国の「ランコム」カウンターで販売する。

クリスマス商戦に特化した合同展「BATOMA vol.13 CHRISTMAS」を開催

2018.05.16 1 year ago

アッシュ・ペー・フランスの場と間事業部は、クリスマス商戦に特化した合同展示会「BATOMA vol.13 CHRISTMAS」を5月23~25日の期間、ラフォーレミュージアム原宿で開催する。約30社が出展し、フレグランスやパーティ商材、食品などバラエティに富んだアイテムをクリスマスギフトとして提案。また、会場内ではクリスマス装飾・空間演出の提案を行うスペースを併設し、「NOSTALGIC CHRISTMAS」をテーマに懐かしい空間を創出する。

 

同社ではクリスマス市場の需要拡大を想定。「場と間」を幅広い商材か揃うクリスマスの合同展示会に発展させる考え。さらに、欧州を中心としたクリスマスの視察実績を生かし、2013年から表参道ヒルズ、ラフォーレ原宿、NEWoMan、大阪・梅田のHERBIS OSAKA、福岡・天神イムズなど、多くの商業施設で装飾も手掛けている。今回参加するのは、アムリタ、グラムビースト、コッテ アンド コー、ライブラリーデザイン、レジュモージェモー、ネコネコデザインペーパーアーツ、東陽機業、アルコデザイン、 セブンシーズ・パスタ、プレザンス、神戸マッチなど。

ガラス作家 猪野屋 牧子のフェアを開催

2018.05.16 1 year ago

H.P.FRANCE Boutique全店にて、ガラス作家 猪野屋 牧子(INOYA MAKIKO)のフェアを開催する。「Seaside」をテーマに、思いきり息を吸い込みたくなるような、澄み渡る空と海、きらきらと眩しく光る夏をガラスの世界で表現。フェアでは、コレクションのオーダー会を行うほか、1点物の商品を多数取り揃える。

 

D-due スケッチコレクションの展開を開始し、旗艦店限定カラーも登場

2018.05.15 1 year ago

5月17日(木)より、全国の取扱い店舗にて、スペイン・ガリシア発ブランド デ・ドゥエ(D-due)のスケッチコレクションの展開を開始する。同コレクションは、リネンの最高峰と呼ばれるイタリア・ソルビアッティ社の上質なリネンで仕立てた夏の定番シリーズ。シンプルながらも体を美しく見せてくれるカッティング、上質な肌触りとふわりと軽やかに馴染んでいく涼やかな着心地が魅力。さらに、ブランドの旗艦店であるD-due H.P.FRANCE限定で、ブラウンのカラーリングが同時発売となる。

 

CORAL&TUSKの新作コレクションが登場

2018.05.14 1 year ago

アッシュ・ぺー・フランス公式オンラインショップ H.P.F,MALLに、NY・ブルックリンで誕生した刺繍ブランド コーラル・アンド・タスク(CORAL&TUSK )の新作コレクションが登場する。今回、デザイナーのステファニー・ハウズリーが描くのは、フランス人画家アンリ・ルソーの作品からインスピレーションを得た、空想の”ジャングル”。ユーモアたっぷりの動物たちがのんびりと暮らす、そこはまさに夢のような楽園。ステファニーはこの新作コレクションを通して、野生生物の保護と、彼らが生息する土地の維持の大切さを語りかけている。

 

CORAL&TUSK販売ページはこちら

無印良品のメイクアップ用品がリニューアル

2018.05.15 1 year ago

無印良品は23日、「肌を健康的にみせる色」をテーマにベースメイク、ポイントメイクの色味を見直したメイクアップ用品の販売を開始する。今回のリニューアルで「色」「パッケージ」「成分」の3つのポイントを見直したという。

 

ベースメイクは従来よりも肌なじみのよい色に変更。血色が良く見えるピンクナチュラルを追加した。リップはナチュラルに仕上がるピンクベージュから、明るい印象のレッドまで幅広い色味をラインアップ。さらにパッケージデザインを統一し、無印良品のメイクポーチに収納できるようコンパクトにしている。また、BBクリームは旅行などに便利な携帯用(10g)タイプを投入する。

山岸慎平「ベッドフォード」デザイナーが、ピッティでランウェイショー開催へ

2018.05.14 1 year ago

山岸慎平「ベッドフォード」(BED J.W. FORD)デザイナーは、伊フィレンツェで行われるメンズファッションの大型展示会「ピッティ・イマージネ・ウオモ」(PITTI IMMAGINE UOMO)に参加する(日程は6月12~15日)。14日には、2019年春夏コレクションをランウェイ形式で披露。ショーでは「アディダス オリジナルス」と協業したアイテムも発表するという。

 

17年度から日本ファッション・ウィーク推進機構とピッティが2年間のパートナーシップ契約を結び、日本のデザイナーを海外へ紹介するプロジェクトとして行っている。これまでに「サルバム」(SULVAM)、「ヨシオ クボ」(YOSHIO KUBO)がランウエイショーを開催している。「ベッドフォード」の山岸デザイナーは「海外で初めてのランウェイショーの舞台がピッティになるとは少し前までは想像もしていませんでした。フィレンツェの地でコレクションを発表できること心から光栄に思っています」とコメント。国内では、16年10月に「アマゾン ファッション ウィーク東京」(Amazon Fashion Week TOKYO)」でショーを行った実績がある。

新作ジュエリー「ティファニー ペーパーフラワー」の販売スタート、NYで大規模イベント

2018.05.13 2 years ago

米ブランド「ティファニー」は3日、新作ジュエリーコレクション「ティファニー ペーパーフラワー」の発売を記念し、ニューヨークの五番街にあるティファニー本店でイベントを開催した。

 

同イベントには、ティファニー最高経営責任者(CEO)のアレッサンドロ・ボリオーロと、チーフ・アーティスティック・オフィサーのリード・クラッコフが出席したほか、女優のエル・ファニング、ゼンデイヤ、ミシェル・ウィリアムズ、モデルのケンダル・ジェンナー、ナオミ・キャンベル、アヴァ・フィリップなどのセレブリティが参加。また、ヒップホップアーティストのエイサップ・ファーグによるパフォーマンスも行われ、会場を沸かせた。

 

さらに、エル・ファニングをフィーチャーした最新広告キャンペーン「Believe In Dreams」のプレミア上映を実施。キャンペーンフィルムは、エル・ファニングがニューヨーク五番街本店のウィンドーを覗き込むモノトーンのシーンから始まる。1961年の映画「ティファニーで朝食を」のオープニングシーンにオマージュを捧げたもので、現実の世界に連れ戻されたエル・ファニングの目の前には、ニューヨークのストリートに音楽や色彩が溢れる演出になっている。

 

「三愛水着楽園」が「サンアイリゾート」へ刷新、大人のリゾート市場を開拓

2018.05.12 2 years ago

ワコールの子会社であるAi(東京、伊藤哲郎社長)は、水着を中心に販売する「三愛水着楽園」を、今年5月に「サンアイリゾート」(San-ai Resort)に刷新する。ブランドロゴやキービジュアルの変更に加え、新たなブランドテーマを「Travel Emotions」(トラベルエモーションズ)とし、旅を通じて着用する体験や感情にフォーカスするという。これまでのボリュームゾーンだったヤング市場のほか、大人のリゾート市場を創出する。

 

「三愛水着」は1955年に銀座で誕生。水着同様、毎年選ぶイメージモデルも大きな注目を集め、タレントや女優を多く輩出している。2015年にはワコールグループの一員となり、水着と下着を融合させた新たなビジネスモデルを展開していた。一方、欧米ではスイムウエア、インナーウエア、ヨガウエアなどマルチユースで利用できるボディウエアが主流となり、新たな傾向として顕在化。そこでAiでは、事業領域を「ファッショナブル・ボディデザイン」とし、ワコールのからだに関する研究開発力やノウハウを活用した水着やボディウエアを開発する。そごう横浜店(5月15日)を皮切りに、渋谷モヴィーダ館(5月23日)、そごう千葉店(5月24日)、小田急ハルク(5月30日)など、7月時点で約70店舗のリブランディングを予定している。

ONLY for YOU セラミックレターオーダー会を開催

2018.05.11 2 years ago

5月12日(土)~5月27日(日)の期間、Bazar et Garde-Mangerにてセラミックレターのオーダー会を開催する。イタリアの太陽をたっぷり浴びた、はっとするような発色と輝く美しさが特徴のセラミックレター。7色のカラーブロックを組み合わせて、お気に入りフレーズをお部屋に飾ってみては。

Bazar et Garde-Manger

MARUNOUCHI WINDOW GALLERYにて赤羽祐樹個展「error correction」を開催

2018.05.10 2 years ago

5月11日(金)よりH.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIにて赤羽祐樹個展「error correction」を開催する。人間の視覚の不確かさを、カメラというツールを用いて実証を行い、表現を続ける赤羽祐樹。日常的に目にする物は、写真という平面に変換されることで、そこに纏う記号を剥がされ、一瞬にしてその記号内容の読み取りを曖昧にさせられる。 そういった「このイメージは何であるのか」という知覚のエラーに対し、error correcting code(誤り訂正符号)として、今回の作品では消しゴムを被写体に撮影を行っている。”モノを見る”ということはどういうことなのか、写真というイメージを通して理解・認識するとはどういうことかを観るものに問いかける。

■会期: 2018年5月11日(金)~6月7日(木)

「マックス ブレナー」から夏に向けたチョコミントシリーズが登場

2018.05.10 2 years ago

イスラエル発のチョコレートブランド「MAX BRENNER」は、サマーシーズンに向けた「MAX BRENNER チョコミントシリーズ」の第1弾として、ホワイトチョコミントシェイクの販売をスタートした。同シェイクは、フレッシュなミントの葉とホワイトチョコレートをブレンドし、ホイップクリームをトッピングした爽やかな甘さのフローズンドリンク。仕上げのミルクチョコレートチャンクの食感もアクセントになっている。販売は8月末までの期間限定で、価格は620円。MAX BRENNERの東京ソラマチ店、イクスピアリ店、ルクア大阪店、ラシック名古屋店、ラフォーレ原宿店で販売し、今夏には第2弾、第3弾のチョコミントシリーズが登場する。

9月開催「インターテキスタイル上海」に日本企業が継続参加、JFW推進機構が主導

2018.05.09 2 years ago

世界最大規模の素材見本市「インターテキスタイル上海」(Intertextile Shanghai)において、日本企業が継続出展する。同展のメインとなる国際館で、日本ファッション・ウィーク推進機構(JFW推進機構)が主催するジャパンパビリオンを設置。ジャパンパビリオンとしての参加は10回目(春展を含めると14回目)を数え、現在ではJFW推進機構の国際化事業の柱になっている。

 

出展するのは、アタゴ、宇仁繊維、エイガールズ、アイリス、熊澤商事、ジャパンブルー、コスモテキスタイル、サンウェル、サンマリノ、双日ファッション、第一織物、田村駒、豊島、モリリン、蝶理、クロップオザキなど約30社。出展期間は9月27~29日で、会場は中国国家会展中心になる。

 

前回のインターテキスタイル上海は、出展者が計4500社を超え、32カ国・地域から天然素材や合繊、服飾資材、繊維関連のテクノロジー企業が参加。規模世界一を標榜する素材見本市として、3日間の会期で77万人以上のファッション関係者を集客している。また、同展の国際館では、ドイツ、フランス、トルコ、ミラノウニカ(イタリア)がパビリオン形式で参加。さらにアジアからは、日本、韓国、台湾、タイ、インド、インドネシアなどが出展している。

映画「ピーターラビット」公開記念オフィシャル商品を販売

2018.05.08 2 years ago

CONCENTO PARIS H.P.FRANCE 銀座・大阪店にて、5月18日(金)より公開する映画「ピーターラビット」のオフィシャルグッズを販売する。ステーショナリーやハンドタオルなど数量限定で展開し、先着で税抜き5,000円以上を購入するとピーターラビットのノベルティを進呈。また、映画公開初日の5月18日(金)からはピーターラビットの春の新商品を展開予定だ。

CONCENTO PARIS H.P.FRANCE

drama H.P.FRANCEを代表するクリエイターが週替わりで登場

2018.05.09 2 years ago

表参道・青山通りを繋ぐ小道、「青参道」の一角に、日本のクリエイターにクローズアップしたdrama H.P.FRANCEによる「drama creator’s HOME」が期間限定でオープンする。同ショップを代表する16ブランドのクリエイターの空間を週毎に表現し、ジュエリーをはじめ初公開となるアーカイブ作品や様々なアートピースが並ぶ。第1段となる5月9日(水)~5月23日(火)はイロンデール・エ・ペパン(hirondelle et pépin)が登場。6月以降のスケジュールはdrama H.P.FRANCE 公式 Instagramにて随時更新される。

 

■5月9日(水)~5月23日(火) hirondelle et pépin ※初回のみ2週間開催
■5月24日(水)~5月29日(火) Shingo Matsushita
■5月30日(水)~6月5日(火) nicodesign

東京都渋谷区神宮前5-1-15 CHビル 1F

TEL 03-3797-1505

アマン東京「ザ・カフェ by アマン」で、フランスの郷土料理を楽しむイベントを開催

2018.05.08 2 years ago

アマン東京は、東京・大手町の森に包まれた別棟のフレンチレストラン「ザ・カフェ by アマン」で、仏アルザス・ロワール地方の食を楽しめる「アルザス・ウィーク」を5月16~31日の期間、さらに「ロワール・ウィーク」を6月12~30日に開催する。

 

アルザス・ウィークでは、アルザスの郷土料理をワインとともに提供。フランス北東部、ドイツ国境近くに位置するアルザス地方はライン川とヴォージュ山脈に囲まれている。ドイツの影響を強く受けたアルザス地方の料理は、フランスの繊細さとドイツの豪快さを併せ持ち、山に囲まれた盆地であることから肉料理が主流。ランチ、ディナーコースともに、メインは塩漬けにしたキャベツを自然発酵させたシュークルート(ザワークラフト)と豚肉を煮込んだものや、フォアグラのテリーヌなど代表的な郷土料理を用意する。また、ロワール・ウィークでは、豚のリエットや鴨肉など、食の宝庫であるロワールならではの品々を提案。豊かな食材とロワールワインに魅せられた王侯貴族がこぞってこの地方に居を構えたことから、同地方には美しい古城が点在している。

 

ザ・カフェ by アマン https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-tokyo/cafe-by-aman-experience

 

アナ・スイが期間限定イベント「ANNA SUI WORLD」のオープニングセレモニーに登場

2018.05.07 2 years ago

伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージで開催する「ANNA SUI WORLD」に合わせ、デザイナーのアナ・スイが来日した。2日に行われたオープニングセレモニーでは、アナ・スイ自身がマーク・ジェイコブスとコラボに至った経緯やアイテム紹介、リーバイスのカスタマイズ商品などを熱心に説明。アナ・スイは「今回のコラボは、私にとってとてもワクワクする作業だったのですが、みなさんにも楽しいと感じていただけたらと思います。火曜日(8日)までの1週間、ショッピングを楽しんで、ぜひ笑顔になっていただけたら嬉しいです」と語った。8日までの期間、アナ・スイとマーク・ジェイコブス自身を象徴する「ミス&ミスターマーク」のビジュアルアイコンを描いたコラボアイテムや、「リーバイス」のデニムジャケット&パンツにアナ・スイのワッペンを自由に付けられるカスタマイズオーダーなどを用意している。

 

megane and me POP UP SHOP 「お花の中のメガネ展」を開催

2018.05.07 2 years ago

Lamp harajukuにて、神楽坂の花屋「てん.」のフラワーデコレーションと共に、megane and me(メガネアンドミー)のコレクションを展開する。母の日のギフトとして特別なフラワーアレンジメントの販売のほか、megane and meの人気モデル QUINN (クイン)のサングラスよりLamp harajuku限定カラーも登場する。

 

【お花の中のメガネ展】

■期間: 2018年4月28日(土)~5月13日(日)

■場所: Lamp harajuku

 

今年の夏は、JAMIN PUECHのアフリカンカラーで遊ぶ

2018.05.05 2 years ago

今シーズンもJAMIN PUECHがラフィアバッグの展開を開始する。 全てが職人の手作業で編まれるラフィアバッグ。2018年春夏は”PRIMITIVE ELEGANCE(プリミティブ・エレガンス)”をテーマに、立体や刺繍で表現されたアフリカンマスク、揺れるバナナやジオメトリックパターンなどの華やかなモチーフが揃う。

 

ラフィア素材とは、マダガスカル原産の巨大なラフィア椰子を編んで作られるバッグ。 椰子の葉の部分を蒸す、乾かす、の工程を何度も繰り返し、表面の硬い皮を剥ぎ内側の柔らかい繊維だけを取り出す。 何色にも染色されたラフィアを十分に乾燥させた後、地元の職人により丁寧に編まれていく。 ラフィアは他のカゴ素材に比べて軽く、肌触りもやさしく仕上がるのが特徴。 立体的に表現される植物やフルーツなどのモチーフ、まるで絵画のようにラフィアで刺繍を施すテクニックは圧巻のひとこと。

 

 

オニツカタイガーが、ミッキーマウスとコラボしたシューズ第2弾を販売

2018.05.06 2 years ago

オニツカタイガーは、ディズニーキャラクターのミッキーマウス、ミニーマウスとコラボした限定シューズ第2弾を発表した。大人用と子ども用で各2種類を揃え、5月12日から国内のオニツカタイガー直営店、オニツカタイガーマガジンオンラインストアで販売する。同ブランドを代表するモデル「メキシコ 66」をベースとし、ミッキーマウス、ミニーマウスのアイコニックなデザインを随所に散りばめた。カラーはホワイト、ブラックの2種類で、価格は大人用1万5000円、子ども用1万1000円。親子でコーディネートが楽しめる一足に仕上げた。

伊藤壮一郎「ソーイ」ディレクターが収集したヴィンテージ貯金箱を展示、幼少期からコレクション

2018.05.05 2 years ago

伊藤壮一郎「ソーイ」(soe)ディレクターは、自身が収集した貯金箱を展示する「ITO BANK COLLECTION」を開催する。5月9~20日の期間、東京・中目黒のVOILLDを会場に100点以上の貯金箱が並ぶ。

 

伊藤ディレクターは、幼い頃から世界中のヴィンテージ貯金箱を中心に収集。見覚えのある象徴的なモチーフや郷土品、キャラクター、食べ物、動物などジャンルや時代を超え、独自の興味と目線で集積したという。展示物は貯金箱という枠を超え、一つひとつが物語を持ったオブジェとして個性や造形を楽しめる。多彩でユーモアに富んだコレクションを通じ、伊藤壮一郎の審美眼を垣間見ることができる。また同展に合わせ「soe」と加賀美健がコラボした Tシャツ、オリジナルステッカーをVOILLDで限定販売する。

アンリアレイジがApple Watchバンドの新作を販売、ドライフラワーを閉じ込めた仕様に

2018.05.04 2 years ago

アンリアレイジ(ANREALAGE)は、2作目となるApple Watchバンド「ANREALAGE FLOWER APPLE WATCH BAND」 を販売する。デザインは前作に続き、樹脂の中に本物のドライフラワーを閉じ込めたバングルタイプ。マグネットタイプの前作をアップデートし、金具で開閉をするタイプに変更した。新色のブラックでは、黒背景の透明樹脂の中に母子草(アナハリス)とかすみ草を閉じ込めている。製作はすべて手作業で行うため、一つとして同じものがないという。商品はブラックとクリアの2タイプを用意。サイズは38mm、42mmの2サイズで、価格は2万5000円。5月2日からApple Watch at Isetan Shinjukuで先行販売し、翌3日からアンリアレイジ旗艦店(東京都港区南青山4-9-3)などで販売する。

ジャーナル スタンダードで、LA発のバッグブランド「NaNa-NaNa」の限定モデルを販売

2018.05.03 2 years ago

ベイクルーズは27日、LA発のバッグブランド「NaNa-NaNa」の限定モデルの販売をジャーナルスタンダード全店で開始した。同ブランドは、A4、A5など用紙のサイズに設定したPVCのバッグを軸に、ゴミ箱を連想させる“NOT A TRASH BOX”といったユニークなアイテムを提案。今回は、特に人気の高い3型をイエローの配色で用意した。また、同モデルの販売に合わせ、2018-19年秋冬シーズンから展開するブラウン、ホワイトの2色を先行販売している。価格はA5バッグ7560円、A4バッグ9180円、A3バッグ1万800円など。

素材展「プレミアム・テキスタイル・ジャパン」に94社が参加、新規出展は過去最高に

2018.05.02 2 years ago

日本ファッション・ウィーク推進機構(JFW推進機構)は、素材展「プレミアム・テキスタイル・ジャパン」(PTJ)を、有楽町の東京国際フォーラムで5月9、10日に開催する。計94社/125.1小間というブース構成で、2019年春夏シーズン向けのテキスタイルが並ぶ。

 

同展は区切りの15回目を迎え、堅調な開催実績を背景に多くの出展希望者があったという。新規出展はオールブルーや岡本テキスタイル、東京田川、二渡レース、高坂繊維、大定など計13社で過去最高になった。海外勢では韓国(4社)、タイ、トルコ、中国のメーカーも参加する。JFW推進機構では「回を重ねるごとに来場者数が増えている。商品企画における差別化を素材に求める傾向から、アパレル関係者の来場が伸長している」と語る。さらに、823点の素材を集積した「トレンド&インデックス」コーナーを併設するほか、テキスタイルのワークショップを行う。ワークショップでは国内産地のレクチャーを軸に、受講者を募る(職歴5年未満の若手社員を対象)。

JACQUES LE CORREがパラスホテルLe Meuriceにインスパイアされたクルーズコレクションを発表

2018.05.04 2 years ago

ジャックルコー(JACQUES LE CORRE)とフランス屈指の老舗ホテル ル・ムーリス(Le Meurice)のコラボレーション商品を展開する。創業 1835 年、王族や芸術家、世界の来賓を迎えてきたフランス屈指のホテル 『ル・ムーリス』 。その芸術的な建物に印象的な風格と優美な佇まいは、最高峰を誇る”パラス”の称号に相応しい。パリで最も歴史の長いホテルの伝統美を保ちながらも、モダンを融合させたホテルへと生まれ変わり、革新的な進化を遂げている。ル・ムーリスは常に多くの芸術家たちがインスピレーションを受ける場として、愛されてきた。ジャック・ル・コーの代表作”リスボン”は “用の美”のごとく、 無駄を省いたシンプルでエレガントなデザインに、独特な色や素材使いが毎シーズン新しいものを求める好奇心を満たし私たちの心を捉え続ける。今回のコラボレーションでジャックルコーが提案するのは、ホテルのカラーである”オパールグリーン”にインスピレーションを得たハットとバッグ。ホテルの前に広がる、チュイルリー公園の美しい新緑や初夏のパリの街並みにぴったりな爽やかで上品なコレクションに仕上がった。

 

スペイン・ガリシア発ブランド D-dueが新たなホームラインをスタート

2018.05.03 2 years ago

スペイン・ガリシア地方を拠点とする老舗ドレスメーカー発祥のブランド 「デ・ドゥエ」(D-due)が、ホームライン「メゾン デ・ドゥエ」(Maison D-due)を新たに発表した。同ブランドは、ガリシア地方の豊かな生活を思わせるリネン素材を主に使用し、「デ・ドゥエ」の背景にあるライフスタイルをより明確に表現したコレクション。根底にあるコンセプトは、ガリシアの伝統や文化的な側面を見直すことで、現地のアイデンティティの根源と本質に深く結びつき、ブランドが得意としてきた繊維手工業品のすべての要素を取り入れようと試みている 。

 

大振りの糸を使用した刺繍は、ブランドのイメージでもある” 皮肉っぽさ”を込めて、遊び心のあるユニークさと格式高い優美な印象を同時に表現。さらに、港町であるガリシアは海と非常に密接な関係を築いており、魚や甲殻類のような”大西洋のモンスター”が 、テーブルクロスやバッグにダイナミックに刺繍されている。今後、D-due H.P.FRANCE、Exclusive By H.P.FRANCE 名古屋・梅田店の3店舗を皮切りに、全国のアッシュ・ペー・フランス系列店にて展開を開始する。

 

Juana de Aroc x 松岡マサタカ展

2018.05.02 2 years ago

4月27日(金)~5月31日(木)の期間、Juana de Arco 表参道店にてイラストレーター 松岡マサタカ展『リアルヨガ』を開催。ポストカードやブローチ、ステッカー、トートバッグなどを展示・販売します。また、5月3日(木)・5月4日(金)の2日間は、店頭にてJuana de Arcoの商品をお買い上げいただいたお客様全員を対象に、松岡氏による無料の似顔絵イベントを実施します。

 

【松岡マサタカ 似顔絵イベント】

■日時: 2018年5月3日(木)・5月4日(金) 12:00~17:00

■場所: Juana de Arco 表参道店

 

テスト

2018.05.01 2 years ago

BIJOUX bridal instagramキャンペーン

2018.05.01 2 years ago

5月1日(火)~8日(火)の期間中、H.P.FRANCE BIJOUX 全店にて、ブライダルリングのインスタグラムキャンペーンを開催。公式インスタグラム @hpfrancebijoux_bridal をフォローいただき、ブライダルリングをご成約いただいたお客様を対象に、パリのクリエーター ステファノ・ポレッティによるデザインのリングケースに、お二人のお名前を刻印いたします。さらにchigo(チーゴ)、Corinne Hamak(コリーヌ・ハマック)のリングをご成約いただいたお客様へはブランドからのプレゼントをご用意。数量限定となりますため詳細は店舗までお問い合わせください。

※ブライダルカタログのお問い合わせはこちら

H.P.FRANCE BIJOUX 全店

TFA受賞を機に「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス」が海外販路を強化

2018.05.01 2 years ago

デザイナーの海外進出支援「東京ファッションアワード」(TFA)を受賞したブランド「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス」(Children of the discordance)は、パリのショールームに出展したのを機に海外販路を強化する。以前から香港などに取引先を有しているが、今後は欧米市場を軸に営業アプローチを進める。同ブランドでは「自分たちのクリエイションが通用することが分かった。価格設定を含め、再度調整してから商談に臨む」としている。

 

同ブランドは、第4回「東京ファッションアワード」を受賞し、パリのショールームに出展したほか、初のファッションショーを都内で開催。2018-19年秋冬シーズンは、オーバーサイズのトレンチコートやフラワープリントを施したブロードシャツ、バンダナ柄のトップスなどを披露。コレクションピースのアウターは15万円以上と高額だが、10万円前後のコートやブルゾンが豊富に揃い、バイヤーからの評価も上々だったという。同シーズンは60品番以上を用意し、国内で調達した素材のバリエーションも特徴になった。

坂部三樹郎デザイナーと「DMM」が標榜する未来のファッション、パリでデビュー予定

2018.04.30 2 years ago

ECや動画配信サービス主力のDMM.comは、坂部三樹郎「ミキオサカベ」(MIKIO SAKABE)デザイナーと協業し、ファッションブランド「ギディーアップ」(GIDDY UP)の展開をスタートする。坂部デザイナーがブランドを監修し、3Dプリンター技術を提供するDMM.makeを通じてシューズやアパレルを製作。2019年春夏シーズンには、パリコレクション期間中に現地でアイテムを発表する。

 

坂部デザイナーは、以前からファッションビジネスの閉塞感を指摘しており、同ブランドではテクノロジーを介した未来型のファッションテックを標榜する。「デザインをクラウド化しながら、様々なデザイナーが関わる全く新しい『クラウド・ブランディング』という形を目指し、ファッション業界全体のインキュベートにつなげる。学生や若いデザイナーにもスタートアップ段階では使えないような機材や技術に触れ、経験や新たな発見を自分たちのビジネスにつなげてほしい」(坂部デザイナー)。さらに「アジア発で世界に通用するメゾンを作りたい」としている。

ホテルニューオータニが、訪日外国人向けのAIチャットコンシェルジュサービスを導入

2018.04.29 2 years ago

ホテルニューオータニ(東京)は、訪日外国人が快適に滞在できるよう、スマートフォンで利用できるAI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot」のサービスを導入する。同ホテルは1964年の東京五輪開催の際、国からの要請を受け、海外ゲストを迎えるために誕生。現在も、ヒノキ風呂を採用した客室「新江戸シングル」の新設など、2020年東京五輪と増加する訪日外国人に向け、より快適な環境づくりを進めている。

 

同ホテルは1479の客室、38のレストラン&バー、広大な日本庭園、各種付帯施設を持つため、魅力を存分に訴求するために導入を決めた。「Bebot」は、ビースポーク(東京、綱川明美代表)が16年に訪日外国人向けコンシェルジュ業務のAI対応を可能にしたスマートフォン用チャットサービス。ホテルニューオータニと「Bebot」が提携することで、客室・ホテル館内に関する問合せや、周辺の観光スポット、飲食店予約などのリクエストに対し、英語及び中国語でリアルタイムで応答することができるという。また、ホテル館外でも24時間365日利用できる。

韓国アパレル「イムブリー」が日本で公式サイトをオープン、実店舗も開設予定

2018.04.27 2 years ago

インスタグラムで77万人のフォロワーを持つ韓国アパレルブランド「イムブリー」(IMVELY)は、日本で公式オンラインサイトを立ち上げた。同ブランドは、人気モデルのイム・ジヒョンが経営するブランドで、2013年の創業以来、同国で女性ファッションの通販売上1位を記録するなど順調に売り上げを伸ばしている。日本では珍しいカラーバリエーションに加え、日常使いを意識したトレンドアイテムも豊富に揃う。

 

また、日本における総代理店を務めるPAGE-ONER(東京)は、同ブランドの実店舗を今年中に開設する方針を明らかにした。オープンする場所は未定だが、「イムブリー」が手掛けるコスメブランド「ブリーブリー」(VELY VELY)を併せた商品構成で出店。既に韓国では13の実店舗を有し、日本からの来店も増えているという。アパレル製品とコスメはリーズナブルな価格も特徴で、若年層のマーケットを開拓している。

IMVELY 公式HP http://www.imvely.jp

東京デザイナー13組が参加、展示販売イベント「TOKYO FANTASHION」開催

2018.04.25 2 years ago

東京都は5月12日、東京ブランドの認知度向上と販路拡大を図るファッションイベント「TOKYO FANTASHION」を東京国際フォーラムで開催する。同イベントは東京発のクールジャパンを推進するほか、ファッション都市東京の魅力を発信する狙いもあり、ファッションショー&展示販売会で構成。同じく東京都が主催する「Tokyo新人デザイナーファッション大賞」プロ部門の受賞デザイナー13組が参加する。

 

参加ブランドは、Y.O.N.、RIEKA INOUE GNU、The Bleu、NAPE_、MIDDLA、divka、ユキヒーロープロレス、jean genie & hungry freaks, daddy、SHIROMA、SATOKO OZAWA、Motohiro Tanji、Ventriloquist、ワンピースとタイツ。ファッションショーはVentriloquist(15時30分)、The Bleu(16時30分)、SATOKO OZAWA(17時30分)の3組がそれぞれ行う。イベントの入場は無料。

アミューズのアパレル部隊が、国内デザイナーのインキュベーション事業をスタート

2018.04.24 2 years ago

アミューズ傘下の希船工房は、国内デザイナーのインキュベーション事業をスタートした。自社でショールーム機能を立ち上げ、百貨店やセレクトショップを軸に卸先を開拓。現在は「イン-プロセス」「ミドラ」「スリウム」「アヤーム」「ロキト」「ノントーキョー」「エルザ・ウィンクラー」といったウィメンズブランドを担当し、各メゾンのウィークポイントを補完するビジネスを推進している。

 

同社の川守英昭執行役員は「一律の支援ではなく、ブランドによってサポートの形を変えていきたい。営業やPRが苦手なデザイナーもいれば、生産背景が脆弱なブランドもある。さらにアミューズの人脈・ノウハウを生かしたビジネスマッチングもあり得る」と語る。希船工房は、営業の手数料収入などで事業を進め、デザイナーがクリエイションに集中できる環境を整えながら、各メゾンの成長を促す考え。インキュベーションの成果が出た時点で、支援ブランドの拡大も視野に入れる。

 

同社は、芸能プロダクション大手アミューズの子会社で、アーティストのグッズ製作や飲食事業などを展開。近年はアミューズのアパレル部隊としての色彩を強め、「ミュベール」を運営するフレンズを傘下に収めたほか、鷺森アグリの「アグリス」を運営するアラウンズ、メンズブランド「ジュンハシモト」を運営するコミタスも希船グループに加わっている。今後もファッション事業を強化する方針で、ブランドへの資本参加や再生を含めたビジネスを推し進める。

伊ブランド「フィラ」が90年代の人気モデルを復刻、47組のアーティストやデザイナーと協業

2018.04.23 2 years ago

伊ブランド「フィラ」(FILA)は20日、ニューヨーク、ソウル、東京の3拠点同時にポップアップストアを開設する。90年代に「FILA」が販売したモデル「マインドブロワー」「マインドブレーカー2.0」を復刻し、さらに特徴的なコラボシューズを同ショップで販売。コラボシューズは、世界的に有名なアーティストやリテーラー、インフルエンサー、デザイナーなど計47組がデザインを担当している。マインドブロワーやマインドブレーカー2.0のシルエットを独自の視点で捉え、カラーやグラフィック、追加されたデザインエレメンツを通じてクリエイティブな美意識を表現したという。価格は1万1000~1万3000円。

メルカリの株式上場で「ファッションの勢力図」はどう変わる?

2018.04.21 2 years ago

昨年から話題になっているフリマアプリ大手、メルカリの株式上場が現実味を帯びてきた。日本経済新聞が度々報じているほか、NHKも4月18日のニュースで「今年6月にも東証マザーズに上場する見通し」と伝えた。仮に上場すると、今年最大の新規上場となる可能性が高い。時価総額は2000億円を超え、調達した資金は米国、英国事業の強化や国内サービスの向上に充てるようだ。

 

メルカリの創業は2013年。インターネット上でのフリーマーケットを可能にし、個人間取引を簡潔にしたサービスで業績を伸ばしている。同様のサービスでは後発だったが、現在は業界のリーディング企業となった。出品数は1日で100万点を超え、カテゴリー別ではウィメンズのファッション製品(アパレル、ジュエリー、雑貨)が取扱いトップになっている。

 

既にリユース業界を駆逐しているとも言われ、不用品を持ち込んで現金化する大手チェーン店は危機感を強めているようだが、最大の供給元となっているファッション企業もメルカリの動向を注視している。「いらなくなった服を捨てる」という行為が減少し、CtoC(個人間取引)で中古・新品の服が流通することで大きな影響が出てくる。ある大手アパレルの関係者は「現時点でも(メルカリの)影響が出ているが、さらにサービスが向上すると出品数が増えるだろう。10~20代女性は違和感なくメルカリを利用している。ECの脅威とは違う、別の怖さを感じる」と語っている。流通を軸にファッションビジネスの勢力図が激変するなか、業界のメインプレイヤーとなったメルカリの戦略に注目が集まる。

国交樹立60周年、インドネシアのデザイナーが東京でショーを開催する理由

2018.04.19 2 years ago

アジアのセンターを標榜する「アマゾン ファッション ウィーク東京」(AMAZON Fashion Week TOKYO)において、インドネシア発の有力デザイナーがファッションショーを開催した。これまでもタイやフィリピン、ベトナムなどから参加実績はあるが、インドネシアのデザイナーは定期的に東京でショーを行っている。

 

2018-19年秋冬シーズンは、経済産業省が実施するデザイナー研修プログラム「Asian Fashion Meets TOKYO」に参加した2ブランドに加え、「パトリック オウエン」「エックスエスエムエル」もショーを実施。彼らは国際市場に踏み出す一歩として、東京のファッション・ウィークを選んでいるようだ。

 

研修プログラムの「Asian Fashion Meets TOKYO」は5年目を迎え、同国の「エヌワイ バイ ノヴィタ ユンス」(NY by Novita Yunus)、「アイケイワイケイ」(I.K.Y.K)が意欲的なコレクションを披露している。両ブランドは、日本の文化やマーケット、生産背景、マーケティング、繊維業とのコンタクト方法などを習得。経産省の担当者は「日本とインドネシアの関係強化に向け、順調に進捗している」とした。一部ではインドネシアの伝統的な生地「バティック」と、日本の「絞り染め」の技術を組み合わせた提案もあり、興味深いドレスを発表している。

 

自身のバックボーンや社会的要素をデザインに落とし込んだ「パトリック オウエン」は、アートとの融合を狙った挑戦的なコレクションだった。玩具の「レゴ」から着想した単品もあり、モダントラディショナルというカテゴリーでまとめている。さらに「エックスエスエムエル」は、インドネシアのローカル性に焦点を当てたコレクションで、儚いフラワープリントや翡翠、テラコッタのカラーリングでドレスを構成した。

 

今年、日本とインドネシアは国交樹立60周年を迎え、相互の文化交流が進むと考えられる。東京でファッションショーを行ったブランドは自国を始め、タイ、シンガポールなどASEAN地域での販売実績はあるが、日本に取引先はない。参加したデザイナーにコメントを求めると「日本市場で販売したい。日本発のカルチャーやストリートファッションが好き」という共通意見もあった。ここ2~3年でインドネシアのクリエイション力が向上し、東アジア、とりわけ日本のマーケット開拓に力を入れている。その一方、インドネシアの市場開拓を狙う日本企業にとっても、今季のショーは参考になったはず。この関係性を維持することで、ファッション産業に好循環を生み出したいところだ。

 

「デシグアル」が、クリスチャン・ラクロワ制作による限定コレクションを販売

2018.04.17 2 years ago

スペイン発のブランド「デシグアル」(Desigual)は18日、クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)氏が制作した限定カプセルコレクション「エクセプショネル バイ ムッシュ クリスチャン・ラクロワ」(Exceptionnel by Mr. Christian Lacroix)を販売する。同コレクションは、ポロシャツやジャケット、ポンチョ、ワンピースなどで構成。デシグアルストア原宿、デシグアル大阪梅田店、デシグアルウェブサイトに商品が並ぶ。ラクロワ氏は。「このコレクションは着る人のニュアンスで着用することができ、フォーマルではなく陽気でカルチャー的なものである」とコメント。両者は2012年から交流があるという。今後は水着やTシャツ、ショートドレスなどを展開する第2弾の販売を予定。

「H&M」のコラボ相手は「モスキーノ」に決定、11月上旬から販売

2018.04.16 2 years ago

スウェーデン発のブランド「H&M」は、2018年度のコラボレーションに、ジェレミー・スコットがクリエイティブ・ディレクターを務める「モスキーノ」(MOSCHINO)を指名した。既に、モデルのジジ・ハディッドからジェレミー・スコットへのライブコール(インスタグラム)で発表していた。コラボアイテム「MOSCHINO [tv] H&M」は11月8日から、世界各地のH&M限定店舗およびオンラインストアで販売する予定。ジジ・ハディッドからジェレミーへのコールは、カリフォルニアのコーチェラで開かれたパーティで映し出されたという。その場で、ジェレミーとジジは「MOSCHINO [tv] H&M」コレクションをまとって登場。ストリートカルチャーやグラマラスなモチーフを採用したウエアを初披露している。今回のコラボで、ウィメンズ&メンズウエア、アクセサリーをデザインする。

アメリカンラグ シー ジャパンが事業終了、8月に全店舗をクローズ

2018.04.15 2 years ago

サザビーリーグは11日、関連会社アメリカンラグ シー ジャパンが運営する「アメリカンラグ シー」(AMERICAN RAG CIE)事業を9月末で終了すると発表した。新宿フラッグス店や名古屋店、ルクア大阪店、札幌ステラプレイス店なども順次閉店し、8月末には全店舗をクローズする見通し。
同社が閉店を発表する一方、米本国インダストリーズ・ワーツ社は、オンラインビジネスを中心とした事業継続を検討しており、2019年に改めて店舗を展開することについても検討中という。日本法人アメリカンラグ シー ジャパンは、米国ロサンゼルスを拠点とする「アメリカンラグ シー」を展開するため、サザビーリーグとインダストリーズ・ワーツ社の合弁で1998年に設立。サザビーリーグが80%を出資し、運営のイニシアティブを取っていた。当初は米国カルチャーやビンテージテイストを織り交ぜたMDで人気を集め、売り上げ規模を拡大。しかし、昨年から店舗数が減少していた。

「イッセイ ミヤケ」がミラノサローネ期間中に企画展、体験型のアート作品を展示

2018.04.14 2 years ago

「イッセイ ミヤケ」(ISSEY MIYAKE)は、世界最大の家具見本市「ミラノサローネ」の期間中、企画展「『My first me』展ー自分にとっての初めての自分ー」をミラノにある旗艦店(MILAN Via Bagutta 12, 20121 Milan)で開催する。同展は、東京藝術大学大学院 映像研究科教授の佐藤雅彦がディレクションし、体験型のアート展示や「イッセイ ミヤケ」のブランド哲学に迫る映像作品などを展開する。会期は4月17~4月22日。
自分の指紋が社会の中で多くの指紋に紛れてしまっている様を再認識させる「指紋の池 2018」や、ある人が覗いている自分の姿を自分自身で覗くことができる「私は、あの人が見ている私を見ている」といった作品で、現代社会の冷たい表層を描き出す。佐藤教授は独自の方法や考え方で、映像・アニメーション・グラフィックデザインの研究と開発、さらに脳科学と表現の研究など、分野を超えた活動を行っている。代表作にプレイステーションソフト「I.Q」、NHK教育テレビ「ピタゴラ スイッチ」。展示作品に「計算の庭」(2007年、森美術館)などがある。

「H&M」が安室奈美恵とのスペシャルコラボを発表 アジア地域でも販売へ

2018.04.13 2 years ago

「H&M」は、安室奈美恵をゴールデンウィークのキャンペーン・アンバサダーに起用することを発表した。日本発の企画としてアジア地域にも発信。企画名を「ナミエ アムロ × H&M」(Namie Amuro × H&M)とし、4月25日から全国の「H&M」店舗とオンラインで販売する。

 

また、H&Mジャパンのルーカス・セイファート社長が安室に送った手紙を4月10日付の新聞朝刊に掲載。セイフォート社長は「数多くの女性が、自立、エンパワーメント、そして自己実現に向かって邁進している今日において、多くの夢は不可能ではないということを自らの生き方で示されてきた安室さんは、まさに輝く星のような存在」と表現。コラボ実現へ熱い思いを綴っている。同コレクションは、フェミニンで洗練されたシルエット、涼しげなテーラリング、青空を連想させる爽やかなデザインが多数登場する。価格はトップス1299円、ボトムス1299~5999円、ワンピース2999~3999円など。

「タグ・ホイヤー 銀座 ブティック」のオープニングにアンバサダーのベラ・ハディッドが登場

2018.04.12 2 years ago

東京・銀座に今月オープンした「タグ・ホイヤー」の新コンセプトブティック「タグ・ホイヤー 銀座 ブティック」のオープニングイベントが9日に行われ、モデルでアンバサダーのベラ・ハディッドが来日した。

 

ベラは、自らの限定モデル「タグ・ホイヤー リンク レディ ベラ・ハディッド エディション」を身につけ、タグ・ホイヤー CEO兼LVMHウォッチ部門プレジデントのジャン-クロード・ビバー、歌舞伎俳優の中村獅童と共に、酒樽を開いてのセレモニーに参加。中村は、銀座ブティック限定モデルとして歌舞伎をイメージした時計「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02T GINZA エディション」が販売されたことから、特別ゲストとして招かれた。また、ベラは新ブティックで、自らのビジュアルが採用されている動くファサードや、世界に先駆けて発表されたデジタル・ディスプレイに初めて触れた。同ブランドでは「オムニチャネルブティックでの購入体験と合わせ、顧客にブランドの世界に浸れる機会を提供する」としている。

井上里英香デザイナーが、ASEAN地域の伊勢丹に限定店を開設

2018.04.11 2 years ago

井上里英香「リエカ イノウエ ヌー」デザイナーは、ムスリムファッションから着想したブランド「エム バイ リエカ イノウエ」(M BY RIEKA INOUE)において、ASEAN地域の伊勢丹へポップアップストアを開設する。伊勢丹スコッツ店(シンガポール・5月5~17日)、ISETAN THE JAPAN STORE(マレーシア・5月19~6月21日) にそれぞれオープンし、身体のラインを極力出さないカットソードレスなどを並べる。同ブランドは、2018年春夏シーズンから展開をスタート。ムスリム以外にも訴求できるMD構成が特徴になっている。日本国内においても販路を広げつつあり、単品でモード感のあるスタイリングが組める商品が好評という。

日本最古の御香調進所「薫玉堂」が都内初出店、オーダーメイドの調香も

2018.04.10 2 years ago

中川政七商店は、同社がサポートする香りの総合ブランド「薫玉堂」(くんぎょくどう)の都内初の直営店が26日、東京駅に隣接するJPタワー内の商業施設「KITTE」に開設する。薫玉堂は文禄三年(1594年)、京都・西本願寺前において本願寺出入りの薬種商として創業。以来、儀式の場、また日常の中でその時代の香りを作り続けてきた日本最古の御香調進所になる。

 

代々伝わる「調香帳」には、長い年月をかけて自然が育んだ香木や、薬種として漢方に使われるものが数多く記されているという。同店舗では「香りを誂(あつら)える」をコンセプトとし、20種類以上の原料の中から、一人ひとりに合った香りを調香するワークショップを実施。完成したオリジナルの調香帳は持ち帰ることが可能で、再来店時に同じ香りを作ることができる。

オニツカタイガー × コーヘンがコラボ、ニットツイードをシューズに配置

2018.04.09 2 years ago

アシックスジャパンは、米富繊維のファクトリーブランド「コーヘン」(COOHEM)とコラボしたシューズ4品番を企画した。4月20日から国内のオニツカタイガー直営店、オニツカタイガーマガジンオンラインストアで販売。価格は2万9000~3万4000円になる。

 

同シューズは「オニツカタイガー」ブランドから展開。バスケットボールシューズをベースとした「ファブレ ニッポン」 とローカットタイプ「ファブレ ニッポン ロー」を基に製作した。ホワイトをベースにレッド、ネイビーなど、いくつものカラーや異素材を編み立てた「コーヘン」オリジナルのニットツイードをアッパー部分に施し、モダンなスタイルに仕上げた。「コーヘン」は、山形県の老舗ニットメーカーである米富繊維のファクトリーブランドとして2010年に誕生。ブランド名は、形状の異なる複数の素材を組み合わせて編み立て、まったく新しい素材を産み出す技術「交編」(こうへん)に由来している。ウィメンズ&メンズウエアは国内外に販路を広げ、近年は服飾雑貨も強化している。

強まる海外志向、東京デザイナーの現状と課題

2018.04.08 2 years ago

2018-19年秋冬シーズンの「アマゾン ファッション ウィーク東京」(Amazon Fashion Week TOKYO)において、計59ブランドがファッションショー&インスタレーションを行っている。事後取材を続けると、多くのデザイナーが欧州のコレクション・ウィークやアジア各国へのマーケット進出を目指していることが分かった。東京で実績を積み、海外進出を狙うスタンスだが、その道程は険しい。苦心する東京デザイナーの課題と現状を追った。

 

今季の東京で最も反響が大きかったブランドが「マメ」(Mame Kurogouchi)だったと言える。ショーのインパクトも強く、日本の民具や工藝、四季のうつろいに影響を受けたスペシャルなピースについても評価が高かった。先に行ったパリでのプレゼンテーションよりも規模が大きく、その世界観も伝わっている。同ブランドは創設から8年目を迎え、海外での展示会は約4年前からスタート。米国の有力ショールーム「ザ・ニュース」と契約しながら販路を開拓しており、取引先アカウントは国内60件、海外10件で、近年は中国本土やアメリカ、フランスでの取引量が増えている。パリ、東京での発信が海外販路の拡大に繋がるのか、セールスにも注目する必要がありそうだ。

 

ここ数シーズン継続してショーを行っている「ファイブノット」(5-knot)は、中国本土での取引先が約30アカウントにまで拡大(上海、広州、寧波など)。欧州や東南アジアにも卸先を増やし、有力店での取引量も増えている。今季のショーは、ボリューム感のあるレイヤードを採用し、異素材のコーディネートや難しいカラーリングをうまくまとめていた。その殆どを国内生産で対応しているが、日本製を大きく謳っておらず、クリエイションとテイストで勝負している。注視したいのは、着実に販路を増やしている点だ。一過性のビジネスではなく、海外ショールームやセールス担当から意見をフィードバックし、ブランドの強みとすり合わせている。ショーとショールームへの参加を継続しながら、ビジネスを拡大している好例といえる。

 

 

同じくショーを継続させている「グローイング ペインズ」(GROWING PAINS)は、ジョイス(香港)、NLF(台湾)、STYLISH BLVD(韓国)、H.ロレンツォ(米国)など、主にアジア地域で取引先を増やしている。アジアでは、ファッションアイコン&DJとして活動するマドモアゼル・ユリア=デザイナーの知名度が高く、バイヤーは関心を持って展示会に訪れている。その一方で、コレクションテーマによって打ち出す商品が大きく変わり、軸となる単品が発信できていない。話題を集めるショーができているだけに、早くセールスに繋げたいところだろう。徐々に品番数が増えており、課題に対しての取り組みを強化している。

 

 

モデルを着替えさせるインスタレーションで話題を集めた「アキコアオキ」(AKIKOAOKI)は、取引先アカウントが10件程度で推移している。ファッションコンテスト「LVMHプライズ」でショートリスト(セミファイナル)に選出されるなど、注目度は格段にアップしているが、課題はセールス。展示会では取引先を意識しながら、型数を40品番に拡大した。バイヤーの反応も良く、新規の卸先も増えている。しかし、ブランドの顔ともいえるドレスやアウターが1サイズしかなく、生産面の課題が残る。ファッションショーの継続も大事だが、ビジネスの本番は展示会。コマーシャルラインの充実など、現在の話題性や強みを生かす戦略が求められる。

 

 

充実したファッションショーを商談に生かすには、展示会の充実が不可欠。しかし、ショーでほぼ完結してしまう若手デザイナーも多く、ビジネスに繋げることができない。東京でのビジネスがおぼつかない中で、中国や東南アジアに販路を広げようとしても厳しい現状が待っている。上記に紹介したブランドは、よく考えながらショーと展示会を行っている。それでも国内外へ販路を広げるには苦心している。この現状をどう見るか、もう一度ビジネスを見直す必要がありそうだ。

開業から1年 ギンザ シックスの来場者数が2000万人を突破、売上高は600億円へ

2018.04.07 2 years ago

4月20日に開業1周年を迎える商業施設「ギンザ シックス」(GINZA SIX)は、年間総来場者数が2000万人を突破する見通しであることを明らかにした。年間売上高は600億円を超え、軸となる20~60代の男女がリピーターとなっている。さらに海外の富裕層も来館していることから、当初の計画値をクリアするという。

 

今後は、海外のラグジュアリーモール (LANDMARK、TAIPEI 101)と提携した上顧客の相互送客施策を開始。また1周年を機に、建物中央の展示を、フランス人アーティスト「ダニエル・ビュレン」(Daniel Buren)の新作アートへ切り替えた。同施設は開業以来、銀座中央通りの核施設として機能し、集客においても銀座エリア全体をけん引している。東京メトロ銀座駅から定期外での乗車人数が1日あたり約7400人増加したというデータも公開された。

エイネット「ズッカ」が、日本ユニシス実業団バドミントン部に移動用スーツを提供

2018.04.06 2 years ago

エイ・ネットが展開する「ズッカ」は、国内実業団の強豪「日本ユニシス実業団バドミントン部」に移動用スーツを提供した。バドミントンというスポーツに全力を傾けながら、コートの外でも社会貢献活動に取り組む同バドミントン部の姿勢や活動方針に共感。国内リーグで全国各地を飛びまわる際にチーム全員が着用する移動用スーツを「ズッカ」が提供した。

 

着心地の良い服づくりを大切にしながら、ブランドのスパイスを利かせたネイビーのカジュアルスーツは、軽量と伸縮性、通気性を重視。移動中のストレス軽減や、シワになりにくいなどのイージーケアを考慮したスーツになる。裾にはファスナーを配し、選手の動きやすさを追求するとともに遊び心を加えている。また「BADMINTON S/J LEAGUE 2017」が2月4日に最終戦が行われ、女子チームは2年ぶり5度目の優勝を果たした(男子チームは準優勝)。

ニック・ウースターが語る、東京デザイナーが海外で戦うための方策

2018.04.05 2 years ago

国内デザイナーの海外進出支援「東京ファッションアワード」(TFA)の審査員を務めるクリエイティブ・ディレクター、ニック・ウースター(Nick Wooster)が「ルームサービス」のインタビューに応じた。同氏はTFAの設立当初から審査員を務め、東京ブランドの強みや弱点を指摘している。選定にあたってはバラエティに富んだクリエイションを重視し、東京ブランドの多様性を提案したという。2018-19年秋冬シーズンのファッション・ウィークを観て、率直な印象を聞いた。

 

冒頭、TFAについて「素晴らしいコレクションもあった。『東京ファッションアワード』の審査をしている立場上、具体的なブランド名を明かすことはできないが、東京のマインドにうまくフォーカスしていたと思う」と語った。また「私は常々、日本のテキスタイルや工場のテクニックを使うことを提言してきた。それは、国際的に(東京のブランドが)戦うための方策でもあるからだ。ただ、特別感のありすぎるテキスタイルやディテール、機能性に凝ると、消費者の手に負えない商品になってしまう。それは価格だったり、メンテナンスだったり、負の側面を生むことになる」と続けた。調達した素材や機能性を雄弁に語るデザイナーは多いものの、クリエイション本来のオリジナリティが大事だとしている。

 

今後については「東京ブランドのポテンシャルは高いと思っているが、目指す場所(ブランドのポジショニング)やデリバリー体制など、海外進出にあたって基本的な作業を再度確認してほしい。欧米の有力ショップは納期遅れを一番嫌う。こうした経験も海外に行くことで分かる。アワードの受賞者が海外で成功している姿を見ると、デザイン面だけではない要素においても評価されている。総合的なバランス感覚に優れたブランドが、世界を相手にコレクションを販売することができる」と、生産背景を含めたブランドの総合力を強調した。

GUとキム・ジョーンズのコラボ第2弾、サマーコレクションの販売が決定

2018.04.04 2 years ago

ジーユー(GU)とキム・ジョーンズ(Kim Jones)のコラボコレクション「キム ジョーンズ ジーユー プロダクション」の第2弾となるサマーコレクションの販売が決まった。4月27日から日本、台湾、香港の一部店舗(超大型店、大型店)とオンラインストアで販売する。

 

元「ルイ・ヴィトン」(LOUIS VUITTON)のメンズ アーティスティック・ディレクター、キム・ジョーンズとの「キム ジョーンズ ジーユー プロダクション」は、3月17日にドーバー ストリート マーケット ギンザで先行販売し話題を集めた。また第2弾となる今回は、同氏が2008年に活動を休止したブランド「キム・ジョーンズ」07年春夏コレクションで発表したグラフィック“You WANT ME to say WHO I AM ?”のレタープリントを採用。販売日の4月27日から期間限定で「KIM JONES GU PRODUCTION」サマーコレクションのジーユー銀座店スペシャルディスプレイが登場する。

 

マッシュ傘下の巴里屋が「WAVE」の商標権を取得、アパレルや音楽レーベルを始動

2018.04.03 2 years ago

マッシュホールディングス傘下の巴里屋(パリヤ)は、かつてセゾングループが展開していたオーディオ・ビジュアルソフト販売店「WAVE」(ウェィヴ)の商標権を取得した。今後は、アパレルラインや音楽レーベル、イベントなど多面的なアプローチで拡販。同社のメンズブランド「ミスター・ジェントルマン」(MISTERGENTLEMAN)のオオスミタケシ、吉井雄一デザイナーが同プロジェクトを担当する。

 

「WAVE」は、1980~90年代を中心にレコードショップ、映画館、スタジオなどを有し、音と映像の新しい空間とカルチャーを発信。また、東京・六本木には大型店を開設していた(現在は六本木ヒルズ メトロハットがある場所)。アパレルラインは、3月23日に行った「ミスター・ジェントルマン」2018-19年秋冬コレクションでも披露されている。第一弾のカプセルコレクションは、4月28日からミスター・ジェントルマン青山店、ザ・コンテンポラリー・フィックス京都店でスタートするポップアップストアで販売する(5月6日まで販売)。

過熱するアパレル悲観論をどう見るか

2018.03.30 2 years ago

一連のアパレル企業を巡る報道について、アパレル企業側から「行き過ぎだ」という声が挙がっている。ある大手アパレルの広報担当に話を聞くと、報道内容の9割が架空、憶測のコピペ記事・事実と違う記事だったという。たったの数%が真実のニュースということに驚きを禁じ得ないが、他のアパレル企業も似たような回答があった。

 

酷い内容だと、国内アパレルの自社工場を取材しながらも「実は商社に企画から生産まで丸投げ」という事実無根の記事になっていた。聞いたこともない記者や人物がコピペ記事を拡散するケースも多く、アパレル悲観論を助長する記事が量産されている。筆者は「アパレル企業の回し者」ではないが、アンフェアな状況がアパレル企業を苦しめている。

 

悩ましいのは、国内アパレル市場の売上規模が縮小し、実際に経営環境が厳しくなっていることだ。ブランドの撤退やリストラなど、業績悪化によるマイナス要因が続いていることで「記事が間違っていても大きく抗議できない」とする関係者もいる。毅然とした態度で「これはおかしい」と抗議してほしいものだが、そうもいかないらしい。

 

また今夏、オンワードホールディングスが行った「2017年度上期 オンワードグループ表彰式」で挨拶に立った保元道宣社長は「昨今、われわれアパレル企業に対して、おもしろおかしく書かれた記事を目にする。当社の歴史や販売の現場が努力していることを知らずに書かれていると思うと、腹立たしい。古い企業(産業)の代表のようにされているが、それは違う」と語った。優秀な販売員を表彰する場での発言だが、各メディアが取材する場でもあり、極めて異例の発言といえる。アパレル企業の悲観記事が氾濫する中で、最も懸念されるのが売り場のモチベーション低下である。販売員を激励する意味でも、この発言は必要だったのだろう。

 

しかし、なぜアパレル企業に対する風当りが強くなったのか。業績悪化が表面化した後、2016年6月に発表された「アパレル・サプライチェーン研究会 報告書」が発端と考えている。経済産業省製造産業局が策定した同報告書において「(国際競争で生き残った素材メーカーや縫製企業には、相応に強いものづくりの地力があり、世界と直接つながって成長を続ける例も出てきている)こうした強みをアパレル産業が活かすことができなければ、今後も衣料品の国内生産の減少は避けられないどころか、日本のアパレル産業の存続自体が危ぶまれる」と喫緊の課題を示している。

 

さらに、17年6月に刊行された「誰がアパレルを殺すのか」(日経BP社)が追い打ちをかけた。アパレル不振の原因をサプライチェーンから洗い出し、作れば売れる時代の成功体験に縛られ「思考停止」に陥った業界に警鐘を鳴らす内容になっている。すでに就活生の必読書とも言われ、現在も販売部数は伸びているという。

 

当たり前だが、記事を読む側も冷静な判断が求められる。拡散したウェブ媒体の記事だけで判断するのは危険だ。紙面や週刊紙を読み比べることをお勧めしたいが、時間がない人は自分で判断するしかない。現在、東芝や神戸製鋼、日産自動車など、日本の産業構造を揺るがす不正事件が頻発しているが、より消費者に近い存在である「アパレル」の記事で閲覧数が稼げるという側面もある。掲載するメディア側の事情も透けて見えるが、アパレル企業の業績回復が、悲観論を一掃させることは間違いない。

10月開催「デザイナート・トーキョー 2018」に約200組が参加、街全体がアート会場に変貌

2018.03.29 2 years ago

デザイン&アートフェスティバル「デザイナート・トーキョー 2018」(DESIGNART TOKYO 2018)が10月19~28日に行われる。東京・表参道、原宿、渋谷、代官山、六本木エリアといった街全体がメイン会場となり、国内外から約200組が参加。出展場所は100カ所以上、来場者数は7万人を見込む。昨年と比較し、イベント規模は約1.5倍になるという。

 

同イベントの顔となる「DESIGNART Feature」には、藤元明(アーティスト)、永山祐子(建築家)を起用し、初の大型コラボを実施。イベントのコンセプトを体現するインスタレーションを行う。永山は「去年はイベントを外から見ていました。今回は一緒に仕事ができて光栄」と語った。さらにパートナーカントリーとして、外交樹立150周年を迎えたスウェーデンを迎えている。具体的には、スウェーデン大使館や様々な会場で家具やアート作品を発表。青山通りに面したワールド北青山ビルでは、同国の気鋭デザイナーが意欲作を展示する。

 

イベントの発起人である、青木昭夫(MIRU DESIGN)、川上シュン(artless)、小池博史(NON-GRID/IMG SRC)、永田宙郷(EXS)、アストリッド・クライン(Klein Dytham architecture)、マーク・ダイサム(Klein Dytham architecture)も前回の開催に手応えを感じているようだ。「アート作品の販売を含め、東京にイベントを根付かせたい」(青木氏)としている。今後もショップやギャラリー、カフェ、レストラン、商業施設を巻き込み、一般消費者にもイベントを認知させていく。加えて、若手アーティストの支援やデザイナー同士の交流、クリエイティブ産業の活性化につなげる方針。また「ディーン&デルーカ カフェ」が公式カフェとして協力するほか、作品の購入を促すクレジットを用意するなど、ファイナンシャルからのアプローチも進める。

カナダ発「バンクーバー ファッション ウィーク」に国内外から80ブランド参加

2018.03.28 2 years ago

カナダ発のファッションイベント「バンクーバー ファッション ウィーク」(Vancouver Fashion Week)が3月19~25日に行われた。2018-19年秋冬シーズンの最新コレクションを発表。カナダの人気デザイナーを始め、米国、アジアなど世界15カ国、80以上のブランドがファッションショーやインスタレーションを開催している。
同ウィークは、世界各国から新進デザイナーが参加することでも知られ、挑戦的なクリエイションが披露された。台湾から参加した「Who is ATK」は、スポーツウエアから着想したコレクションで、誇張した肩のシルエットや、ぶら下がった袖などが特徴になっている。また、ニューヨークに拠点を置く中国のデザイナー「Qiongxin Kou」は、ピンクやカナリアカラーのウエアを提案。光沢のあるシルバーブーツは、ソフトなテクスチャーニットと対照的な素材感だ。シルクの輝くフリルとプリーツのレイヤード、キルティングジャケットにはユニークなプリントを施した。年2回に渡って開催される同ウィークは、ニューヨークに次ぐ規模に拡大。日本からは「PERSPECTIVE.tokyo」「NOZOMI KUWAHARA」などが参加した。

藤田ニコルが観た「ガチ中のガチ」のショーとは? 若い女性の感性に注目

2018.03.27 2 years ago

ファッションイベント「アマゾン ファッション ウィーク東京」(Amazon Fashion Week TOKYO)の新たな試みとして、一般消費者に訴求力のある人物をアンバサダーに起用した。オフィシャル・アンバサダーのハリー杉山、ニューエイジ・アンバサダーの藤田ニコルがそれぞれの得意分野で同ウィークの認知度向上を図っている。特に藤田ニコルは若年層への拡散が期待され、通常は入れないショーのバックステージにも潜入したという。今回、ファッションショーを観た印象を藤田ニコルに聞いた。

 

今回は「ドレスドアンドレスド」(DRESSEDUNDRESSED)など5ブランド以上を観ました。バックステージに入ることができたんですが、誰よりも早くトレンドアイテムやカラーリングを知ることができて嬉しかったです。また、ミスが許されない生演奏でファッションショーを行うことにも驚きました。
モデルとして「東京ガールズコレクション」(TGC)に出演したことがあります。TGCは、オンシーズンのアイテムを着用するのですが、「アマゾン ファッション ウィーク東京」は半年先の秋冬ウエアですよね。モデルさんもカッコよくて、メイクやスタイリングにも時間を掛けています。すべて「ガチ中のガチ」でショーをするスゴさ感じました。一方のTGCは(出演モデルの)人気を確かめるみたいなところがあって、ちょっと意味合いが違うんです。私自身もファッションブランド「ニコロン」(NiCORON)をプロデュースしていますが、ランウェイショーの裏側を見ることができ、とても勉強になりました。
今回「アマゾン ファッション ウィーク東京」のニューエイジ・アンバサダーとして活動しました。でも、同年代の女子はこのウィークのことを知らないんです。ツイッターでイベントのことを挙げたときに「それは何?」とコメントが来ました(藤田ニコルさんのツイッターフォロワー数は約235万人)。知らない人が多いので、これからもツイッターで発信していきます。インスタグラムよりも、コメントが書けるツイッターの方が得意なので(笑)。
若い人に向けては、ショーの後に試着できるイベントだったり、ケータイで写真をたくさん撮れる場所があるといいですね。若い女子はショーの画像を残したいし、周囲に見せたいんじゃないかな。今日は「G.V.G.V.」のドット柄ワンピースを着ています。実は(3月22日夜の)「G.V.G.V.」のショーを観て、「こんな柄の組み合わせがあるんだ!」と驚きました。(サイケデリックな幾何学柄を使い)目がチカチカしそうな柄を合わせていましたが、不思議とコレクションとして成立していたんです。これもスゴいことですよね。やっぱり次のシーズンも「ガチ中のガチ」のショーを観たいと思っています!

H&Mが日本のアウトレットモールに初めて出店

2018.03.26 2 years ago

H&Mは4月27日、日本のアウトレットモールに初めて出店する。イオンモールが広島県佐伯市に開業する「ジ アウトレット 広島」に、売り場面積750平方メートルの1フロアでオープンする予定。ウィメンズ&メンズウエア、キッズ、アクセサリーなどを並べ、トレンドアイテムからベーシックまで、あらゆる世代のユーザーに対応。商品は10~70%オフとなり、オンシーズンのアイテムも投入する。H&Mは、ファッションとクオリティを最良の価格でサステイナブルに提供するというブランドコンセプトの下、2008年に日本に初の店舗を開設して以来、全国に店舗展開を進めている。2018年3月23日現在、国内に82店舗を有している。

複合施設「東京ミッドタウン日比谷」の商業フロアに新業態など60店舗

2018.03.25 2 years ago

三井不動産は、複合商業施設「東京ミッドタウン日比谷」の商業フロアを公開した。これまで観劇や映画、オフィス街として機能してきた日比谷エリアに計1万8000平方メートルの商業フロアが誕生。ファッションや飲食を軸に60店舗が入居し、初年度は来館客数1200万人、売上高130億円を見込む。開業は3月29日。
同施設は地上35階、地下4階の高層ビルで、地下1階~地上7階が商業フロアにある。眼下には日比谷公園が望めるほか、劇場や高級ホテルに隣接した立地。1階にトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」のショールームとカフェを併設した体験型施設が入った。また、東京メトロ日比谷駅に直結する地下1階は、8つの飲食店を集積したフードホールを配置。11スクリーンを用意するシネマコンプレックス「TOHOシネマズ日比谷」は4、5階に入居している。
ファッション系の店舗は1~3階に集めた。タトラス ジャパンが運営するセレクト業態「タトラス&ストラダ エスト」は、伊ブランド「タトラス」の商品を始め、海外で買い付けたアイテムで構成する大型ショップ(約580平方メートル)になっている。さらにゴールドウインが「ザ・ノース・フェイス プレイ」「ニュートラルワークス.ヒビヤ」の2店舗を出店。前者は総合アウトドアショップで、後者はスポーツライフスタイルを標榜するアスレチック店になる。さらに、「三陽山長」(三陽商会)、「ハロー アッシュ・ペー・フランス」(アッシュ・ペー・フランス)などが入居。3階には、書店の有隣堂とクリエイティブ・ディレクターの南貴之が協業した「ヒビヤセントラルマーケット」を配した。同マーケットの店舗面積は783平方メートルで、レトロな居酒屋や理髪店、セレクトショップの「グラフペーパー」などをワンストップで提供するユニークな業態になっている。

 

台湾発のウィメンズブランド「セイヴソン」の強みとは、2人の女性が創作するモダンウエア

2018.03.24 2 years ago

台湾発のウィメンズブランド「セイヴソン」(Seivson)は、日本国内のセレクトショップや百貨店自主編集売り場への営業アプローチを強める。台湾や日本のテキスタイルを使ったクリエイションは、オーバーサイズのアウターや禁欲的なベルト使いのインナーなどが特徴。台湾生産のアイテム群は、価格競争力にも優れている。
同ブランドは2018年春夏シーズンにデビュー。台湾出身のジーチン・シンと台湾で芸能活動をする韓国出身のソン・ミジンの2人がクリエイションを担当。2018-19年秋冬シーズンは、フェミニンなフォルムやカラーリングを採用する一方、インナーに切れ込みを入れるなど、強い女性像を取り入れる一面も。また、曖昧なヌードカラーを使ったアシメントリースカートやコートも打ち出した。同シーズンは約25型を提案。肉厚のコートは6万円前後の価格で、東京のデザイナーズブランドよりも2割程度プライスを抑えている。同ブランドのジーチン・シン=デザイナーは「日本でのビジネスを本格化したい。また、パリでショールームに参加したが、欧州でも手応えを感じている」と語る。

 

「テンダーパーソン」が上海ファッション・ウィークで展示へ、国内も販路広がる

2018.03.23 2 years ago

ヤシゲユウト、ビアンカサユリのデザイナーデュオが展開するブランド「テンダーパーソン」(TENDER PERSON)の販路が広がっている。2018年春夏シーズンから「リステア」に商品が並ぶほか、18-19年秋冬シーズンは、上海の有力ショールーム「K POINT」を通じて中国市場に進出。「上海ファッション・ウィーク期間中に展示を行うが、私たちのウエアがどう評価されるのか楽しみ。ストリート感のあるデザインを押し出していきたい」(ヤシゲユウト=デザイナー)。また、18-19年秋冬シーズンは、不良や警察、作業服のプロダクトをモダンでダイナミックに表現している。背中部分にボックスプリーツを忍ばせたビッグシャツ、ローゲージのジャカード織りで構成したシェブロン柄パンツ、鹿の子と天竺編みをミックスした蛍光カラーポロシャツなど、ディテール面で進化させた約30型を用意。「ブランドの認知度向上を含め、このチャンスを生かしたい」(ヤシゲ=デザイナー)としている。

 

アダストリア「グローバルワーク」の旗艦店が渋谷にオープン

2018.03.22 2 years ago

アダストリアは、カジュアルブランド「グローバルワーク」(GLOBAL WORK)の旗艦店を東京・渋谷にオープンした(東京都渋谷区宇田川町20-11 渋谷三葉ビル1,2階)。店舗は2フロア構成で、総面積は627平方メートル。1階にウィメンズウエア、2階にメンズウエアとキッズラインを展開している。さらに1階には、ウィメンズのスポーツ&ルームラインやドレス系のウエアも用意。同ブランドのフルラインを訴求する路面店とし、同社では「新しいブランドの世界観を表現し、渋谷から全国の各店舗に波及させる旗艦店」としている。

消費喚起イベント「シブヤファッションフェスティバル」を24日に開催

2018.03.21 2 years ago

シブヤファッションフェスティバル実行委員会は、渋谷区とファッション企業などが協力して街全体を盛り上げるイベント「SHIBUYA FASHION FESTIVAL.13」(シブフェス.13)を3月24日に開催する。同イベントは2011年10月から継続して行われ、今回は渋谷・原宿エリアの70店舗以上が参加。店舗ごとにスペシャルイベントや1日限定セールなど、その日だけのオリジナル企画を用意する。また、毎回盛況のイベント限定通貨「渋谷ファッション手当」も実施する。
メインビジュアルは、モデル・タレントとして活躍する「みちょぱ」こと池田美優を起用。前回のカラス族(1980年代)に続き、90年代に一世を風靡した「ギャル」をモチーフに、過去のスタイルを振り返りながら渋谷のファッション性を訴求している。今回の「ファッション手当」は、イベント当日と翌日限定で、1000円&5000円分の買い物ができるイベント通貨を配布(対象店舗のみ)。エリア内の回遊促進とシブフェスのコンセプトである「シブヤでファッションを楽しむ」を具現化する企画だ。シブフェス当日に参加店舗の店頭を装飾するバルーンを撮影、各種SNSへ#シブフェスをつけて投稿するとシブフェス参加ショップで使用可能な「ファッション手当」を抽選で配布する。

DHLが「VETEMENTS × DHL」のアイテムを進呈するキャンペーンを実施

2018.03.20 2 years ago

3月19日に開幕する「アマゾン ファッション ウィーク東京」(Amazon Fashion Week TOKYO)の公式ロジスティクスパートナーであるDHLは、同ウィークの期間中、世界的に注目を集めるブランド「ヴェトモン」とコラボした「VETEMENTS × DHL」Tシャツが当たるキャンペーンを実施する。
昨年11月、現在のファッションシーンをけん引する「ヴェトモン」がDHLとタッグを組み、香港・九龍で1日限定のポップアップストアをオープンした。同ストアでは、巨大なDHLトラックに陳列された商品、DHLをモチーフにした制服に身を包んだ店舗スタッフの制服など、DHLが全面的に支援。同ウィークの主会場となる渋谷ヒカリエでは、香港のポップアップストアで人気の高かったアイテムの「VETEMENTS×DHL」コラボTシャツを特等に、1等のDHLプレミアムテディベア、2等のDHLプレミアムTシャツなどを用意する。応募方法は、DHLジャパンファッションのインスタグラムをフォローし、その画面をスタッフに見せることでDHLのプレミアムグッズが当たる。キャンペーンの期間は3月19~24日。

井野将之「ダブレット」デザイナーが、「LVMHプライズ」ファイナリストに進出

2018.03.19 2 years ago

LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトンが主催するファッションコンテスト「LVMH ヤング ファッション デザイナー プライズ」のファイナリスト9組が発表された。日本からは、井野将之「ダブレット」(doublet)デザイナーが選出。一方、セミファイナリストに残っていた青木明子「アキコアオキ」(AKIKOAOKI)デザイナーは、ファイナル進出を逃した。
井野デザイナー以外では、「エコーズ ラッタ」(ECKHAUS LATTA)のゾーイ・ラッタとマイク・エコーズ、「ア コールド ウォール」(A-COLD-WALL)のサミュエル・ロス、「チャールズ ジェフリー ラバーボーイ」(CHARLES JEFFREY LOVERBOY)のチャールズ・ジェフリー、「マシュー アダムス ドーラン」(MATTHEW ADAMS DOLAN)」のマシュー・アダムス・ドーラン、「カイダン・エディションズ」(KWAIDAN EDITIONS)のハン・ラーとレア・ディックリー、「ボッター」(BOTTER)のルシェミー・ボッターとリジー・ヘレブラー、「ロック」(ROKH)ロック・ファン、「ルドヴィック デ サン サーナン」(LUDOVIC DE SAINT SERNIN)のルドヴィック・デ・サン・サーナンが選ばれた。いずれも強敵揃いだが、「ダブレット」のスタイリングやテクノロジーを駆使したウエアに高評価を与えた審査員も多く、ファイナルにも期待が高まる。同プライズは今年で5回目の開催。同社によると、90カ国から約1300組の応募があったという。ファイナリストは6月6日に審査が行われ、優勝者が決まる。

YG エンタテインメント ジャパンが、コリアンBBQレストラン「サムゴリプジュッカン」をオープン

2018.03.18 2 years ago

YG エンタテインメント ジャパン(東京、渡邉喜美代表)は16日、韓国・ソウルで2015年にオープンして以来、若者の間で人気のコリアンBBQレストラン「サムゴリプジュッカン 東京」を、東京・渋谷にオープンした(東京都渋谷区神南1-20-15 神南101ビル 2階)。店舗面積は約160平方メートルで、席数は70席を用意。独自製法で豚肉の旨味を引き出した肉厚のサムギョプサルや、韓国の代表的な肉料理であるプルコギを軸にスタイリッシュなメニューを展開する。

店舗の運営はトランジットジェネラルオフィスが担当。同社は、世界各国からレストランやカフェ、シェアオフィス、ホテルなどを誘致し、そのプロデュース力を「サムゴリプジュッカン 東京」にも生かす。中心メニューのサムギョプサルは、特製ガーリックマスタードや日本オリジナルのワサビクリームなど4種類のソースを提案。さらにチョレギサラダやネギコッチョリ、韓国式素麺といった単品メニューも充実している。
韓国のYG エンタテインメントは、BIGBANGやPSYをはじめとする多くのアーティストが所属する芸能事務所として知られている。しかし近年は、アパレルブランド「ノナゴン」(NONAGON)やコスメブランド「ムーンショット」(moonshot)のビジネスを軌道に乗せるなど、現代のライフスタイルをカバーするブランド事業を強化。所属アーティストを含め、YGブランドを日本に浸透させていく。

 

パルコが、ロバート秋山による「東京クリエイターズ・ファイル祭」完全版を開催中

2018.03.17 2 years ago

パルコは、ロバート秋山竜次プレゼンツ「東京クリエイターズ・ファイル祭」完全版を4月2日までの期間、パルコミュージアム(池袋パルコ)で開催している。同展は2017年4月に開催し、約5万人を動員。また、関連企画を合わせて全国22万人を動員を突破した人気企画で、今回はキャラクターをアップデートさせるなど、ロバート秋山が扮する総勢39人のクリエイターが登場する。

さらに、同社が運営するコラボカフェ「THE GUEST cafe & dinner」では、同展と協業した「クリエイターズ・ファイル珈琲店」を4月15日まで展開している。店内には、YOKO FUCHIGAMIのランウェイカレーや上杉みちくんオムライス、リシエルのマタニTEAラテなど、ユニークなオリジナルメニューを用意。展示会場では、YOKO FUCHIGAMIプロデュースによる「体モノマネTシャツ」「シルバーバッグ」などの公式グッズも販売している。

 

パタゴニアが「洗濯」によるマイクロファイバー流出を削減するバッグを販売

2018.03.16 2 years ago

パタゴニア日本支社は3月8日、日本初上陸となる洗濯中のマイクロファイバーの流出を大幅に削減する洗濯バッグ「GUPPYFRIEND ウォッシング・バッグ」の取り扱いをパタゴニア直営店とウェブサイトにて開始した。価格は3996円。

同バッグは、洗濯時に抜け落ちる非常に細かいマイクロファイバーを集めるもの。柔らかな表面が繊維の抜け落ちを抑え、その結果衣類の寿命を延ばすという。ドイツのパタゴニアパートナー「STOP! MICRO WASTE」が製造を担当している。パタゴニアはマイクロファイバー汚染問題を深刻に捉え、解決に向けた取り組みを行っている。同ブランドでは「バッグが唯一の解決策というわけではありませんが、『いま、できることとして』バッグの提供を日本でも開始します」とコメント。選択時に化繊の衣類一着から何千ものマイクロファイバーが抜け落ち、最終的に食物連鎖へ侵入し人間の体にまで入り込む可能性があることが指摘されている。

GINZA SIXを新たに加え、第14回「ギンザ ファッション ウィーク」が5店舗の共同開催へ

2018.03.15 2 years ago

今回で14回目を迎えるファッションイベント「ギンザ ファッション ウィーク」(GINZA FASHION WEEK)に、昨年開業した商業施設「GINZA SIX」が加わる。同イベントは3月14~27日に開催。GINZA SIXでは「春、はじまりの季節のあなたに捧ぐ」をテーマに最新の春夏プロモーションを展開するほか、春の訪れを感じさせるスイーツも用意する。

同イベントは松屋銀座、銀座三越、和光、東急プラザ銀座、GINZA SIXの共同開催になる。共通テーマの下で、銀座の街をファッションで盛り上げる。また5店舗共通企画として「GINZA FASHION WEEK × ハースト婦人画報社 オリジナル チャリティ トートバッグ」を限定販売(2000個)。緒方環氏がデザインした同バッグは、 売上収益のすべてを児童健全育成推進財団へ寄付し 、東日本大震災の被災地児童の支援活動に活用する。

ソニーが、国際デザインイベント「ミラノデザインウィーク」に8年ぶり出展

2018.03.14 2 years ago

ソニー(SONY)は、世界最大規模の国際デザインイベント「ミラノデザインウィーク」(Milan Design Week)に8年ぶりに出展する。「Hidden Senses」というコンセプトの下、ソニーらしいストーリー体験をユニークなプロダクトと共に提案。同社はこの活動を通じ、より心地良いライフスタイルの実践やデザイン&テクノロジーの融合で生み出す新たな体験を訴求する。同イベントの会期は4月17~22日。

出展について、長谷川豊ソニークリエイティブセンター センター長VPは「プロダクトをデザインすることに加え、体験をデザインするイメージだ。弊社は『人のやらないことをやる』というDNAがあるが、展示にも生かしたい」と語る。発表当日まで内容を明かすことはできないが、音や光、振動などを絡めた5つの体験スペースを用意する。また、同センターの田幸宏崇チーフアートディレクターは「デザインと先端テクノロジーを融合したものがソニーデザインだ。8年前の出展にも関わっていたが、ソニーの先端テクノロジーを実際に体験できるまで技術が精錬されてきた」としている。同センターは、エレクトロニクスからエンターテインメント、金融などの事業領域に活動の場を広げ、ブランドやインターフェイスを含め、多岐に渡るデザインを行っている。

 

イタリアンダイニング「フラテリパラディソ」が、若手シェフを集めたフードイベントを実施

2018.03.13 2 years ago

表参道ヒルズ3階に店舗を構えるシドニー発のイタリアンダイニング「フラテリパラディソ」(FRATELLI PARADISO)は、3月20日にフードカルチャーパーティ「CONCENT」を実施する。「CONCENT」は、センス溢れる若手シェフにフィーチャーし「今のリアルなTOKYOフードカルチャー」を発信。その初回となるイベントを「フラテリパラディソ」で開催する。

当日は「kiki harajuku」の野田雄紀、「Gris」の鳥羽周作、「Don Bravo」の平雅一、さらに名店から独立する鮨職人の遠藤記史を迎え、4人のコラボによる特別コース料理を用意。「フラテリパラディソ」ヘッドソムリエのソン・ユガンや「LA BONNE TABLE」シェフソムリエの戸澤祐耶、「JOE’SMAN2号」オーナーの高崎史の3人がワインや日本酒のペアリングを提案する。

また、ラウンジでは、3人が選んだ「いま飲むべき旬なワイン」を楽しむことができる。ラウンジのDJにはjan and naomi、WONKの長塚健斗、Maika Loubtéと旬のミュージシャンを集めた。今のリアルなTOKYOを体験できる一夜限りのコラボイベントになる予定。参加費はレストラン2万円、ラウンジFREE(ドリンク&軽食はキャッシュオン)。

資生堂のミレニアル世代向けスキンケア、蔦屋書店とニトリで販売

2018.03.12 2 years ago

資生堂は3月8日、蔦屋書店、ニトリの一部店舗で、ミレニアル世代向けのスキンケア&ボディケアブランド「レシピスト」(recipist)の販売を開始する。同ブランドは2017年11月の発表以来、オンラインストアのみで販売。今回、同社が中長期戦略「VISION 2020」で強化している若年層へのリーチ拡大に向けた取り組みとして実施する。

「レシピスト」はミレニアル世代特有の肌に着目し、うるおいバランスを整え「キレイの基礎力」のある肌へと導くという。厳選された自然由来の植物成分を配合した。可愛いパッケージデザインや、心をときほぐす香り、手頃な価格帯が特徴になる。実店舗での購買動向リサーチや若年層がスキンケアを切り替えるタイミングを狙い、蔦屋書店とニトリで販売することになった。蔦屋書店(梅田店、中目黒店)では、書籍などと関連づけたライフスタイル提案やギフト需要を掘り起こす。また、ニトリ(渋谷公園通り店、新宿タカシマヤタイムズスクエア店、東武池袋店)では、ミレニアル世代の大きな生活変化である入学や就職などのライフイベントや引越しのタイミングで家具や生活雑貨と一緒に、トータルで愛用できるアイテムとして販売。蔦屋書店は4月4日まで、ニトリでは5月20日まで商品を並べる。

「アマゾン ファッション ウィーク東京」を若年層へ認知、藤田ニコルをアンバサダーに起用

2018.03.11 2 years ago

日本ファッション・ウィーク推進機構は、ファッションイベント「アマゾン ファッション ウィーク東京」(Amazon Fashion Week TOKYO)のオフィシャルアンバサダーにハリー杉山、また若年層にファッション・ウィークを訴求するニューエイジ・アンバサダーに藤田ニコルを起用した。同ウィークの会期は3月19~24日。

 

ハリー杉山は、オフィシャルメディアサポーターであるNHKの海外向けファッション情報番組「TOKYO FASHION EXPRESS」(NHK WORLD TV)の新MCとして、番組の取材を中心に会期全体を盛り上げる役割を担う。さらに藤田ニコルは、若い世代に向けて会期の認知、拡散活動を行う。藤田ニコルは、ファッション誌「ViVi」の専属モデルを務めるほか、2018年2月に自身初のプロデュースブランド「NiCORON」を立ち上げた。ツイッターのフォロワー数は約235万人になっている(2018年2月現在)。

ラフォーレ原宿で「Laforet Market」開催、アッシュ・ペー・フランス「場と間」と協業

2018.03.10 2 years ago

ラフォーレ原宿は、デザインとアート、プロダクトの展示会を主宰する「場と間」(アッシュ・ペー・フランス)と協業し、消費者とクリエイターが出会える新しいマーケット企画「Laforet Market」を継続展開している。今回、第3弾となる「Laforet Market vol.3 “TOKYO”」を3月17、18日に開催。約40のブースが登場し、ファッション、アート、ライフスタイル、フードなど、多彩なジャンルから出展する。

「Laforet Market」は、あらゆるジャンルのクリエイター、メーカー、ショップが集まり、消費者がクリエイションに出会えるCtoC(Creator to Customer)のマーケットとして行っている。会場では、とんだ林蘭や加賀美健、平山昌尚など東京を代表するアーティストによるワークショップや、FMラジオ放送局J-WAVE(81.3FM)の取組み「BOOK SHARING」といった様々なイベントを併催。さらに「シンボパン」「Curry Specialty Store VOVO」など話題のフードも出店する。入場無料。

 

AMERICAN SWEETS SHOP

 

LTshop

 

れもんらいふ

東京メトロ 銀座線に「桜トレイン」が登場! ガイドブックで花見スポットを紹介

2018.03.09 2 years ago

東京メトロは、アサヒビールが協賛する「東京メトロに乗って桜を見に行こう!!」キャンペーンを3月12~4月8日に実施する。同キャンペーンは、東京メトロ沿線に多数ある花見スポットを紹介し、花見をきっかけに東京メトロ沿線の魅力をアピールする目的で行う。東京メトロ銀座線の特別仕様「桜トレイン」を運行するほか、東京メトロ各駅(一部を除く)の構内ラックに「東京お花見ガイド」を配置。同ガイドは日本語・英語・中国語(簡体字)対応になる。

「アキラ ナカ」が伊勢丹新宿店にポップアップストア

2018.03.08 2 years ago

ウィメンズブランド「アキラ ナカ」(AKIRA NAKA)は、伊勢丹新宿店3階=センターパーク/プロモーションにポップアップストアを開設する。4月4~10日の期間、2018年春夏シーズンのビジュアルやコラージュ展示を始め、最新のシーズンコレクション、別注商品を展開する。

別注商品では、カットジャカード素材でトップス&スカートを製作。手作業でフリンジを仕上げるなど、体の動きに沿って揺れるフリンジと立体的な表情が特徴になっている。価格はトップス5万4000円、スカート5万3000円。また、ポロシャツの襟などに使われる化繊の糸を使用したカーディガンも投入。ニットでありながら独特のハリ感とシャープな印象を生み出した。バックに垂らしたパネルの動きでモダンさを演出している。価格は6万5000円。

四国の食材を世界に、人気シェフや民間企業が地方自治体をサポート

2018.03.06 2 years ago

伊藤忠ファッションシステムは、四国経済産業局の委託事業として「一次産業を核としたブランドづくり・地域商社ネットワーク構築等支援事業」を受託した。今後1年間にわたり、四国の農業、水産業を国内外へアピールしていく。同プロジェクトは、四国の魅力、そこで育まれた食材の美味しさを届けることや、リバースプロジェクトトレーディングを始めとした四国地域商社ネットワークによる新たな食材の掘り起こしを推進。地域企業との結びつきの強化、国内外に向けて発信するためのコンテンツ制作を行っている。

食材の選定やレシピ考案においては、国内のトップシェフを組織し活動する J-chef’s(ジェイシェフズ)の協力を得ている。人気シェフの山田チカラ、東浩司氏がこのプロジェクトに参画し、四国の視察を通して、今後のビジネス拡大の可能性が高いと思われる複数の食材を発掘。海外展開を視野に入れ、新しいレシピを考案した。

また、一般客に四国の食材を提供するイベント「四国のこく。」を開催。3月12日までの期間、「そそそ」(渋谷区恵比寿西)、「楚々」(渋谷区恵比寿西)、「PRBAR」(港区北青山)に限定メニューを並べている。四国にゆかりのある食材である宗田節やみかん鯛、オリーブ漬、ドライ姫富士などを使った逸品を提案中。

「A BATHING APE」が、米ロサンゼルスに路面店をオープン

2018.03.07 2 years ago

ア ベイシング エイプは17日、ニューヨークに続き、路面店「BAPE STORE LOS ANGELES」をグランドオープンした。またオープンを記念し、BAPE STORE LOS ANGELESのオリジナルBAPE CAMOや、ヤシの木、サングラスなどのグラフィックを落とし込んだフーディ、Tシャツといった様々なアイテムを先行販売。国内では2月24日から、全国のA BATHING APE正規取扱い店舗で販売する。

17年12月には、香港のアパレル企業「I.T」と仏百貨店「ギャラリー・ラファイエット」がタッグを組み、パリの同百貨店内にA BATHING APEの直営店を開設。仏の高級百貨店に東京発のストリートブランドが入店したことで話題となった。

東邦レオとアッシュ・ペー・フランスが、都市の「エシカル化」を支援

2018.03.05 2 years ago

合同展示会「rooms EXPERIENCE」内でのブース演出

 

都市の緑化や街づくりのクリエーションを進める東邦レオ(大阪市、吉川稔社長)は3月1日、アッシュ・ペー・フランスと共同で、エシカルを軸とした空間演出事業を創出するためのプロジェクト「エシカル・ミーツ・ENGAWA」(EME)を開始した。

都市開発や商業施設運営で欠かせなくなってきたサステイナブル(持続可能性)への対応を行う。事業者としての知見を持つ東邦レオと、エシカル関連の展示会や商業施設でエシカル販売イベントで実績のあるアッシュ・ペー・フランスが連携。対象とするのは商業施設やイベント、催事の運営、店舗や共用部の空間作り、ブランド選定など、企画運営を共同でプロデュースする。

また、東京・五反田で開催した合同展「ルームス エクスペリエンス」に出展。コンセプトの訴求やプレゼンテーションを行い、デベロッパーから好評価を得たという。

 

NEWoMan『FARM TO GREEN TABLE』

「エシカル」をテーマにした催事風景

町をいろどる「線路緑化」(鹿児島市)

ETHICAL MEETS ENGAWA

「アツシ ナカシマ」がミラノでショー開催、堂本剛のソロプロジェクト「エンドリケリー」とコラボ

2018.03.06 2 years ago

「アツシ ナカシマ」(ATSUSHI NAKASHIMA)2018-19年秋冬コレクションは、日本の職人技術を採用した複雑なカットジャカードやプラチナの装飾ストライプを用いたスーツ、オンワード樫山が独自に開発した新構造のダウンアイテムを採用するなど、意欲的な構成になった。また「日出ずる国日本」をイメージし、円形に三角形、ブランドロゴのAを重ね合わせたモチーフを使用している。さらに、堂本剛のソロプロジェクト「エンドリケリー」(ENDRECHERI)とコラボしたウエアを発表。同プロジェクトは、ファッションやミュージック、アートを融合したスタイルで、中島篤デザイナーと共鳴することでユニークなアイテムへ昇華している。

 

マッシュの新ブランド「セルフォード」が、ルミネ新宿に1号店をオープン

2018.03.03 2 years ago

マッシュスタイルラボは23日、ウィメンズブランド「セルフォード」(CELFORD)の1号店をルミネ新宿に開設した。店舗面積は約90平方メートル。同ブランドは、30~40代女性をターゲットにフォーマルライクなアイテムを提案。デビューとなる2018年春夏シーズンは約170型を並べ、全体の6割はドレスで構成する。

エレガンスと伝統、気品といったファクターを軸に、パステルカラーやレースなどを採用。ジャクリーン・ケネディをミューズに、シックで着用しやすいモノトーンのコレクション「JACKIE」シリーズとビビッドなカラーで構成し、エリザベス2世をイメージした「LiLiBET」シリーズを展開する。中心価格はドレス1万2000~3万2000円、ブラウス1万~1万6000円、コート2万4000~4万5000円など。また、2月28日にジェイアール名古屋タカシマヤ、3月1日に阪急うめだ本店、3月2日に表参道ヒルズに出店する。

日本橋三越本店でファッションのコンサルティングサービスを実施

2018.03.04 2 years ago

三越伊勢丹ホールディングスは3月7日、日本橋三越本店にファッション全般のコンサルティングを行うスペース「ウエルカムゲート」を開設する。豊富な専門知識を持つ同店のフロアアテンダントが、ブランド・グレード・カテゴリーの垣根を越えて装いをアドバイス。パーソナルカラー診断やカウンセリングを踏まえたパーソナルショッピング(買物同行)を通じ、スタイルアップをサポートする。パーソナルショッピングの所要時間は約2時間。予約制で対応する(無料)。専門の資格を持つフロアアテンダントがユーザーのイメージコンサルタントとなり、要望や悩みをヒアリング。従来まで「似合う洋服が知りたい」「仕事の大事な場面で着る洋服を選んでほしい」「効率的に買い物がしたい」という意見があったという。

「マックス ブレナー」がセブン-イレブンとのコラボアイス第2弾を販売

2018.03.02 2 years ago

イスラエル発の人気チョコレートブランド「マックス ブレナー」(MAX BRENNER)は、セブン-イレブンとのコラボ商品第2弾「マックス ブレナー ストロベリーホワイトチョコレートチャンクアイスクリーム」の販売をスタートした。全国のセブン-イレブン約2万店舗に同商品が並び、価格は280円。

同商品は、冬限定の人気メニュー「ストロベリーホワイトチョコレートチャンクピザ」のゴロゴロとしたトッピングを使用し、カップアイスで表現している。ホワイトチョコレートアイスに、ストロベリーソースと果肉を贅沢に使用することで、程よく酸味の効いた甘さが口いっぱいに広がる。ストロベリー、バタークッキー、マシュマロ、ローストアーモンドなど豊富な具材により、様々な食感を楽しめる。また、第2弾のコラボアイス販売を記念し、3月31日までラフォーレ原宿店限定で、アップグレードした「ストロベリーホワイトチョコレートチャンクピザ」 が再登場。ピザ、ピザ生地にホワイトチョコレートチャンクとマシュマロを乗せてトーストし、ストロベリー、ローストシュガー、ヘーゼルナッツビッツやストロベリーソースをトッピングしている。価格は620円。

日本発のアロハシャツ「ニポアロハ」が、新たにシルクストールを販売

2018.03.01 2 years ago

日本発のアロハシャツブランド「ニポアロハ」(nipoaloha)は、2018-19年秋冬シーズンからストールの販売をスタートする。これまで春夏シーズン限定のブランドとして、着物生地を使ったアロハシャツを展開。その一方で、秋冬シーズンの商品も求められていたことから「大判のシルクストールやレーヨン素材で扱いやすいストールを用意した」(長谷川伸一デザイナー)としている。シルクストールでは、伊藤若冲の軍鶏や骸骨舞踏の文様を取り入れた。シルクの光沢も美しく、年代に捉われないデザインになっている。価格は2万8000円。レーヨン素材のストールにおいても伊藤若冲の象徴的な構図を採用。「アロハシャツはアジアなど海外にも販路を広げており、ストールにおいても可能性を探りたい」(長谷川デザイナー)。現在「ニポアロハ」は、エイチ ビューティ&ユース、ラブレスといった有力店と取引を行っているほか、パリや香港でも販売している。

髙田賢三の元専属料理人、中山豊光のレストランが「東京ミッドタウン日比谷」に出店

2018.02.28 2 years ago

キャプション=中山豊光オーナーシェフ(右)と大森雄哉シェフ

髙田賢三デザイナーの元専属料理人としても知られる「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ中山豊光が、東京ミッドタウン日比谷に「Restaurant TOYO/Tokyo Midtown Hibiya」をオープンする。同施設の開業日である3月29日、日欧の食文化を融合したレストランを3階に出店。店舗面積は約100平方メートルで、カウンター8席・テーブル14席を用意する。

中山シェフは2009年、パリに「Restaurant TOYO」をオープン。以前はパリの日本料理店「伊勢」などでキャリアを積み、その後は髙田賢三デザイナーの専属料理人を7年間務めた。パリのレストランでは、フレンチの影響を受けた和食をフレンチスタイルで提供。新鮮な食材を使った上品な仕上げで、ミニマルなスタイルを提案している。欧州のメディアで取り上げられることも多く、予約の取りづらいレストランとして注目を集めている。

中山シェフは「日本に初めて出店するのに加え、日比谷という立地にも強い興味を持っています。お客様の要望と、私の感性がどう結びつくのか、今から楽しみです。素晴らしい素材を少量多品種で味わっていただくスタイル。懐石料理のように、一つひとつの料理を繊細に仕上げていきます」と語る。価格はランチコース5000円~、ディナーコース1万5000円~。

LVMHプライズのセミファイナリストに「ダブレット」「アキコアオキ」を選出

2018.02.27 2 years ago

LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは、同グループが主催するファッションコンテスト「LVMH ヤング ファッション デザイナー プライズ」の2018年度セミファイナリスト(ショートリスト)20組を発表した。日本からは、井野将之「ダブレット」デザイナーと青木明子「アキコアオキ」デザイナーの2組が選ばれている。セミファイナリスト20組は、3月のパリ ファッション・ウィーク期間中にLVMH本社で作品を発表し、ファイナリストを選出する。

同プライズの開催は5回目。グランプリを獲得したデザイナーは賞金30万ユーロ(約3900万円)が与えられ、LVMHによるコーチングを1年間受けることができる。同じくセミファイナリストには「マシュー アダムス ドーラン」(MATTHEW ADAMS DOLAN)のマシュー・アダムズ・ドーラン、「ゲーエムベーハー」(GMBH)のセルハト・イシク(Serhat Isik)・ベンジャミン・アレクサンダー・フセビー」(Benjamin Alexander Huseby)らが選ばれている。また、過去には落合宏理「ファセッタズム」デザイナーがファイナリストに選出されたことがある。

阪急うめだ本店に韓国ブランドを集めた限定店「ハローソウル」が登場

2018.02.27 2 years ago

阪急うめだ本店は、韓国ソウル発のブランドを集積したポップアップストア「HELLO SEOUL -ASIAN NEW WAVE VOL.1」を2月27日までの期間、1階コトコトステージに開設している。SNSやウェブサイトで話題のミレニアルジェンダーレス系ブランド、関西初登場の3ブランドを含む全6ブランドを展開。近年は若年層を軸に韓国ブランドの人気が高まっており、同施設でも限定ストア出店に至ったという。

参加しているのは「5252byoioi」「AGIJAGI」「ハイチークス」「メインブース」「ラブ イズ トゥルー」「プレイノーモア」の6ブランド。「5252 by oioi」は、韓国のストリートシーンをリードし、ユニセックスなスタイルを提案する人気ブランド。韓国アイドル界にもファンが多く、 幅広い世代に支持されている。また「プレイノーモア」は、アイコンガールの「SHYGIRL」を通じて、ファッション本来の楽しさを発信。クラシックVSポップアート、ラグジュアリーVSウィットなど、コンテンポラリーで新鮮なイメージを具現化している。

ジュエリーブランド「ナチュア & ニコライ バーグマン」が伊勢丹新宿店に直営店

2018.02.21 2 years ago

フラワーアーティストのニコライ・バーグマンが立ち上げたジュエリーブランド「ナチュア & ニコライ バーグマン」(NATUR & NICOLAI BERGMANN)は21日、3店舗目となる直営店を伊勢丹新宿店に開設する。同店では、ニコライ・バーグマンが自然のなかに見出した美しいデザインを表現したファインジュエリーを始め、デイリーに身につけることができるモダンなカジュアルコレクション、さらにブライダルコレクションの3ラインを展開する。いずれも花や植物の魅力を表現したデザインになっている。

同ブランドは2017年5月に旗艦店を東京・南青山にオープン。2号店を阪急うめだ本店に開設している。新たにオープンする伊勢丹の直営店では2月21~3月14日までの期間、5万4000円以上の商品を購入することで、細やかで美しいフラワーボックスを先着100人に進呈。フラワーアーティストとしての経験から生み出される植物の魅力を昇華させたジュエリーは、スカンジナビアの美学と和の感性を融合したデザインを提案している。

「無印良品」が2400品目で値下げ、生活雑貨や文具の売れ筋商品も

2018.02.22 2 years ago

良品計画は15日、同社が運営する「無印良品」(MUJI)の2018年春夏アイテムにおいて、約5600品目のうち約2400品目の価格改定を実施した。人気の「靴下 えらべる3足シリーズ」は990円から890円、「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」は3990円から2990円、「こすって消せるボールペン」は157円から150円にそれぞれ値下げ。同社では、きりのよい価格や覚えやすい価格、可能な限り手に取りやすい価格を目指したという。また品質は維持しつつ、生産時の無駄や過剰な包装を止めるなどコスト削減に努め、買いやすい価格を実現させている。今季の衣料品についても既に値下げを行っている。

地域性を生かした「旭川デザインウィーク」がパワーアップ、旭川の集合体を訴求

2018.02.20 2 years ago

産地の展示会としては通算64回、リニューアルして4回目となる「旭川デザインウィーク 2018」(ADW)が6月20~24日の期間、旭川デザインセンター(北海道旭川市)で行われる。有力メーカーの家具やインテリア製品が並ぶほか、現代アート、トークイベント、オープンファクトリーなど、一般消費者を巻き込んだデザインイベントになる。

会場では、コンペティション「旭川家具エキシビション」において、個性豊かな新作を発表。さらに、北海道の木材を使用するプロジェクト「ここの木の家具・北海道プロジェクト」の製品も展示する。旭川には、層の厚いモノづくりの工房やメーカーが存在しており、主催する旭川家具工業協同組合では「技の蓄積や提案力に定評がある。2017年度は約2万人を集客し、デザインイベントとしてパワーアップしている」と述べた。また、飛行機や電車、レンタカーなどを使ったオリジナルツアーも用意。東京や大阪からの利便性をアピールし、さらに星野リゾートに宿泊する企画も提案している。

 

キム・ジョーンズと「ジーユー」が協業、銀座店のディスプレイも特別バージョンに

2018.02.19 2 years ago

ジーユー(GU)は3月21日から、キム・ジョーンズと協業したコレクション「KIM JONES GU PRODUCTION」を、一部店舗とオンラインストアで販売する。キム・ジョーンズは、仏ブランド「ルイ・ヴィトン」のメンズ・アーティスティック・ディレクターとして手腕を振るっていたが、2018-19年秋冬シーズンをもって退任。その動向に注目が集まっていた。

今回のコレクションでは、08年に活動を休止したブランド「キム・ジョーンズ」のアーカイブ作品を最新スタイルにアップデート。ウィメンズ&メンズの商品ラインアップする。キム・ジョーンズは「過去のコレクションピースを『GU』で復活させることに興奮している。ブランドを終了して10年という節目にこのようなプロジェクトができ、最高のタイミングだと感じている」とコメント。販売はジーユー銀座店などの大型店と、台湾、香港にある海外店にも商品が並ぶ。

 

2月開催「ルームス エクスペリエンス 36」に500社出展、多彩なクリエイターも参加

2018.02.17 2 years ago

ファッションとデザインの合同展示会「ルームス エクスペリエンス 36」(rooms EXPERIENCE 36)が2月21~23日の期間、東京・五反田TOCで行われる(アッシュ・ペー・フランス主催)。展示会に約500社が出展するほか、一般来場者が楽しめるコンテンツを用意。会場は5つのエリアで構成し、エリアディレクターが選定したクリエイター&企業の展示販売も実施する。

当日は、料理研究家としても活躍するタレント木村祐一や、スニーカー芸人としてファッション業界からも注目を集めるグッドウォーキン上田歩武、さらにKOM_I(水曜日のカンパネラ)のスタイリングを担当し、自身もモデルとして活動するなど、個性豊かなクリエイターが作品を披露する。また、コト消費を意識した試みとして、女性誌やテレビを中心に活躍している占い師がブースを構える「占いフェス」、だるまの絵付けで世界にたった1つのオリジナルだるまを制作することができる「だるま絵付けワークショップ」も行われる予定。

 

木村祐一

グッドウォーキン上田歩武

清水文太

占いフェス

だるま絵付けワークショップ

 

合同展「ルームス」は、2017年9月展から会場を国立代々木競技場第一体育館から五反田のTOCビルに移転し、名称を「ルームス エクスペリエンス」に変更した。これを機に一般消費者を巻き込んだイベントに仕立て、BtoCの色彩を濃くしている。今回は3日間の会期で2万5000人の来場を見込む。一般の入場料は2500円。

141-0031 東京都品川区西五反田 7-22-17 五反田TOCビル 13階

独ブランド「プーマ」が、ウィメンズアンバサダーに女優のローラを起用

2018.02.16 2 years ago

独ブランド「プーマ」は、2018年春夏シーズンのウィメンズアンバサダーに引き続き女優のローラを起用した。バレエから着想したEn Pointe(オンポイント)コレクションのキャンペーンビジュアルに登場。同キャンペーンには女優、シンガーなど様々な顔を持つセレーナ・ゴメス、モデルで女優、活動家としても知られるカーラ・デルヴィーニュ、さらにプーマとパートナーシップを締結しているニューヨーク・シティ・バレエ団も登場する。

トレーニングとスポーツスタイルのクロスカテゴリーで構成する同コレクションは、日々のワークアウトや忙しい日常でパワーを必要としている女性に向けた商品構成にしている。バレエならではのダイナミックな柔軟性や力強い動きを想起させるディテールをプロダクトに盛り込み、ミレニアルピンク&パステルカラーで仕上げた。

「ミスター・ジェントルマン」が青山に旗艦店を開設

2018.02.15 2 years ago

メンズブランド「ミスター・ジェントルマン」(MISTERGENTLEMAN)は10日、東京・青山に旗艦店を開設した(東京都渋谷区神宮前5-50-1)。同社が運営するデリカテッセン「PARIYA」青山店に隣接。レトロフューチャーな空気に工業的な質感をイメージしたミニマルな空間の中で、美しいカラーパレットの最新コレクションが並ぶ。店内にはインダストリアルデザイナー、ディーター・ラムスによるブラウン社のヴィンテージ・オーディオやラックを設置。ラムスの機能主義とデザイン美をインスピレーションにしながらも、そのクラシックと対比するようなモダンな仕上がりになった。今後、3月にはグローバル展開の第一歩となるショップを上海・静安区にオープン。また、東京のファッション・ウィークで2年ぶりとなるランウェイショーを開催する。

アートの祭典「道後オンセナート 2018」が4月にグランドオープン、温泉街がアート一色に

2018.02.14 2 years ago

愛媛県松山市「道後温泉」で2017年9月からプレオープンしていたアートの祭典「道後オンセナート 2018」は、4月14日にグランドオープンする。

以前、道後温泉本館(重要文化財)が改築120周年の大還暦を迎えたことを記念して開催された「道後オンセナート 2014」では、温泉という地域資源、松山市の温暖な気候、狭いエリアに密集している便利さに「アート」という新しい魅力を組み合わせ、多くの観光客や市民で賑わった。イベントは「蜷川実花×道後温泉 道後アート 2015」、「山口晃×道後温泉 道後アート 2016」に引き継がれ、今回は4年ぶりとなる大規模なアートフェスティバルとして「道後オンセナート 2018」を開催することになった。テーマは14年に引き続き「アートにのぼせろ ~温泉アートエンターテイメント~ 」。旅館やホテル、街中に設置される作品と多様なイベントを展開する。

4月14日には大巻伸嗣による無数のシャボン玉を使ったアートパフォーマンス「Memorial Rebirth」などが行われ、大巻による椿の花の彫刻作品、三沢厚彦による巨大なクマのブロンズやインスタレーション空間、道後温泉に残る数々の物語からインスピレーションを受けた浅田政志の8連作が披露される。また、梅佳代による地元・道後中学校の野球部生徒たちの撮りおろし写真、石井七歩や谷このみによるペインティング、久村卓によるモニュメント作品、布忍(ぬおせ)神社で大人気の恋みくじなど、多彩な作品が揃う。

14年の道後オンセナートから好評のホテルプロジェクトは、プレオープンから登場している宇野亞喜良、大宮エリー、祖父江慎に鈴木康広、松井智恵が加わる。温泉街に欠かせない浴衣のプロジェクトも展開。ビームスが「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」の浴衣をプロデュースしたほか、三越伊勢丹とのコラボによりアーティスト・鹿児島睦が新作図案を描き下ろした浴衣が登場する。さらに道後温泉本館では、蜷川実花が大規模なインスタレーションを開催。障子やガラスに写真集「Light of」から抜粋した花火の写真など34点を使用し、昼と夜で表情の変わる作品を5月31日まで展示する。

「ビューティフルピープル」が銀座三越に直営店、都内では3店舗目

2018.02.12 2 years ago

「ビューティフルピープル」(BEAUTIFUL PEOPLE)は21日、銀座三越に都内では3店舗目となる直営店を開設する。2018年春夏コレクションを並べるほか、定番商品のライダースジャケットやトレンチコート、人気のトートバッグなどを展開。さらに限定商品も取り扱う。また同店舗のオープン前には、同施設の3階にポップアップストアを開設(期間は2月14~20日)。新色を投入するiPhoneケースやセイルクロス素材のトートバッグを先行発売する。

「ミュウミュウ」新作フレグランスの限定店が表参道ヒルズに登場

2018.02.11 2 years ago

ブルーベル・ジャパンは、伊ブランド「ミュウミュウ」の新フレグランス「ミュウミュウ ロー ロゼ オードトワレ」の販売を記念し、期間限定ストアを表参道ヒルズに開設する。2月10~20日の期間、新商品を並べるほか、フォトスペースやミニチュアボトルが当たるフォトプリントサービスなどを展開する。「ミュウミュウ ロー ロゼ オードトワレ」は、スズランやカシスのつぼみが生み出すフローラルの優しい香りを、洗練されたムスクが包み込み、爽やかな印象に仕上げた。ボトルデザインは、ブランドのアイコニックなバッグ「マテラッセ」をモチーフにしたもの。価格は50ml 9400円、100ml 1万3500円。

バロックジャパンが「ハウスコミューン」のブランド終了を発表

2018.02.10 2 years ago

「ハウスコミューン」2017-18年秋冬コレクション

バロックジャパンリミテッド(BAROQUE JAPAN LIMITED)は、ウィメンズブランド「ハウスコミューン」(HOUSE_COMMUNE)の販売を2018年春夏シーズンで終了すると発表した。 同ブランドは、14年にニューヨーク在住のエディー・ヴァン・ナーク=クリエイティブ・ディレクターとデザイナーのケリン・ディソンによって創業。15年にバロックジャパンリミテッドへ移管後、「スリーワン フィリップ リム」(3.1 PHILLIP LIM)の元PRマネジャーの下中美穂子がクリエイティブ・ディレクターとして手腕を振るっていた。また、下中ディレクターはすでに同社を退社している。17-18年秋冬シーズンのファッションイベント「アマゾン ファッション ウィーク東京」において、アマゾン ファッションが支援するプロジェクト「アット トーキョー」に選定され、ファッションショーを開催したこともあった。

東京ブランド「アンデコレイテッド マン」が名称変更、ウエアはユニセックス仕様へ

2018.02.09 2 years ago

「アンデコレイテッド」2018-19年秋冬コレクション

メンズブランド「アンデコレイテッド マン」(undecorated MAN)は、ブランド名を「アンデコレイテッド」に改称し、2018-19年秋冬シーズンからユニセックスブランドとして展開する。これまでミニマルなメンズブランドとして販路を開拓してきたが、店頭ではウィメンズの顧客が増え、よりフラットな商品構成に変更。同シーズンは約35型を並べ、一部でワンピースの品番も揃えた。

同ブランドの河野貴之デザイナーは「自分がデザイナーに就任して5シーズン目を迎えたが、ウィメンズに向けた発信も想定していた。予想以上にウィメンズの顧客が増え、このタイミングでユニセックス仕様へ舵を切った」と語る。また、河野デザイナーのテイストが固まったことで、海外への出展も視野に入れる。「パリでアイテムを見せたい。ミニマルなデザインや買いやすい価格設定でアピールする」(河野デザイナー)。同シーズンはコートで6~7万円台という価格帯で、単品でも2~3万円台の商品が多い。素材調達、生産は国内で対応するなど、クオリティを重視した戦略は維持する。

同ブランドは08年に販売をスタート。当初は久保嘉男がデザインを担当していたが、16-17年秋冬シーズンに河野貴之へ交代した。河野デザイナーは、久保のアシスタントを務めながらキャリアを積み、同ブランドで30~40歳の男性が着用するコンテンポラリーなウエアを制作。無地アイテムでレイヤードを構成し、グレーやキャメル、深いグリーンの落ち着いたトーンで、大人層にマッチする商品群を打ち出している。

桜のシーズンに合わせ、スターバックスが限定チルドカップシリーズを販売

2018.02.08 2 years ago

スターバックス・コーポレーション(米国・シアトル)と、サントリー食品インターナショナルは、スターバックスのチルドカップシリーズ「スターバックス さくらキャラメリーミルク WITH ミックスベリー」を13日から期間限定で販売する。日本の桜が開花するのに合わせ、全国のコンビニエンスストアに商品が並ぶ。価格は219円。

クリーミーなミルクに華やかなさくらの香りと、ほんのり甘いキャラメルの風味を添えた。さらにベリーの果肉を加えることで、満足感のある味わいに仕上げている。また、スターバックスの店舗で提供するフローズンドリンク「フラペチーノ」を連想させるドーム型のオーバーキャップを採用。スターバックスのチルドカップシリーズは、チルドカップコーヒー市場において高付加価値の商品群「プレミアムカテゴリー」を形成し、新たなユーザーを獲得している。

徳島県が、東京・神泉に日本初の宿泊&レストラン併設型のアンテナショップを開業

2018.02.07 2 years ago

徳島県は4日、日本初の宿泊施設とレストランを併設したオーベルジュ型アンテナショップ「Turn Table」(ターンテーブル)を東京・神泉町に開業した。同施設は、渋谷駅から徒歩10分の場所に位置し、東急電鉄が所有するビルを一棟全て徳島県が借り受けた。その後、徳島県が宿泊施設、レストラン、マルシェを備えた複合型集客施設にリノベーションしている。

宿泊施設は、最大で64人が宿泊できる。個室とドミトリーの両タイプを備え、増加が予想される訪日外国人や日本各地から渋谷を訪れる観光客を想定。宿泊施設の内装に徳島県産木材を使用するほか、施設利用者の相互交流空間ともなるレストランでは、徳島県産食材を使用した料理を提供する。施設に滞在することで徳島県のさまざまな魅力を「体験」することが可能。また、レストラン、バーのみの利用もできる。同施設の周辺は「奥渋谷」とも呼ばれ、隠れ家的な飲食店が多く、新たな魅力発信の拠点となっている。

皆川明デザイナー監修する、製品再生プロジェクト「POOL」とは?

2018.02.06 2 years ago

「イデー」(IDEE)を企画・運営する良品計画は、ものづくりの過程で発生する端切れや端材を使用するプロジェクト「POOL」において、ファッションアイテムの販売を2月17日から開始する。イデーショップ全店とオンラインストアに商品が並び、自由なレイヤードスタイルを提案していく。また、オンラインストアは16日から先行販売する。

同プロジェクトは、皆川明「ミナ ペルホネン」デザイナーが監修。無印良品で生産するファブリックを無駄なく使用する一方、製品染めによる豊富なカラーバリエーションと天然素材の着心地にこだわったウエアを打ち出している。製品の再生という価値を加えた点も特徴だ。2018年春夏シーズンは、ライトコートのレイヤードや、ワンピースの下にボリュームのあるボトムスを重ねるなど、ユニークなコーディネートを発信。価格はアトリエコート1万5120円、コート1万0260円、ワンピース9504円、ブラウス5184円、ワイドパンツ9504円など。

アッシュ・ペー・フランスが松屋銀座と共同でエシカルフェアを開催

2018.02.05 2 years ago

アッシュ・ペー・フランスは、松屋銀座と共同で「地球と人に想いをつなぐエシカルフェア~ SHEROS POP UP SHOP~」と題した限定店舗を開設する。2月7~13日の期間、環境保全や生産背景の透明さなどにフォーカスしたブランド、クリエイターによるユニークなジュエリー、コスメなどを並べる。

参加ブランドは、無農薬の米を発酵させたエタノール由来のコスメを展開する「Fermenstation」、厳選した天然素材を採用するスキンケア&フレグランスの「LINA BADA」、アフリカの素材を使用しながら現地での雇用創出を目的としたファッションブランド「CLOUDY」など、計14ブランドを集積。また、ショップのタイトルにもなっている「SHEROS」は、2014年に行った「女性のヒーロ―に手紙を書こう」という参加型アートプロジェクト「SHEROS」から着想し、さらにアッシュ・ペー・フランスが掲げている企業コンセプトでもある。女性の意味である「SHE」に「HERO」を掛け合わせたこの言葉は、フェミニズムの考え方も踏襲しつつ、逞しく生きるすべての女性たちと、女性たちを応援するすべての人たちに向けたメッセージになっている。

 

ビームスが、大分県別府市とのコラボ企画で「あたらしいみやげもの」を共同開発

2018.02.04 2 years ago

 

ビームスは2月7日、大分県別府市とのコラボ企画「BEAMS EYE on BEPPU」の第2弾において、別府の地場産業と共同開発した商品「あたらしいみやげもの」を「ビームス ジャパン」(新宿)で販売する。さらに同企画のフリーマガジン「まるで湯けむり。」の無料配布もスタートする。

今回の商品「あたらしいみやげもの」は、2017年10月に別府市の地元企業、作り手の参画を公募し「ビームス ジャパン」のバイヤー2人が監修して開発したもの。公募で集まった別府市の16の事業者とともに、別府のスタンダードになりうるプロダクト開発を目指し、3カ月にわたって試作を重ねて完成に漕ぎ着けた。すべての商品はイベントでの販売後、別府市内の各事業主の販路でも取り扱いが予定されている。

フリーマガジン「まるで湯けむり。」は、3人のキャストと3人の写真家による2泊3日の別府旅行記。モデルで女優の青柳文子、「シャムキャッツ」のヴォーカル夏目知幸、「鉄割アルバトロスケット」を主宰する劇作家で俳優の戌井昭人がキャストを務めた。「別府のB面」をキーワードにヒト・モノ・コトにフォーカスしたコラムで構成し、クセのあるローカルガイドブックに仕上げた。また、2月12日には代官山蔦屋書店で、「BEAMS EYE on BEPPU」のトークイベントを開催する。

トミー ジーンズが、アジア限定の「Emojiカプセルコレクション」を販売

2018.02.03 2 years ago

トミー ジーンズ(Tommy Jeans)は、アジア限定で発売する「Emojiカプセルコレクション」を発表した。同コレクションはシーズン毎に新アイテムを販売する予定で、デジタルコミュニケーションツールの1つとして欠かすことのできない Emoji(絵文字)をイメージしたキャラクターを用いている。ポップカルチャーと密接な関係にある「トミー ジーンズ」の歴史を振り返りつつ、新たな世代に向けて発信していく。

日本、中国、韓国、香港、台湾のトミー ヒルフィガー、トミー ジーンズ ストアで限定販売する。日本では2月下旬から店舗に並ぶ予定。オーバーサイズのフーデッドジャケット、パーカ、クルーネックスウェット、ロングスリーブカットソー、T シャツの随所に Emoji キャラクターを配置する。「トミー ジーンズ」は、2016年春夏シーズンから展開を開始。過去のセレブスタイルから着想し、1990年代のテイストを盛り込んだデニムコレクションを構成している。また、大判なトミーヒルフィガーのロゴを取り入れていることでも話題を呼んでいる。

「サカイ」×「アグ」がコラボ、ハイブリッド仕様のシープスキンブーツが登場

2018.02.02 2 years ago

オーストラリア発のブランド「アグ」(UGG)は、「サカイ」(sacai)とのコラボコレクションを発表した。同コレクションは、パリで行われた「サカイ」2018-19年秋冬メンズコレクションで披露。同ブランドの阿部千登勢デザイナーは、素材のハイブリッドを「アグ」のコンセプトに落とし込み、アイコニックなシープスキンブーツにストライプ柄のニットを取り付けた。2種類のシャフトで構成し、3色のブーツを用意。「クラシックの概念を探求するために、今回『アグ』と手を組みました」と阿部デザイナー。同コレクションは今秋、サカイ直営店、ドーバー ストリート マーケット ギンザ、アグ公式サイトで販売する。

すみだ北斎美術館で、葛飾北斎の美人画にフォーカスした展覧会

2018.02.01 2 years ago

すみだ北斎美術館(東京都墨田区)は、葛飾北斎とその弟子たち一門が手掛けた130点の作品を展示する「Hokusai Beauty~華やぐ江戸の女たち~」を開催する。展示は2月14~3月11日までの前期と、3月13~4月8日までの後期に分けて行う。葛飾北斎は、代表作「冨嶽三十六景」などの風景画を描いた人物として知られるが、その70年に及ぶ多彩な制作活動の中で、特徴的な江戸美人画のスタイルを確立した人物でもある。

「Hokusai Beauty~華やぐ江戸の女たち~」では各章異なるテーマで、北斎が描く美人画の魅力を発信。北斎自身が描いた美人画の作品を一挙に公開するほか、初期の宗理時代に描かれた柔らかな雰囲気の美人画から、画風を確立した晩年の作品まで、時代と共に移り変わる美人画の特徴を鑑賞することができる。また、ユニークな展示として、当時に流行した化粧や代表的なヘアスタイルなどを北斎の作品などを通じて紹介。さらに、北斎の下で学んだ門人たちの作品を集め、それぞれの個性が光る画風の美人画を展示する。そのほかにも、北斎に関する講演会や伝統工芸品の制作体験などの企画も用意する。

「パーク ハイアット 東京」が英語版のエリアマップを作成、ローカルな新宿の魅力が満載

2018.01.31 2 years ago

東京・新宿に位置するラグジュアリーホテル「パーク ハイアット 東京」は、増加する訪日外国人に向けて、ホテル周辺に広がる多彩な街を紹介するエリアマップ(英語版)の配布をスタートした。同マップは、ファッションイラストレーターとして著名な綿谷寛氏とともに作成。訪日外国人が訪れる街として新宿が常に上位にランクされる中、同ホテルでは「滞在するユーザーに新宿の魅力を伝えるツールを作りたいと常々感じていました。新宿は緑あり、歴史あり、歓楽街あり、国際色豊かな街があり、東京の中でも多彩な顔を持ち合わせている」とコメント。ホテルのスタッフが綿谷氏と実際に街を歩き、東は四ツ谷荒木町、西は幡ヶ谷、南は原宿・表参道、北は大久保近辺まで網羅したエリアマップを完成させた。

また、羽田空港に深夜発の国際線が増えたことにより、チェックアウトから搭乗まで時間があるユーザーも増加。荷物をホテルに預け、東京のローカルライフを体験してもらうため、あえて観光地ではない近隣エリアを掲載した。

米ブランド「コーチ」が米ディズニーとコラボ、日本の若年層にリーチ

2018.01.30 2 years ago

日本での売り上げを伸長させている米ブランド「コーチ」(COACH)は、米ディズニーとコラボし、ミニーマウスにインスパイアされた「コーチ」のスペシャルエディションの販売をスタートした。「コーチ」のスチュアート・ヴィヴァース=クリエィティブ・ディレクターは、DJプレイなどをするクールなミニーマウスを提案。「コーチ」の代表的なアイテムに、ヴィンテージ調のディズニーパッチやミニーマウスが大好きなポルカドットを施し、さらにグリッターなディテールやリベット素材を付属させた。ノスタルジックでありながらモダンにアップデートしている。同コレクションは、ハンドバッグやスモールレザーグッズ、ウィメンズウェアなどで構成。

米国での発表会でホストを務めた女優のルーシー・ヘイルは「DISNEY´COACH」限定コレクションのクラッチバッグを始め、ジャケット、Tシャツ、ロングクロシェスカートでコーディネートしていた。

日本初進出のホテルブランド「ハイアット セントリック 銀座 東京」が開業

2018.01.29 2 years ago

オリックス不動産は22日、日本初進出となるホテルブランド「ハイアット セントリック 銀座 東京」(Hyatt Centric Ginza Tokyo)を開業した。ホテル運営は、ハイアット ホテルズ コーポレーションの関連会社に委託。同ホテルは、地上12階建ての「東京銀座朝日ビルディング」(東京都中央区銀座6-6-7)の3~12階部分に位置している。銀座の中心部にある同ホテルの現代的な客室とスイートは、伝統と革新を併せ持つように設計された。

最上階にあるナミキスイート(127平方メートル)には、並木通りが見渡せる広々としたテラスがあり、同僚や友人とのディナーパーティにも使えるという。スタンダード客室は35平方メートル、デラックスルームは47平方メートルの広さになる。これらの部屋には洗面スペースを朝食用テーブルや机に変化させ、スペースを節約できるマルチファンクションテーブルを備えた。キング、ツイン、シティビューのスイートは、すべて77平方メートルの広さになる。客室を含むホテル全体のインテリアデザインは、クリエィティブなホテル料飲施設などを手がける赤尾洋平氏率いるストリックランドを起用。朝日新聞社の東京における創業地に入居する同ホテルは、周辺で繁栄していた出版印刷業の名残を、アートワークやインテリアデザインとして随所に盛り込んでいる。

また、オリックス不動産は「クロスホテルブランド」のシティホテルを始め、リゾートホテル、サービスアパートメント、温泉旅館、研修施設など、全国で約5400室の宿泊施設を保有・運営している。今後、2020年までに5施設・計1200室の新規開業を予定している。

日本の美の殿堂「シセイドウ ザ ストア」が銀座にオープン

2018.01.29 2 years ago

資生堂の総合ビューティ施設「シセイドウ ザ ストア」(SHISEIDO THE STORE)が1月19日にグランドオープンした(東京都中央区銀座7-8-10)。同店舗は、銀座を訪れる国内外の消費者に対し、資生堂が培ってきた美のソリューションを総合的に提案。計4フロア構成で、化粧品販売に留まらず、エステティックやヘアメイクなどの美容サービス、撮影ができるフォトスタジオ、個室での美容レッスン、素材にこだわったカフェなどを併設している。それぞれの美容スペシャリストが対応し「日ごろの美に関する悩み」から「特別な日のためにかなえたい美」までをカバーする。

また、多方面で活躍する外部クリエイターを起用。空間デザインは佐藤オオキ、スタッフコスチュームは天津憂、ショーウィンドウはミヤマケイ、インスタレーションは松尾高弘が担当した。空間デザインは、資生堂の象徴である「花椿マーク」のシルエットを鏡や壁面、インテリアのデザインに採用し、資生堂の歴史と格式を表現している。コスチュームデザインを行った天津憂デザイナーは「裏方のスタッフをエレガントに、ドレープで優美に表現しました。モダンで凛とした空間により一体感を持たせるため、色合いをシックにしつつディテールで華やかさを演出しました」としている。既に訪日外国人が多数訪れており、1階で販売する「SHISEIDO」「クレ・ド・ポー ボーテ」が好調なセールスを記録している。

国産ジーンズ発祥の地・岡山県倉敷市を訪れ、ジーンズ作りを体験できるツアー

2018.01.29 2 years ago

ベティスミス社が運営する日本で唯一のジーンズテーマパーク「ジーンズミュージアム&ヴィレッジ」は、参加者自身がボタン、リベットを選び、自分だけのオリジナルジーンズを制作するイベントを開催する。2月25日、JR東京駅を出発し、国産ジーンズ発祥の地・岡山県倉敷市を訪れ、ジーンズ作り体験と美術館で名画を鑑賞する一泊二日のイベントになる。別料金で生地、糸から自分好みに仕上げられる「フルカスタマイズ」の注文も可能。パーク内では、同社の大島康弘社長の解説を聞きながらミュージアムをまわり、ジーンズの歴史を振り返る。

また、アウトレットショップでの買い物も楽しめる。宿泊は全室から瀬戸大橋が臨める鷲羽山下電ホテル。先着30人で代金は5万9800円。

問い合わせ:産経旅行部(ベティスミス社ツアー)

しゃぶしゃぶ専門店が好調、飲食事業でもセレクトショップの感性を生かす

2018.01.18 2 years ago

近年、セレクトショップの多角化経営が進んでいるが、飲食事業に力を入れているのがベイクルーズだ。東京・表参道に一人しゃぶしゃぶ専門店「しゃぶしゃぶ 山笑ふ」を2016年にオープンして話題を集めたのは記憶に新しい。さらに今年、しゃぶしゃぶ食べ放題の「ごっつ食べなはれ」の1号店を渋谷に開業(東京都渋谷区渋谷2-17-5)。こちらはグループ客を主力ターゲットにしたもので、「山笑ふ」で蓄積した都心客の嗜好をメニュー開発に生かしている。


「ごっつ食べなはれ」は、日本各地の銘柄豚を好みの出汁と一緒に、食べ放題としてリーズナブルに提供。肉は店内で一枚ずつスライスし、銘柄豚「米澤豚一番育ち」や国産牛、A4ランク以上の黒毛和牛を使用している。出汁は女性客を意識した自家製の昆布出汁と豆乳、火鍋、トマト鍋、生姜鍋、すき焼き風の6種類を用意。さらに、しゃぶしゃぶのシメに、20種類以上の旬の野菜や海鮮、特別栽培米「こしいぶき」を使った雑炊や玄米リゾットなども提案している。120分食べ放題コースのメニューと価格は、米澤豚一番育ちロースと国産豚ロースのコースが2980円、国産牛ロースと国産豚ロースのコースが3280円など。


現在、ベイクルーズの飲食事業は約80店舗まで拡大し、ハンバーガー「ジェイエス バーガーズカフェ」、パンケーキ「フリッパーズ」、ロブスターロール専門店「ルークス」など、多数のグルメブランドを揃えている。東京・南青山にあるアパレル併設型のデリカテッセン「シティショップ」も業績は好調で、高単価のセットメニューが支持されている。さらに今年、パリの老舗パティスリー「ラデュレ」とライセンス契約を締結した。

台湾発「アイスモンスター」が、バンホーテンとコラボメニュー第2弾

2018.01.24 2 years ago

台湾発のかき氷店「アイスモンスター」は 、1月26~2月28日までの期間、ココアブランド「バンホーテン」とのコラボメニュー第2弾として、白雪のようにふわふわな食感のバレンタイン限定「ホワイトチョコレートかき氷」を提供する。ホワイトチョコレートを使用した濃厚でクリーミーなかき氷に、ホワイトチョコレートを絡めたホワイトタピオカとミルクエスプーマ、ココナッツをトッピング。さらに、ハート型チョコレートを自分好みに添えるというバレンタインにぴったりのメニューになっている。価格は1440円。

また2月28日まで、店装を「ホットモンスター」に変え、「バンホーテン」と協業した「フローズン フルーツフォンデュ」(1220円)やココアも取り揃える。コラボメニュー第1弾で人気を集めた「バンホーテン ハイカカオ ストロベリーかき氷」(1880円)、「ホワイトチョコレートかき氷」(1440円)も用意。同メニューは表参道店、グランフロント大阪店で提供する。

オニツカタイガーの人気モデル「メキシコ 66」にモダンな新シリーズ登場

2018.01.18 2 years ago

アシックスジャパンは、同社の「オニツカタイガー」(Onitsuka Tiger)ブランドで、人気モデル「メキシコ 66」(MEXICO 66)をモディファイした「メキシコ 66 エスディー」(MEXICO 66 SD)の販売を開始した。

国内のオニツカタイガー直営店、オニツカタイガーマガジンオンラインストアに商品が並ぶ。価格は15000円。同商品は、オニツカタイガーストライプや薄底スタイル、ヒールフラップなど「メキシコ 66」のアイコンはそのままに、新たに開発した靴型を用いてスリム&モダンなシルエットにアップデートしたもの。荷重がかかりやすい前部とかかと部分には、アシックスが独自に開発したクッション性が高いスポンジ材「フューズゲル」を搭載。靴底には、アウトドア用に開発した、魚のうろこのような立体的な意匠を施した「ゲッコートラック」を採用している。

感性を刺激する「Wホテル」が日本上陸、安藤忠雄がプロジェクトに参画

2018.01.18 2 years ago

マリオット・インターナショナルが世界展開するホテルブランド「Wホテル」が日本に上陸する。大阪市中央区の御堂筋沿いの立地に、20212月に開業する予定。「Wホテル」は米ニューヨーク発祥のホテルブランドで、高級なインテリアとクラブをイメージさせる刺激的でエンターテインメント性のあるデザインを取り入れている。

ホテル名は「W OSAKA」。「エクストリームWOWスイート」(1室)、「WOWスイート」(2室)を始め、50室のスイートルームを用意。全337室の客室を擁し、インテリアは「Wホテル」ならではの斬新でスタイリッシュなデザインになるという。さらにブランドのシグネチャーであるダイニングレストランを含むレストラン&バーのほか、プール、最先端のフィットネスセンター、スパ施設も備える。

全体の設計顧問は建築家・安藤忠雄が務め、インテリアデザインはオランダのConcrete Architectual Associatesが手掛けることでも注目を集めそうだ。米マリオットでは、2020年までに「Wホテル」を75軒に拡大する考え。

SINA SUIEN 2018春夏 新作ルック公開撮影ショー「オロフレ峠I.C.」

2018.01.16 2 years ago

刺繍作家有本ゆみこの手掛けるブランド「SINA SUIEN」が、写真家・佐内正史、スタイリスト・伊賀大介とタッグを組み、2018年春夏の新作ルック撮影公開ショーを2018年1月18日(木)に開催。
昔のサーキットにいそうなライダーやコンパニオンのファッション、槇原敬之の楽曲「どうしようもない僕に天使が降りてきた」のミュージックビデオのファンタジックな世界観もインスピレーション源に加わり、90年代へのノスタルジーとガーリーなテイストが混ざり合った幻想的なコレクションとなっています。
タイトルの「オロフレ峠I.C.」は、北海道有珠郡壮瞥町と登別市の境にあり、オロフレ山の肩を通るオロフレ峠にあると有本氏が空想する、架空のI.C.(インターチェンジ)の名前で、今回のコレクションのストーリーの舞台になっています。
18日(木)の公開撮影ショーでは、伊賀氏によるスタイリングで6体のルックが組まれます。

 

【SINA SUIEN 2018春夏新作ルック公開撮影ショー「オロフレ峠I.C.」】
■日時:2018年1月18日(木)17:00~17:30(16:30開場)
■場所:Lamp harajuku 東京都渋谷区神宮前4-28-15
■スタッフ:撮影・佐内正史/スタイリング・伊賀大介/衣装・SINA SUIEN/モデル・琴葉、NeNe、山岡美穂
※当日の写真撮影はご遠慮いただいております。佐内正史氏により撮影されたルック画像はイベント後、ホームページにて公開されます。

 

【SINA SUIEN(シナスイエン)】
2009年「SINA」の名で設立。2015年にブランド名を「シナスイエン(SINA SUIEN)」と改めた。「SINA SUIEN」は、SINAを着た人が眠るように心地よく陶酔するさまを込めて名付た造語。SINAは想像上の美しい生物で、神様の事、SUIENは睡園と漢字で表記する。どこの国でもない不思議な場所で美しい信念を持った人たちが着用する衣服を提案する。

 

Lamp harajuku

東京都渋谷区神宮前 4-28-15

TEL 03-5411-1230

OPEN 11:00 - 19:30(年中無休、年末年始を除く)

Special Print Order for Nathalie

2017.12.30 2 years ago

2017年11月に発売し大好評だったナタリー・レテのアートブック「IN THE GARDEN OF MY DREAMS」に収められた200点以上の中から、お好きな作品を選んでデジタルプリントとしてオーダーができる、「Special Print Order for Nathalie」がLe monde de Nathalieにて2018年1月5日(金)〜1月28日(日)で開催される。

世界でも有数の高画質なプリンターで印刷されたデジタルプリントは、原画に近い風合いやタッチをお楽しみいただける仕上がりに。

 

Le monde de Nathalie

東京都渋谷区神宮前5-1-14 2F

TEL 03-6451-1460

OPEN 12:00 - 19:30(火曜定休)

横浜赤レンガ倉庫「chano-ma」が、年越しイベントを開催!

2017.12.30 2 years ago

商業藝術(東京、貞廣 一鑑社長)が運営する chano-ma 横浜は12月31日、夜更けから元旦の日の出まで、「2017カウントダウンパーティー」を開催する。

chano-ma 横浜(横浜赤レンガ倉庫2号館)を会場に音楽、ワークショップ体験のコンテンツや限定ドリンク、正月料理を提供。年越しの瞬間には、光と音楽で参加者がひとつになれる瞬間を演出する。大晦日を楽しく賑やかに過ごすことができる。パーティーの後は、徒歩数分の距離にある海岸へ赴き初日の出を体感。同社では「海風と共に新年をお迎えください」としている。

料金は、当日券1500円(500円分のドリンク・フードチケット付き)、前売券1000円(500円分のドリンク・フードチケット付き)。

 

横浜赤レンガ倉庫2号館

神奈川県横浜市中区新港1-1

「ランプ ハラジュク」で、気鋭ブランド「パグメント」の最新アイテムを展示

2017.12.29 2 years ago

アッシュ・ペー・フランスが運営するセレクトショップ「Lamp harajuku」(ランプ ハラジュク)は、今福華凜と大谷将弘によるブランド「PUGMENT」(パグメント)の2018年春夏コレクション を1階ウィンドウで発表する。

ウィメンズのセレクトショップで「パグメント」を取り扱うのは今回が初。同コレクションは、インターネットで収集したお気に入りの衣服画像を切り抜き、ディスプレイ上で自分の顔をあてはめたコラージュを作り、そこで楽しむ架空の女性をミューズとしている。「VETMENTS」「RAF SIMONS」「GUCCI」など、憧れのウエアを合成して身体イメージを更新することの面白さを表現している。

今回は、ファッションメディアから抜き出した衣服画像と、デパートやビルの広告として使用される素材などを採用したコレクションの展示に加え、フロントにロゴを刺繍したTシャツ、別注ロングTシャツ、ワンピース、さらに2017年6月に行ったショーを収録した写真集「PUGMENT SPRING 2018 COLLECTION BOOK」も販売。写真集は、撮影をホンマタカシ、三野新が担当、 テキストを上妻世海、グラフィックデザインを石塚俊が手掛けた。 展示期間は2018年1月18日~2月15日。

 

Lamp harajuku

東京都渋谷区神宮前 4-28-15

TEL 03-5411-1230

OPEN 11:00 - 19:30(年中無休、年末年始を除く)

アンダーカバー、ソロイストが「ピッティ・イマージネ・ウオモ」で合同ショー

2017.12.29 2 years ago

伊・フィレンツェで行われるメンズ合同展「ピッティ・イマージネ・ウオモ」(PITTI IMAGINE UOMO)は、「アンダーカバー」(UNDERCOVER)と「タカヒロミヤシタザソロイスト.」(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST. )が合同ショーを開催すると発表した。「アンダーカバー」が「ピッティ」に参加するのは9年ぶりで、「ソロイスト」は同展へ初参加となる。合同ショーは2018年1月11日に行う。

同展の関係者は「高橋盾と宮下貴裕の、それぞれ独自のインスピレーションとデザイン、スタイリングと妥協ない物づくりへの姿勢は非凡で、現代のファッションシーンを導いていくものだ」とコメントしている。

両ブランドは、10月開催の「アマゾン ファッション ウィーク東京」において、アマゾン ファッションの主催イベント「アット トウキョウ」に参加。「アンダーカバー」は「サカイ」と合同ショーを開催し、「ソロイスト」はブランド初となるファッションショーを行っている。

良品計画、産地再生プロジェクトで「日本酒」を製造

2017.12.22 2 years ago

良品計画は12月22日(金)、千葉県鴨川市の大山地区で生産した米で醸造した日本酒を「無印良品」の限定店舗で販売を開始した。

同地区は、良品計画が里山トラスト活動を展開している。長狭米(ながさまい)コシヒカリの新米を100%使用した同商品は、昨年、無印良品の限定4店舗と亀田酒造で約800本の限定数量を販売。今年は昨年の約2.5倍の数量を生産した。

千葉県鴨川市は良質な米の産地で、同地の米は長狭米として江戸時代から好まれているという。美しい里山風景の残る大山地区は「大山千枚田」でも有名。一方で、傾斜地にある狭い耕作地が多いため大規模な営農が困難であり、また高齢化の進行による生産者減少の中で、水田の維持が課題になっている。

同社は2014年から開始している「鴨川里山トラスト活動」の一環として、稲作を続ける生産者を支援するため、価格が低迷する飯用米に付加価値をつけた一品の検討を地域の人々と行っている。今後もこの地域資源活用プロジェクトを通じ、地域に貢献していく。日本酒の価格は1800円(税込み)。

Latest News

アメリカ発エマージングデザイナー、Eckhaus Latta (エクハウス•ラッタ)が、ニューヨークのホイットニー美術館で8月3日(金)より個展を開催。「アート展」として彼らのグッズが購入出来る、ファッション史にもアート史にも前例のない個展となる。ミレニアル世代が生んだ、新しい形のアートビジネスを成立させている形として、世間に話題を生んでいる。期間は2018年10月8日(月)まで。

Eckhaus Latta: Possessed

入場無料

 

99 Gansevoort St, New York, NY 10014

森川拓野「ターク」(TAAKK)デザイナーは、ニューヨーク ファッション・ウィーク内で行われた合同イベント「New York Men’s Day」でプレゼンテーションを敢行した。同デザイナーがNYでプレゼンを行うのは初めて。大判チェックや迷彩など力強いパターンを随所に盛り込み、ストリート感溢れるルックを構成している。テーマは「BASIC ODDITY」。通常はメンズウエアを軸に展開しているが、ウィメンズのモデルをミックスし、よりフラットな演出になった。また、18年春夏シーズンにはクアラルンプール(マレーシア)でファッションショーを行うなど、海外での訴求を強化している。